« 苦行 | トップページ | 未履修問題 »

2006年10月30日 (月)

若年層の自殺

まるでブームのようだ。

連日の自殺報道・・・それも小中高生ばかり

なぜそんなに死に急ぐ

他人には理解できない苦しさがあったのだろう

でも、もうちょっと頑張れなかったのかな

誰にだって「自分がいなくなったら悲しむ人」がいるはず

その存在に気づかなかったのだろうか

それとも、それはわかっていてもとどまれないほどの苦しさがあったのか?

どれもいじめが原因のように報道されているが、立ち向かえというのは、やはり酷か?

後先のことを考えずに行動できる年代なのだから、いっそ大暴れしてしまえばよかったのに・・・

まぁ、それができるくらいの子ならいじめられたり、ましてや自殺はしないか・・・

でもなぁ・・・

陳腐な言葉だけど、

安易な死の選択は良くない・・・

決して当人にとっては「安易」ではないだろうけど。

|

« 苦行 | トップページ | 未履修問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/12491231

この記事へのトラックバック一覧です: 若年層の自殺:

« 苦行 | トップページ | 未履修問題 »