« クレーム処理 | トップページ | 明日は試合 »

2006年8月 2日 (水)

亀田

今夜は世界ライトフライ級のタイトルマッチがあった。
あの亀田の世界タイトル挑戦である。

あのわざとらしい言動には多少辟易とするが、ここのところ日本人ボクサーで胸のすくような試合をしてくれる選手がいなかったから、けっこう楽しみにしていた。
正直、本当に勝てるのか?という思いもあったし、偉そうな事を言えば、この辺で1回負けておくのも彼のために良いのでは?などと考えていた。

試合は開始早々意外な展開。1R、亀田がなんとダウン。
大きなダメージはなかったらしくすぐに立ち上がったところで1R終了のゴング。
あと30秒続いていたらどうなっていただろう?

その後は一進一退。
相手が明らかに下がる場面もあったし、亀田がグラリと来る場面もあった。ただ、手数は圧倒的に相手が上回っていたし、かわし方も巧かった。
ハードパンチャーと紹介されていたが、むしろ対極にいるタイプだったように思う。 最終ラウンドでも決着はつかず、判定へ。

明らかに相手の方がダメージも少なく、優勢に進めていた。しかし判定は2-1で亀田。これにはびっくり・・・(笑)

あの状況の中でよく最終ラウンドまで戦ったとは思うが・・・

まぁ判定結果に対しては賛否両論、これから出てきそうな気がするが。。。

それはともかく、判定直後の彼はただただ号泣するばかりで、いつもの雄叫びやバカバカしいポーズもなかった。なんか本当の姿をようやく見たような気がする。

あの姿で充分じゃないか。あれだけパンチを浴びながら、12Rまで前に出続けた根性はたいしたものだ。
いきがる必要はもうない、と思うけどなぁ・・・

でも、取り巻きがバカばっかりだからなぁ

|

« クレーム処理 | トップページ | 明日は試合 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀田:

« クレーム処理 | トップページ | 明日は試合 »