« 採決、ではなく採血 | トップページ | 二度あることは三度ある »

2006年12月14日 (木)

千両役者~FCバルセロナ

トヨタカップを観た。

きょうはFCバルセロナvsクラブ・アメリカ。
観客のお目当ては当然ロナウジーニョ。
彼がボールを持つたびに大きな歓声が起こる。
運悪く対戦相手となってしまったクラブアメリカの選手こそ、いい面の皮である。

ま、しかしそれも止む無しか。
「やっぱすげー」のだ。
エトーとのコンビネーションは観るたびに溜息の連続だったが、デコとの連携もこれまたスゴイ。
一流選手同士だからこそ為せる業か・・・

ロナウジーニョは自分が得点した後は、デコをしっかりアシスト、4点目をプレゼントした。
何とも心憎いプレイである。

ところで、華麗なパスワークとゴールばかりが喧伝されるバルサだが、今日の試合を観ていて改めて守備の堅さに感心した。
ザンブロッタ、マルケスらを中心としたDF陣は文字通り“鉄壁”。
さらに、デコやロナウジーニョと言った攻撃の中心となる選手たちも、中盤でしっかりDFしているだ。
強いチームと言うのは、守備が良いというのは本当だ。

選手を養成する努力もせず、金にモノを言わせて手当たり次第に有名選手をかき集めてくる、どこぞのチームとは違う。
確か、日本の野球界にもそんなチームがあったな(笑) 同じ手口でサッカーも手がけたが、そのクラブはかつて間違いなく日本サッカー界の頂点にいたにも拘らず、今や入替え戦にも出場できないくらいJ2で這い回っている。

そんなことはどうでもよいのだが・・・
今回、エトーとメッシが観られなかったのが残念。

閑話休題・・・

あのダベちゃんが妊娠したそうだ。
ダベちゃんとは、リンゼイ・ダベンポート。アメリカのテニス選手である。
既に30歳となってベテランの域であるが、あの忌むべき猿人姉妹が出現するまでは、パワーテニスの象徴だった選手である。

デカイわりにダブルスも器用にこなし、FEDカップではアメリカ優勝の立役者になったほどだ。
来日回数も数知れず、日本のファンにもおなじみである。

そのダベちゃんが妊娠・・・ はて、彼女、いつ結婚したんだ?

|

« 採決、ではなく採血 | トップページ | 二度あることは三度ある »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千両役者~FCバルセロナ:

« 採決、ではなく採血 | トップページ | 二度あることは三度ある »