« 2005年12月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月27日 (木)

人を育てる

人を育てる・・・よく聞く言葉だ。

マネージャーたる者、下を育ててなんぼ、である。

・・・なんてこともよく言われる。

だが待てよ、最近(ここ2~3年)「本当にそうか?」と思うのだ。
全てが「否」ではないが、少なくとも条件付ではないか、と。

正しくは「育つ者を育てる」ではないか、と。

7月19日に書いたような困ったちゃんを必死になって育てようとするなら、そのパワーと時間を育つ要素のある者に振り向けるべき。
もっと言えば、資質のある者は放っておいても一人で伸びる。そこに手をかける、手を貸してやれば、その速度が上がる。効率よく育つ。

結局は「人を育てる」とは言っても、見込みのある者に対してであって、そうじゃない者はなるべく早く放出するしかない。
少なくとも組織の中にあっては、これが「善」ではないだろうか。

そうでなければ自分の評価が下がるのだから、仕方ない。

嫌な話だが、最近はこう割り切るしかないような状況にある。

    ~~~~~~~~~~~~

印象的な出来事があった。
去年の話だが、新入社員の教育について話をしていた際、

「最近の若いやつは、叱ると(会社を)辞めてしまいそうで、
思い切り叱るのが憚られる」

誰かが言った。

すると人事に近い部署の人間(管理職)曰く

その程度の人は辞めてもらってかまわない、
というのが人事のスタンスです。

時代は変わったものだ。
以前なら、部下の退職は管理職の責任問題になった。
今は人事もドライだ。
会社に会わない人間は、経費面からも早めに切った方が良い
それも自己都合なら渡りに船・・・

なんだか、そう言っている様な気がするが、気の回し過ぎか?

同じような目で見られているのだと思うと、尻の座りも悪くなる・・・

| | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

世も末

近所のスーパーでの出来事。
建物の近くに確保されている駐車スペースは、無論身障者用。

ちょっとベンチに腰掛けて一休みしていたら、その空いているスペースにクルマが入ってきた。

中から出てきたのは、健常者の親子だった。当然のように、悪びれる様子も全くなく、である。

「こんな親に育てられた子供は、ろくな人間にならねー」などと思いながらしばらく見ていると、そのスペースを利用するクルマの多くは、身体的に何の不自由もない連中だった。

かなり強い雨が降っていたからか?

しかしだからこそハンディを持った人たちが必要とする場所なんじゃないのか?

どいつもこいつも、全く平気な顔をして停めていく。
驚くべきことに、若い兄ちゃんやねーちゃんではなく、子連れの中年層が多い。
この世代がこの体たらくでは、若年層が良くなるわけもない。

品行方正を求めるわけじゃないが、この手のモラルくらい持てと言いたい。

身障者マークの駐車スペースに車を置いていくバカ親子に、ほんとは言ってやりたい。

おまえら 人間終わってるよ・・・

| | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

A級戦犯、靖国問題

画期的な出来事だ。

靖国神社にA級戦犯が合祀されたことについて、昭和天皇が不快感を示したメモが発見された。

そもそも合祀以来、参拝をやめてしまったというのも初耳だったが、
A級戦犯の合祀が1978年と、比較的新しいことに思いを新たにした次第。

天皇の戦争責任についても意見は色々あるが、
当の本人が同じ戦犯でもA級とB・C級とを明確に分けて考えていたと言うのは、
ちょっと意外な感じがする。

そもそも東京裁判自体が、その正当性に疑問符が付けられているし、
その目的は、昭和天皇の戦争責任追及回避、軍人と一部官僚にのみ責任を転嫁させることだったという解釈もある中、
A~C級の区別に拘泥するのはなぜだ? 
良心の呵責がわずかでもあるのか・・・

余談ながら・・・

A級とひとくくりに言われるが、広田弘毅だけは一緒にしないで欲しい。

| | トラックバック (1)

2006年7月19日 (水)

自己評価

一年の折り返し地点であるこの時期、我が社では年頭に立てた自分の目標の進捗に対する中間採点のような儀式がある。

順調、遅延 etc・・・ それでもって残る半年をどうするか、これも自分なりの計画を立てるわけだ。

下の人間を見ていて興味深いのは、きちんとできているヤツほど自己評価が辛い。反省点・課題がしっかり洗い出されている。

反面、困ったちゃんは概して自己評価が甘い。

これが本当に“困ったちゃん”なのだ。

おまえ、これはないだろ?というような大甘の自己評価を平然とつけてくる。

で、肝心の「成果」はどうだったの?(自省を促すつもり)

「確かにこの点では未達成だが、こっちの部分で赫々然然の成果が出ている」

それって、意図的に出た成果じゃないよな?
だったら年初の目標なんて意味ないだろ?

