トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月23日 (日)

「は」行のガイド

タイトルに偽りないように、たまにはダイビングの話。

きょう、4泊5日の沖縄旅行から帰ってきた。今回はとにかく伊平屋を目指すことが最大の目的だったが、結局当初の予定を変更して一日早く本島に戻り、昨日は本部で潜っていた。
なぜ変更したかと言うと、潜ることがつまらなかったからだ。
ダイビングは自然を相手にしている以上、季節や潮目に左右される。気分的には天候だって悪いより晴天の方が楽しいに決まっている。
そう考えると、今回は伊平屋のベストシーズンではなかった。しかし、しかしである。
ここから先がガイドの力量ではないだろうか?
私が再訪している場所は突き詰めて言えば、ショップが良いのではなく、良いガイドがいるからだ。
本島の恩名然り、西表然り、宮古(池間)然り、波照間然りである。
ポイントごとに“売り”はあるだろう。しかしそこは自然のこと、外れることだってある。そんな時にどうやって“見(魅)せる”かというカードを沢山持っているガイドと潜るのはとても楽しいことだ。
逆に、“当たればラッキー”的なガイディングしかできないガイドは本当につまらない。

伊平屋はどうやら大物狙いの島らしい。ガンガン流れるポイントで回遊魚の大群を眺める・・・これが基本スタイルのようだ。しかし残念ながら、季節によって天候・海況によっては、ポイントに入れなかったり獲物がいなかったりする。そんな時、そこに付いているその他の魚・生物がわからなければ、お話にならない。

一方、私のお気に入りのガイドたちは、天候不順でも平気である。悪いなら悪いなりの「見せ方」、即ち引き出しを持っているからだ。普段そこに住み着いてる生物たちを熟知している、その海の性質を熟知しているから、幾通りもの見せ方ができるわけだ。

今回の海は決して悪くなかった。雄大なドロップオフ、そこに群れる魚たち。それだけでも景観として楽しめる。もっとじっくり見れば、面白いものも見つけられただろう。
しかしスレートを一度も使うことなく、何をしたいのか探しているのか、何のコミュニケーションも取らないまま潜り続けたり、深場に意味もなく15分も居座ったり。
おかげでもう少しでDECO出しだったし、残圧も50を切ってしまった。

海や魚の研究もしないで、目に映るものだけでゲストを満足させようなんて甘い。
体験ダイビングや沖縄初めての客を対象にした那覇周辺のチャラチャラしたショップ
、石垣周辺のマンタしか能のないショップなどは、その代表格といえるだろう。

気が付くと、満足できるガイディングは「へ~~」「ほ~」がある。
逆に「2度と来るか」のガイドは「はぁ?」「はぁ~(溜息)」「ヒー」「ふぅ~」だ。
ガイドの良し悪しは「は行」に集約される。

| | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

靖国参拝

コイズミ首相が靖国神社への参拝を決行した。
何かと物議のもとになるこの問題だが、中曽根氏が首相の時代と比べると、世論の反応は明らかに違ってきている。この行動を容認する声が市民側から聞こえるようになってきたことだ。・・・と言うより、声としては以前からあったが、公に取り上げられるようになった、と言うべきかも知れない。
しかし、もとより「公人/私人」などというのは詭弁以外の何ものでもないが、容認する側の論拠である「戦没者への慰霊」であるならば、“靖国”である必然性は皆無だろう。
「私人として」というならば、今年に限って、この時期になったこと、礼装ではなかったこと、本殿には進まず記帳もせず拝殿だけで済ませたことなど、誰がどう見ても
周辺諸国(特に中国・韓国)への配慮の為せる業だ。
同時に、“私人として”且つ周辺諸国へ配慮しつつも、“ヤスクニ”に参拝する行為自体が、物議を醸すことは、今回の中国・韓国の反応を見ればわかること。

一方で、「参拝は本来、心の問題。外国政府がとやかく言うべき問題ではない」と明確に言い切る姿勢が、一部の人たちから頼もしく見えるのも事実だ。

しかし、こんな意地を見せるなら、もっと他のところで示してほしい。
中国や韓国にいいように愚弄され続ける日本の外交に、国民誰もが歯噛みをする思いを一度や二度はしているはずだ。「言われっぱなし、取られっぱなし」の外交姿勢をしっかり改めることの方が先決なのではないか?
靖国参拝が個人の問題ならば、それはそれでけっこう。しかしどう逆立ちしたって誰も「私人」とは見ちゃくれない。本来打つべき手を打たず「言いなり外交」を続けながら、多大なリスクを犯して周囲の神経を逆撫でするような行為はいかがなものか。

「戦没者への慰霊」を本当にする気があるなら、各地の慰霊碑を周ればよい。沖縄の(観光地化されていない)戦跡を周ればよい。

それにしても、ここ数年で、一気にキナ臭さを増した報道のあり方、それによって醸造される反中国(韓国)ムード・・・
日本は今アブナイ方向へ走り始めていないか?

| | トラックバック (1)

2005年10月16日 (日)

荻野目、歌手復活

するらしい。当然「洋子」の方だが。
ま、そんなことはどうでも良い。もとより興味があるわけでもない。

しかしそのニュース記事を見て驚いた。「01年にプロテニス選手の辻野隆三と結婚」!
荻野目の復活よりも、そのダンナがあの辻野ってことの方がよっぽどインパクトがある、と思うのは私だけか?

