« 荻野目、歌手復活 | トップページ | 「は」行のガイド »

2005年10月18日 (火)

靖国参拝

コイズミ首相が靖国神社への参拝を決行した。
何かと物議のもとになるこの問題だが、中曽根氏が首相の時代と比べると、世論の反応は明らかに違ってきている。この行動を容認する声が市民側から聞こえるようになってきたことだ。・・・と言うより、声としては以前からあったが、公に取り上げられるようになった、と言うべきかも知れない。
しかし、もとより「公人/私人」などというのは詭弁以外の何ものでもないが、容認する側の論拠である「戦没者への慰霊」であるならば、“靖国”である必然性は皆無だろう。
「私人として」というならば、今年に限って、この時期になったこと、礼装ではなかったこと、本殿には進まず記帳もせず拝殿だけで済ませたことなど、誰がどう見ても
周辺諸国(特に中国・韓国)への配慮の為せる業だ。
同時に、“私人として”且つ周辺諸国へ配慮しつつも、“ヤスクニ”に参拝する行為自体が、物議を醸すことは、今回の中国・韓国の反応を見ればわかること。

一方で、「参拝は本来、心の問題。外国政府がとやかく言うべき問題ではない」と明確に言い切る姿勢が、一部の人たちから頼もしく見えるのも事実だ。

しかし、こんな意地を見せるなら、もっと他のところで示してほしい。
中国や韓国にいいように愚弄され続ける日本の外交に、国民誰もが歯噛みをする思いを一度や二度はしているはずだ。「言われっぱなし、取られっぱなし」の外交姿勢をしっかり改めることの方が先決なのではないか?
靖国参拝が個人の問題ならば、それはそれでけっこう。しかしどう逆立ちしたって誰も「私人」とは見ちゃくれない。本来打つべき手を打たず「言いなり外交」を続けながら、多大なリスクを犯して周囲の神経を逆撫でするような行為はいかがなものか。

「戦没者への慰霊」を本当にする気があるなら、各地の慰霊碑を周ればよい。沖縄の(観光地化されていない)戦跡を周ればよい。

それにしても、ここ数年で、一気にキナ臭さを増した報道のあり方、それによって醸造される反中国(韓国)ムード・・・
日本は今アブナイ方向へ走り始めていないか?

|

« 荻野目、歌手復活 | トップページ | 「は」行のガイド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/6463436

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝:

» 靖国参拝問題(2) [くれはの思う事]
マスコミは何処もかしこも今回の靖国参拝問題に対して、中国や韓国の批判を報道している。 それに加え街の声としても、批判的な意見を数多く報道している。 私も基本的には現時点での参拝は反対の立場だか、ネット上では賛成派のほうが圧倒しているように見える。 こ....... [続きを読む]

受信: 2005年10月19日 (水) 02時04分

« 荻野目、歌手復活 | トップページ | 「は」行のガイド »