なんて指摘すると、大概拗ねちゃう(笑)

そう、子供、おこちゃまなのだ。

いまどき、新入社員でもこんなヤツ いないよ

バブリーに多いんだよな~

あと数年で40歳になろうと言うのに、大丈夫か?

| | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

事故

せっかくの3連休なのに、天気はぐずついたままだ。

昨日は辛うじて晴れ間も見えたが、今日は朝から雨
運転していても視界はスッキリしないし、気を使う。

そう言えば、我が家の近くの幹線道路で事故があった。通りかかった時にはまだ警察も来ていなかったので、本当に直後を見たことになる。

中央分離帯に前半分を乗り上げた軽自動車は、左側後輪が完全にパンクし、右側後輪は脱落、なくなっていた・・・路上に転がっていたのだが。

過去にも事故は何度か目撃したが、車輪が吹っ飛ぶのを見るのは初めてだ。
何をどうすればあんな結果になるのだろう・・・???

ただ、救急車が停車したままだったことや、救急隊員の様子から、緊急搬送が必要な怪我人は出なかったようで、これは不幸中の幸いというところ。

話は前後するが、今年の4月に知人からクルマを譲り受けた。11年目の軽である。
もうそれだけでどんなクルマかは推して知るべしだが、地方都市にあっては、このクルマの有無が生活に与える影響は甚大で、ボロとは言え非常に助かっている。

おかげさまで私の愛車はスピードは出ない。だから速度超過が原因の事故の確率はやや低くなるかもしれない。もちろん原因はそれだけではないから注意することに越したことはないが。

足代わりにもらったオンボロで事故ったらしゃれにならないし、第一、衝撃で大破しそうだ(汗)

雨、夜・・・用心、用心

| | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

MISIA

きょうは時ならぬ雷雨。まるで花火を打ち上げているような轟音とともに、水煙が立ち込めるほどの激しい雨。

当然テニスは中止。午前中がぽっかりと空いた。

テニスの帰りに済ませる予定だった用事を片付けても昼前。

はたと思い出してCD屋に行く。

MISIA・・・

久しぶりの新曲だ。 それも2枚。

Misia

ひとつはディズニーシー5周年記念のアニバーサリーソング。“Sea of Dream”

もう一つは某クルマ(中田が出てるヤツ)のCMに使われている“Color of Life”  (CDタイトルは『LUV PARADE』)

実はデビュー当時からの大ファンである。
彼女以上の女性シンガーはいないと信じて疑わない。
どうもレコード会社はバラードを歌わせたいようだが、MISIAならではの良さが出るのはR&Bだ。

彼女のCD、VIDEO、DVDはベスト盤以外はほぼ100%持っている。新譜が出ればとにかく買う。これがデフォルト(笑)

こんな有様なので、彼女の声には敏感に反応してしまう。

前述のクルマのCMを見た時も「あれ!?」と思って調べたら、やはりそうだった。
某生保のCMも、化粧品のCMも、携帯サイトのCMもみな然り。

今回の“LUV PARADE”は、そんな4曲が入っている。お買い得(笑)
その分、“Sea of Dream”は本当にコレ一曲しか入ってない(涙)

まぁ、それでも今回は彼女らしい、いいカンジの曲ばかりだから良しとしよう。

ついでに寄った本屋で、ちょっと気になっていた2冊の本を買う。

Books 別冊宝島『行ってはいけない!ニッポン不思議島異聞』宝島社

離島に伝わる独特の風習、祭事をレポートしたもの。宝島ということもあって、やや興味本位に書かれている部分もあるが、なかなか面白い。

『ざわわ ざわわの 沖縄戦』 田村洋三 光人社

沖縄戦について書かれたものは数多あるが、著者が太平洋戦争、沖縄関連の著書が多いことや生存者の証言をもとに書き下ろしている点が興味を引いた。

これでまたしばらく退屈しなくて済む。

| | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

中年ダイバーの独言

今日の暑さは尋常ではなかった。どうやら30℃を超えたようだ。
それでも、日が暮れると空気も落ち着いてくると言うか、ひんやりとまでは行かずとも、かなり過ごしやすくなる。さすが東北。
これが東京だとそうは行かない。夜であろうとじっとりとまつわりつくような不快な暑さが夜明けまで続く。エアコン無しでは過ごせない。
ちなみにこっちではまだエアコンのスイッチを入れていない。扇風機だけで何とかしのげている。

きょうは午後丸々会議。およそ1時間半、支店長が延々としゃべり続けた。
実績が思うままにならないから、自然と小言が多くなる。どんなに叱責しても足りないのだろう。その気持ちは充分伝わるが(笑)、聞かされる方はたまったものではない。
苦しい時こそ、下の人間が元気になるように仕向けるのが上に立つ者の度量と言うものだ。
これじゃウチの組織の低迷はまだまだ続くぞ・・・(vv;)

| | トラックバック (0)

禁煙

やっとブログがまともに開けるようになった。やれやれである。
書きたいことも色々あったが、時機を逸した今さら、というカンジだ。

嫌煙権が確立されてから久しい。世は禁煙ブーム、嫌煙ブーム。愛煙家の肩身は狭くなる一方だ。
かくいう我が社も、大のタバコ嫌いがトップになってからというもの、魔女狩りに等しいような、相当エキセントリックな愛煙家排除が続いている。社屋内にあった喫煙ルームは全国一斉に撤廃されたし、喫煙の有無で昇進も考慮されているようだ。

酒を飲まない者から見れば、酒飲みの迷惑撒き散らしも相当なものだと思うが、今のところコレを糾弾する者は皆無。大勢には逆らえないと言うことか・・・

医者によれば『節煙』は何の意味もないらしい。喫煙か否か、ゼロかイチかの至ってデジタル的指標なのだと言う。

そうは言っても、愛煙家は無駄な抵抗を試みる。20本を10本に減らし、10本を5本に減らし・・・
しかし最後の1本がやめられない。

やめた方が良いことは充分わかっているんだが・・・

これが大半の愛煙家の思いだろう。

・・・とうだうだ書いている間に2本吸ってしまった(笑)

| | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

再開

言い訳できないくらい更新をサボってしまった。まぁ、色々あったのは事実だが、サイトの更新意欲もすっかり萎えていたし・・・。

さてサッカーのW杯、日本チームには色々あるが、敗退してもW杯の面白さが損なわれるわけでもない。ベスト4が決まったところで、いよいよ佳境、面白くなってきた。
ところで、日本のサッカーを世界の水準と比べて云々する向きもあるが、個人的にはJリーグも好きだ。ただ、やはり試合中の気迫はまだまだ雲泥の差があるように感じる。
中盤のボールの奪い合いやゴール前の混戦はTV越しでも圧倒されるような気迫だ。下手をすると殺し合いでも始めかねないのでは・・・と思うくらい。これは少なくとも日本代表には感じられないものだ。

さて4年後の大会、日本は出場できるか・・・?

日本中がW杯で沸いている最中、実はテニスの全英(ウィンブルドン)が始まっていた、ひっそりと・・・(笑)
数あるトーナメントの中でも特に格が高い「4大大会(グランドスラム)」、さらにその中でも最も格式が高い(格式を重んじる)のが全英である。

そんなW杯レベルの大会ですら、ことテニスとなると日本では高校野球の地区予選以下の扱いなのは相変わらずだ。

興行的にTV的に難しいのは理解できるが、好転しない日本のスポーツマスコミのあり方には本当に失望する。

さて最近の女子テニスだが、新旧の勢力が拮抗していて面白い。一時期、各大会を席巻していた野獣姉妹が鳴りを潜めたことも、個人的には大歓迎である。
パワー無しでは勝てないとはいえ、あの姉妹はそれだけだった。彼女たちの試合は競技としての美しさのかけらもなく、なぜか嫌な気持ちにさせられたものだ。

全英は折り返し地点を過ぎ、男子も女子も面白くなってきたところだ。日本勢がいないのはちょっと寂しいが、今週末まで夜更かし・寝不足が続きそうである。

   ※シャラ○ワが消えればもっと面白くなるのだが・・・(笑)

| | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年8月 »