そうか、辻野 こんなところにいたのか・・・

余計なお世話だが、どうやって生計を立ててるのだろう?日本のテニスプレイヤーで一般的にも知名度があると言ったら、松岡を筆頭に福井・神和住止まりじゃなかろうか。内山勝を知っていたら、かなりスゴイ。

日本ではテニスじゃ「食えない」もんなぁ・・・
荻野目の復活もその辺に起因するのか?(邪推)

日本でもテニスのシニアツアーなぞやってみたらどうだろう?
ジュニア対象にテニス教室のような参加型イベントも織り交ぜてやれば、そこそこ集客できそうだが・・・

| | トラックバック (0)

ようやく再開

今日は朝から雨。せっかくのテニスがまたまた中止。そこでほぼ丸一日かけて、年初より中断していたHPをようやく再開した。かなりの見切り発車ではある。

今年もすでに10月。10ヶ月分の写真はまだまだアップできそうもない。

HPの更新作業はそれなりに楽しいが、写真の選別やコメント、全体のレイアウトなど凝りだすとキリがない。本当は効率よくさっさと済ませてしまいたいが、そのくせ「野暮ったいデザインにはしたくない」などと妙な見栄も働くから始末が悪い。

もうじきまた沖縄に行く。これを含めると、今年の分で少なくとも9つのテーマがあることになる。

そうだ、紅葉も今が最盛期。  う~む、悩みは尽きない。。。

| | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

評価制度

人事の研修があった。評価制度の説明で朝から晩まで丸一日。

曰く「部下を評価する時の基準はこれこれこうでなければならない」云々。
その項目の細かさと言ったら、「こんなことできるヤツがいたら苦労しないぜ」みたいなものから、「これって評価以前の問題じゃないか?」ものまで、まぁよくも考えたものだ。

ウチの会社でも「成果主義」を採用しているが、巷言われるこの種の制度の弊害、つまり「自分さえ良ければ他はどうなっても知らない」という風潮を助長すると言う点を、神経質なまでにフォローしようという人事部の苦肉の策に見える。

端から見るとデジタルになりきれない悪あがきにも見えてしまうが、他人事ではない。
この制度の中で評価しなければいけないわけだし、何より自分もこの中で評価される身だ。

いやはやどんな立派な制度を構えたところで、人が人を評価するというのは結局主観が入るものだし、最終的には「好きか嫌いか」ってことだ。

これこそ自分の権威の証とばかり嬉々として人事を進める者もいるが、「人を評価する」というのは気が重い作業である。

| | トラックバック (1)

2005年10月 3日 (月)

12月にシャラポワが来日

・・・だそうだ。なんでも杉山とエキシビジョンマッチを行うらしい。題して、「マリア・シャラポワ ジャパンツアー2005」

http://newsflash.nifty.com/news/tu/tu__yomiuri_20051003ie27.htm">@nifty:NEWS@nifty

ご丁寧にもシャラポワらによるファッションショーも行われるんだと(ーー;)
おまけに東名阪の3箇所でこの天下の愚行を執り行うらしい。

あほくさ(ーー;) 何を狙ってのイベントだ? 相手をさせられる杉山こそいい面の皮だろう。どうせ勝ち目はない。

こんなことをしたって、強化が進まない日本テニスを変えることはできないだろうに。

日本のテニス人口は実はかなり多い。しかし興行としてのテニスツアーはさっぱり。つまり、テニスは「する」が「観る」と言う人が少ない、これが日本の現実。

一時は世界のトップが集った大会もあったが、興行として成功せず廃止となったり、今ある大会もスポンサー探しに奔走しているのが実情だ。

・・・なぜだろう?

平日開催だからか?でもこれはゴルフも同じ。
日本にスター選手がいないからか?

会場に行かなければ感じることができないものってあるんだけどな・・・

| | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

はじめの一歩

HP閉鎖(中断)してから半年以上経つ。掲載すべき写真は溜まる一方だ。
そのくせ再開の目処は「年内にできればもうけもの」状態。

そんなわけで、ちょろっとブログでもやってみようか・・・ということでひっそりとスタート。

今日は朝から大忙しで、家事雑用をさっさと済ませた後、チャリ飛ばしてホームセンターへ。なんとも所帯じみた話だが、衣替えのための衣装ケースを買う。チャリじゃ当然運べないので、店の軽トラを借りて往復。

そうこうしているうちに雨がパラつき始め、午後からのテニスを断念せざるを得なくなった。
突然できた空き時間。ならば、ということで、中途半端に終わっていたHP再開のための作業を始めた。

いやはや、きちんとバックアップを取っていなかったツケでリンク切れの多いこと・・・
このデバッグ作業が意外に時間を取ってしまう。更新作業は楽しいものだが、この手の修復作業は疲れるワ・・・

| | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »