« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

シネマ評~男たちのYAMATO~

本来、邦画の戦争モノはあまり好きじゃない。

描き方、スタンスが気に入らない。履き違えた武士道礼賛か、お涙頂戴かどちらかである場合が多いからだ。

下手をすれば、相手への憎悪を増幅しかねない。

『男たちのYAMATO』

それでも観た。理由は簡単。蒼井優が出ているから。

しかし、思った通りこの作品も「お涙頂戴」パターンである。

太平洋戦争で悲惨でない史実などあるものか。

まして戦艦大和である。

当時の日本の造船技術、即ち当時世界最高峰、最先端の技術の粋を集めて建造された戦艦である。

その船が、期待された役目のかけらも果たさず海の藻屑となった事実、当然数千の人々が巻き添えを食った事実、これが悲しくないわけがないのだ。

吉村昭の『戦艦大和』のように、建造時からの史実を丁寧に掘り起こすわけでもなく、「すごいだろう」「可哀想だろう」の押し付けはいささか辟易とする。

参謀本部でのやり取り、「一機の護衛もないというのは自殺行為だ」なんてのは、まず考えられない発言だし、まして「日本が救われるには“敗れて目覚める”しかない」などと、出撃後の戦闘も始まっていない時に現役の士官に言わせるに至っては、笑い話以外にない。

脚色(美化)するにもほどがある。

大事なのは、なぜこのようなばかげた悲劇が起こったのか、ということだ。

ひょっとすると良い意味で期待を外してくれるかも・・・と思っていたが、甘かった。

この作品も従来路線とまったく同じ。莫大な製作費とCGだけが違う点だろう。

この作品に限っては、蒼井優の演技も『並』。

つまり見るべき点のない駄作ということ。

ま、そういう意味では『パールハーバー』と見事に肩を並べる。

| | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

不用意な発言

今どきまだこんな奴がいるのか、それも閣僚で・・・
発言の内容より、こんな生物がまだ生息していたことに驚きを覚える。

いかんせん、これはヤバイでしょ、誰がどう考えたって。

弁解・弁護の余地なし、だね

~以下 ニュースからの引用~

柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。

| | トラックバック (1)

夏川りみ 活動休止

旧聞になるだろうが、あの夏川りみが今月末をもってステージ活動を休止すると言う。

3月に出すアルバムのプロモーション活動は行うらしいが、それも3月末まで。
以降は完全活動休止、復帰は未定とのことだ。

「事務所との方向性の違い」

これがその理由らしいが、オフィシャルHPは既に閉鎖、彼女自身の公式コメントは新聞記事以外では見ることができない。

今どき、こんな状況も珍しい。それだけに「干された?」との疑問も湧く。

こうなると、ほんの数日前の1/21に行われたコンサートが恨めしい。
このコンサートはちょうど転居の時期と重なってしまい、泣く泣くチケットを手放した。

こんなことなら、休暇を取ってでも観に行くべきだった。
結果的にこれが“ラスト・ステージ”だったのだから・・・

しかし、これだけの実績を残した歌手のラスト・ステージ(まだ完全引退と決まったわけではないが)が、福島県の田村市とは・・・

田村市がどうこうと言うのではないが、福島県民でないと知らない町だろう。そんな地方の小都市が最後か・・・?
こんなところにも、今回の突然の休業宣言が本当に突然決まり、“花道”を用意するような穏当なものではなかったことを表している。

彼女のコメントのように、本当に秋頃に復帰できるのか?

3月末、一夜限りのライブが企画されている。もちろんコンサート会場ではない。

場所は品川。

ラストコンサートが福島、ラストイベントが品川・・・

これも何かの縁。ライブ観覧は抽選らしいが、狙ってみよう。

| | トラックバック (2)

2007年1月21日 (日)

模様替え

画面のデザインを変えてみた。

どうでしょうか?

これでやっとダイバーのブログらしくなった・・・か?

きょうは東京での初打ち。たった2時間だったけど、気のおけない連中4人と相変わらずの口八丁手八丁のテニス。

終わってから、久しぶりと言うことで、近くのファミレスで昼食。

なんてことのない雑談。それもまた楽しい。

この連中とまたテニスができること、素直に嬉しい。

帰宅してから再び家の片付け。

ダメ・・・

どうしても納まりきらない。

さて、どうしよう・・・

| | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

新しい仕事

ようやく仕事の方も新たなミッションがはっきりして来た。

どうやらコンサルティングの導入部分及びそこに至るまでのプロモーションを軌道に乗せろと言うことらしい。

本社スタッフとして現場に応援に行くわけだから、誰よりも(少なくとも担当営業やパートナー、できればユーザーよりも)知識面では上を行っていなければならない。

というわけで、当面研修漬けとなりそうだ。これが気が重い。

果たしてこなせるか?と言う不安と同時に、またとないチャンスと言う気もある。

ここはひとつ踏ん張りどころだ。

会社の友人たちは口を揃えて適任と言う。それはそれでありがたい評価だが、逆にこれがちょっとプレッシャーだったりする。

まずは手始めに、性格の異なる販売チャネルの実状を正確に知る、人伝ではなく自分の耳で聞いてみることから始めよう。

関係しそうな部署のいくつかに早速当たってみた。手探りながらも、歩を進めようとする動きがある。なるほど、方向性は間違っていないようだ。

各事業部各本部の窓口となるであろう部署の担当者をリストアップしてみる。

ありがたいことに、これまでの仕事で関わってきた連中が多い。

多少は経験値が活かせるかもしれない。

こんなところでも、人のつながりの重要性を思わずにいられない。

とにかく始動である。

| | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

後ろ髪

東京に戻った。きょうからはずっと東京だ。

昨日はテニスの初打ち。強風でべらぼうに寒く、とてもテニスをやる状況ではなかったが、それでも私を含め9人のメンバーが集まった。

せっかくの初打ち、しかも私にとってはTakeoff最後の練習だっただけに、ちょっと残念ではあったが、およそ1ヶ月ぶりのテニスはやはり新鮮だった。

そして深夜まで荷造り、今日を迎えた。

午前中に最後の掃除をし昼過ぎから搬出、2時間弱で部屋の中は空っぽになった。

わずか8ヶ月過ごしただけだったが、それなりに自分の棲家となっていた部屋だ。

もぬけの殻となり、この空間はもう存在しないのだと思うと、やはり感慨深いものがある。


日当たりだけは絶対譲れない条件として探したこの部屋

加速と燃費の悪さは桁違いながら、そこそこ気に入っていた乗車期間3ヶ月のクルマ

週末の度に一緒に遊んだテニスの仲間


これらが絡み合って作られていたここでの生活は、何だかとてもかけがえのないもののように思える。

「後ろ髪を引かれる思い」

まさに今の心情である。

| | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

送別会

久しぶりの投稿である。

年明けから新しい職場での挨拶回り、旧所属に戻ってからは引継ぎやらこれまた挨拶回り、それに加えて荷造りである。

実は睡眠時間3~4時間、という日が3日間続いた。

いよいよ最終日の金曜日は職場の送別会。

そして今夜(1/13)はテニスの送別会。2次会がお開きとなったのはなんと2時だった・・・

それにしても・・・である。

たった9ヶ月しか在籍しなかった私のために、15人もの人が集まってくれた。市外から駆けつけてくれた人もいた。

ありがたい話だ。

仕事も年齢も違う仲間たち・・・

テニスがなかったら、絶対に出会うことはなかった人たち・・・

きょうのイベントを企画してくれた幹事T氏、場所を提供してくれたS氏、そして集まってくれたみんなに、心よりお礼を言いたい。

今、なんだかとても殊勝な心持ち

Flower 一次会の最後には、こんな立派な花束まで用意されていた。
会社の送別会ではなかった計らい。

今のサークルがあったおかげで、随分とメリハリのある毎日を過ごせた。

感謝、感謝・・・

いよいよ明日は、サークルの初打ちだが、私にとっては今のサークルでの最後の練習となる。

