« 若年層の自殺 | トップページ | 沖縄 無理解 »

2006年10月31日 (火)

未履修問題

きょうはもう一つ。

世間を騒がせている高校の必修目未履修問題。

もしやと思って調べてみたら、案の定我が母校もしっかり該当していた。

3年生全クラスではなく理系の4クラスだけのようだが、調査書に虚偽記載のおまけつき・・・
全く情けない話だ。

一応、伝統ある学校だし、県下有数の進学校であることは昔も今も変わらない。
生徒はそれなりのプライドを持っていたし、今もそのはずだ。

それがこんな有様じゃ、生徒に責任はないとは言え、肩身も狭いだろう。
何より、これからの本格的な受験シーズンを前に、要らぬ動揺を与えかねないのは、ちょっと可愛そうだ。

で、誰が悪い?って言ったら、そりゃもう文部科学省に決まってる。

現場には責任はないよ(ちょっとはあるか・・・)

わけのわからん「ゆとり教育」とか、ほとんど意味のない学習指導要領とか、
画一的に強制するのだから、歪みが出ない方がおかしい。

いっそのこと、今は今として是認してしまったらどうか。是正するのは来年度からと割り切った方が混乱も少なくて済むのでは?

去年の卒業生だって該当者はそれこそ数千人いるわけだし。

そんなことより教育基本法の改正問題の方がよっぽど危機的だ。

|

« 若年層の自殺 | トップページ | 沖縄 無理解 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/12495300

この記事へのトラックバック一覧です: 未履修問題:

« 若年層の自殺 | トップページ | 沖縄 無理解 »