« 報奨旅行 | トップページ | 一本の電話 »

2006年11月 5日 (日)

今年最後の試合

惜敗と惨敗・・・

これが今日行われた今年最後の試合の結果だ。

団体戦で2試合。2-4と0-4。(4ゲームマッチ)
第1試合はかなり頑張った。エースも何本か取った。2-3となった第6ゲームを何とか奪取できれば、試合の行方も変わっただろう。

でも、試合が終わった後に「たら」「れば」の話をしても仕方ない。
要は勝てるか否かというのはこんなところの差だと言うこと。

今年参加した試合で、嫌と言うほど味わったはずだったが・・・

ただ、これまでと違い、納得の行く会心の一撃があったのは、多少の進歩か?
実際、第1試合はやることはやったという納得感がある。

問題は第2試合だ。

いいとこナシ。淡白。散漫・・・

テンションが上がらないままコートに入り、漠然と球を打ち、バカスカ決められると言う最悪のパターン。

ようやく集中し始めたのは第4ゲーム。
当たり前だが、時すでに遅く0-3。1ゲーム返すのが精一杯。
はなから実力は向こうの方が上なのだから、これじゃ勝てるわけない。

ペアのSさんには本当に申し訳ないことをしてしまった。

てなわけで、反省と課題だらけで終わった2006年のテニス。それでもちょっとだけ進歩はあったかな。

|

« 報奨旅行 | トップページ | 一本の電話 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の試合:

« 報奨旅行 | トップページ | 一本の電話 »