いつか東京の私のサークルと、交流試合を実現させたい。

そんなことを目標に、またちょっと頑張ってみよう。
やはりテニスって素晴らしい。

| | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

仕事始め

きょうから仕事である。

今年初出社は新赴任地の本社。3年前まで通っていたビルも、何となくよそよそしく、少々の緊張。

ところが新しい職場を見渡してみると、社歴から考えれば当たり前だが、知った顔がちらほら。ただそれだけでちょっと心強い。

一通りの挨拶が終わった後、昔の職場や昔仕事で絡んだ職場に顔を出す。
事前に知らせてあった相手はニヤリと笑いながら、そうでない相手は目一杯驚きながら、一様に「おかえりなさい」。

新しい職場に新しいミッション、不安がないわけではないが、困った時に知恵を貸してくれそうな連中が多勢いる。

ありがたいことだ。

まずは新しいミッション相応の知識を習得しなければならない。やることは山ほどある。

忸怩たる思いがないわけではない。
でも、それはそれ。割り切ってこれからの仕事をこなしていこう。それなりにやり甲斐はありそうだ。

なにより、昔からの気の置けない仲間が傍にいるということが嬉しい。

| | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

My Favorite ...

正月も3日あたりになるとヒマになってくる(笑)

正月とは無関係だが、音楽の話。

サザンオールスターズが好きと言う人はたくさんいるだろう。幅広い層に絶大な人気を誇っていることは、コンサートチケットの入手が困難であることからもよくわかる。

かく言う私も彼らの新譜は、「出た」というだけで購入している。ちなみにこういう買い方をするアーティストは、あとはMISIAだけである。

そのサザン、デビューは78年と言うから、もうじき30周年になるわけだが、メジャーデビュー前から都内のライブハウス、特に新宿や下北沢のロフトで精力的にライブを行っていたのを思い出す。

約30年もの間、メンバーもほとんど変わらず(大森が抜けただけのはず)、既に50歳になるというのに未だにトップでありつづける事の凄さ、新曲を必ずチャートインさせる感性はただただ脱帽である。

デビュー当時から知っている人たち、デビュー当時はまだ生まれてもいなかった人たち、両方を納得させると言うのは、並大抵のことではない。

30年間トップであり続けるアーティストって、今まで日本にいなかった。

『和製○○』という嘘臭いネーミングは数多あるが、サザンは正しく『和製ローリングストーンズ』だ・・・と思うのは私だけ?(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

閑話休題・・・

“泣ける歌”ってある。
私の場合、残念ながらサザンの曲の中にはないのだけれど。


『涙そうそう』

少々陳腐かもしれないが、なぜか泣ける。
夏川りみでなく、BEGINのうちなーぐち(沖縄方言)バージョン。

逝ってしまった人を思う切なさがひしひしと伝わる。

どうでもいいけど、勝手なイメージで安っぽい映画_して欲しくないなぁ


『童神』

これも夏川りみではなく、ましてや花*花でもなく、古謝美佐子のオリジナル版。

この曲、本当は古謝おばさんの初孫誕生を記念して作られたものだから、りみや花*花なんぞに軽々しく歌ってもらいたくないと言う気持ちもある。

いずれにせよ、古謝さんの思い入れたっぷりの歌は、この曲のどんなカバーも足元にも及ばない凛とした情愛が溢れていて、とにかく涙が止まらない。

世間的にメジャーな夏川りみ版ではなく、オリジナルの古謝美佐子バージョンを是非聴いてもらいたい。

『story』

ご存知、AIの代表曲の一つ。

かっ飛びネーチャンが作ったとは思えないくらい、歌詞がよろしい。

特に2番の「孤独で重い扉も ともに立ち上がれば また 動き始める」の下りは、何回聴いても涙モノ。

飽かずに何度も何度も聴いたおかげで、遂に歌詞を丸々暗誦できる様になってしまった。こんなのは「憧れのハワイ航路」以来だ(笑)

あ~ 無性に歌いたくなってきた・・・

| | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »