« やけっぱち その後 | トップページ | 今年最後の沖縄 »

2006年12月 4日 (月)

シネマ評~亀は意外と速く泳ぐ

レンタルビデオ屋に行く度に探していた『亀は意外と速く泳ぐ』。
いつもレンタル中だったこの作品をやっとの思いで借りることができた。

監督は三木 聡。「笑う犬の生活」「トリビアの泉」などを手がけた監督だそうだ。

主演は上野樹里、そして蒼井優・・・
そう、この作品をここまでして借りたかったのは、蒼井優が出演しているからなのだ(笑)

ストーリーは平凡な主婦がスパイになると言う破天荒なもの。

要はストーリーは(極論すれば)どうでもよく、荒唐無稽なギャグを散りばめた“雑談”である。
面白いか、面白くないか、と言われれば、まぁそこそこ・・・というところ。
ただ、映画館で金を払ってまでのものじゃないかな・・・

主演の上野樹里は、スイングガールズよりもさらにとぼけたイイ味を出している。彼女もなかなか演技派だ。
あまり好きじゃない要潤も、この作品では好演(怪演)して面白い。

さて、肝心の蒼井優だが、残念なことにその出番はあまり多くない。
主人公(上野樹里)の親友という役どころなのだが、『花とアリス』のようなわけには行かなかった。

それにそのキャラクターも、ちょっと表現しにくいがハチャメチャなのだ。

私の中での彼女のイメージは、以前も書いたが『ニライカナイからの手紙』が出発点。

なので、この作品の中の彼女は、違う一面を見せていることは事実だけれど、それは演技派であることの一つの証明であるのかもしれないのだが、私の中では何か今ひとつフィットしない。

“違和感”と言うほどではないが、観る者を泣かせる演技ができる女優なのに、もったいないな、と・・・

ちなみに「Dr.コトー」の蒼井優は、◎だ (笑)

暇があれば見てもよい作品といったところか。上野樹里のファンは必見かも。

|

« やけっぱち その後 | トップページ | 今年最後の沖縄 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~亀は意外と速く泳ぐ:

« やけっぱち その後 | トップページ | 今年最後の沖縄 »