« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

別れ

6月もあと数日。

ウチの会社は12月決算なので、年度の始まりは1月。つまり今月は上期の最終月。

期の変わり目は人事の季節でもある。

当たり前だが、今回も様々な異動が予定されている。

そんな中、今夜はある人物の送別会。彼は異動ではなく、退職。

色々な思いがあって、転職の決断を下したのだ。

かれこれ7年の付き合いとなるが、性格も風体も良かれ悪しかれ、強烈なキャラクターだ。

勢い、批判する声もあるわけで、彼の会社人生はけっして平坦ではなかった。

ただ、彼の知識は周囲を圧倒するほどだったし、知識へのあくなき習得意欲には頭の下がる思いがある。

彼の不幸は、自身の知識と現実との乖離の大きさだったのではないか。

かくあるべし・・・この思いが強すぎて、周囲を傷付けて来たし、彼自身もまた傷ついて来た。

彼自身の思いを現実のものとするには、遠大なプロセスが必要だったが、その調整役が現れなかったのも、彼にとっては不満だったのだろう。

奇しくも、前回この項で書いた、新しい資格とそれにまつわるビジネスに関心を持っている「今の仕事で関わりがある2人の人物」の1人が彼である。

新しいものを立ち上げる時、必ず必要となるある種のパワーが彼にはあったから、残念と言えば残念だ。

しかしそれも彼が決めた道である。

幸い、同じ業界に居続けることになるのだから、それほど悲観することもあるまい。

組織の中で功なり名をなすのは、資質だけでないプラスαが必要なのだ。

そんなことをしみじみ感じた夜だった。

| | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

休日返上で

とある資格取得のために、きょうは終日その試験対策講座に参加してきた。

もちろん現在の仕事に深く関わる分野の資格なのだが、では現在の仕事に直接的に活かせるかというと、微妙に違うのだ。

それでもなぜ?というと、世間はいざ知らず、少なくともウチの会社にとっては「次はコレかな」という気がしているからだ。

幸か不幸か、この資格に着目している人間は、社内にはまだ少ない。
今の仕事で関わりがある2人の人物が、この資格に関心を持っていた。
そして見解は私と同じ。

今年に入っていくつかの講習を受け、また実際に資格を取りに行ったが、これらの基礎知識があれば比較的馴染みやすいものなのだが、「微妙な相違点」が目新しい分野ではある。

何にせよ、この考え方は奇しくも一昨年、いくつかのヒントからたどり着いたビジネスの形と見事に合致する。

当時は新しいビジネスモデルとして確立できないだろうかと、孤軍奮闘、いくつかのメーカー担当者にも話を持ち込み、心あるパートナーにも相談して、ビジネスとしての“芽”はありそうだと言う手応えをつかんだ矢先に転勤となったのだ。

さて、そんなことを思い出しながら会場に到着、思いのほか多くの受講者が集まっていた。
もしかするとウチの会社の誰かが・・・と思ったが、いなかった。

う~む、複雑。

試験の概要とともに、この制度の狙いは運用について説明があった。

もしこれを社内で具現化するとしたら、どんなアクションが必要になるだろうか?
誰と誰をかき口説けば良いか?

いずれにせよ、自分が先導役、布教役を務めなければならないだろう。
とばれば、ここは気合いを入れて一発合格をしないとお話にならない。

そう考えれば聴講にも熱が入ろうと言うものだ。

さて、試験は1ヶ月先。本当の勉強はこれからである。

| | トラックバック (2)

2007年6月20日 (水)

スキルアップ

私が参加しているダイビングのMLでも、よく覗くダイビングの掲示板でも、スキルアップがよく話題になる。

何度も何度も、盛り上がっては下火になり、忘れた頃にまた再燃する。この繰り返しだ。
かように、ダイビングのスキルに関しては、永遠の課題らしい。

テニスで考えてみると、スポーツである以上、こちらも技術の向上と言う課題は付いてまわる。
ところがテニスは対戦型の競技。「スキルアップ=強くなる、勝つ」という明確な目標と判断のしやすさ(特に自己評価)がある。

  • つまり、スピンサーブが打てるようになりたい・・・
  • バックでもハードヒットできるようになりたい・・・
  • ドロップショットを習得したい・・・
  • あの人に勝ちたい・・・

などなど、かなりハッキリした目標が立てやすいわけで、その進捗とか成果も評価しやすい。

ところがダイビングとなると、そもそもこれがスポーツか?という疑問もあるし、スキルアップのスキルと言っても、中性浮力くらいなものだ。

もちろん細かく見ていけば、

  • エントリーがスムースにできる・・・
  • マスククリアができる・・・
  • レギュレーターリカバリーができる・・・
  • ヘッドファーストの潜行ができる・・・
  • 耳抜きがうまくできる・・・

等々、列挙することはできるものの、エントリーなんぞは場数を踏めば誰でもスムースにできるようになるし、マスククリアやレギュレーターリカバリーはできないと困るとは言え、普段はまず使わないスキルだ。(だからこそ実はヤバいんだけどね)
ヘッドファーストは耳抜きができる人なら造作のない話だろうし、耳抜きがうまくできるか否かは、実はスキルではなく体質の問題だ。

先日タンク本数200本になった私だが、いまだに耳抜きには苦労する。
耳鼻科で診察を受けたら、普通の人より耳管が細いと言われた。これではいくら頑張っても、スコンと抜けるわけがない。

てなわけで、ダイビングで必須となるスキルは中性浮力。
経験が浅いとなかなか巧くいかないことは確か。

じゃあ、これはどうやって習得するかって言うと、議論百出。

でも、経験から言うと、何のために中性浮力が必要か?という動機付けがハッキリしていると頑張れる。
何でもそうだが、このモチベーションと言うのはあらゆるモノ・コトにおいて重要だ。

たとえば、「中性浮力を取れるようにならないといけません」と言われるより、

中性浮力が取れた方がきれいな写真が撮れますよ、とか
中性浮力が取れた方がサカナをじっくり観察できますよ

と具体的に言われた方が、よっぽど頑張れると言うものだ。

人に言われるままにやることよりも、自分で気づいて動いたことの方が、しっかりと身に付く。

ま、ダイビングに限ったことではないけど。。。

| | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

帰還

帰ってきた。

日付が変わってしまったけれど、土曜日の夜に帰宅。

きょうは最終日、朝食をのんびりとって、石垣市立八重山博物館と八重山平和祈念館を見学、八重山民俗の歴史と戦史について、改めてお勉強。

そうそう、今朝は早朝から雷鳴轟き、8時過ぎには遂に大きな落雷。これが原因で宿泊したホテル周辺地域が一斉に停電という騒ぎがあった。

ホテルの人も驚くくらいの、稀に見る大きな落雷。

ところが10時くらいにはケロッと晴れ上がり、その間に出かけたのだが、午後、空港に向かおうとする時に再び強風と雨。

まったくわけのわからん天気だ。このおかげで空のダイヤは乱れに乱れ、空港は「待ち」の人でいっぱい。

那覇乗り継ぎ便だったのだが、3時間の待ち時間を利用して、壺屋のやちむん通りを散策。渋い粋な焼物も多く、もう少し時間をかけて散策したいところ。

それにしても今回は天候に恵まれなかったが、最後の3日間は海況はさておきピーカン、西表の海と波照間の海を存分なまでに堪能。

特に波照間は、積年の募る想いもあり、感慨ひとしおだった。

また、行きたい・・・

| | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

足止め

夜半からの雷雨は朝になってさらに激しく、8時頃遂にホテルの近くで落雷。なんと全館停電。
空のダイヤも無事なはずもなく、石垣空港で足止め中。

| | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

圧巻の蒼 ハテルマブルー

5年ぶり、3年越しの波照間は、まさに「天気晴朗なれど波高し」。でもその海は期待に違わず、素晴らしく青い。青さがケタ違いなのだ。
フィッシュウォッチングを忘れさせる海はここだけだろう。
今夜は余韻に浸ることになりそうだ。

| | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

石垣上陸

西表最終日。迷った挙句、結局また西表で潜ることに。こんなに晴れてたら潜らないわけには行かないでしょ。
そしてまたサンゴに驚嘆、魚影に癒された。
夕方、石垣上陸。しかしここは都会過ぎて、離島桟橋周辺はまるで那覇の国際通り、人も車も多く全く落ち着かない。
ま、明日は海況さえ良ければ3年越しの波照間だ。

| | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

西表5日目

念願の晴天。ピーカンというわけではないが、充分すぎるほどの陽射し。
当たり前だが、海の中は最高にキレイで、サンゴと幼魚の組合せは眺めているだけで最高のヒーリングだ。
これでもか、というくらいのハゼとエビも観察し、大満足で帰港。これが港からわずか5〜10分なのだから、西表は本当にスゴイ。

| | トラックバック (0)

やっと

晴れたぜっ!これから海だ。

| | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

西表3日目その2

西表3日目その2
これがそのレンブ。

| | トラックバック (0)

西表3日目

今日も天気ははっきりせず、時折強い雨になったりで、まったく始末が悪い。
仕方がないので島内をドライブ。道路をのんびり横断するセマルハコガメに出会う。
結局島のはじからはじまで走った。
さて、今夜のデザートは見たことも聞いたこともない果実、レンブ。
見た目はろう細工のよう。かじってみると、瞬間リンゴの酸味、ただし食感はナシという魔可不思議な果実。こんなものに出会える西表はやっぱりスゴイが、それが自生しているうえはら館もさすがだ。

| | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

西表2日目

4時半起きとなるとさすがに眠い…というわけで、昨日は即寝。
今日は朝から雨、波はないけど、なんだかなーという天候。それでも海はとてもキレイで、サカナもサンゴも圧巻。
やっぱり西表はスゴイ!
それにしてもこの天気、なんとかしてくれ

| | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

明日の今頃

明日の今頃は、西表の海を堪能し、

お気に入りのガイドと、

お気に入りの宿の女将さんと

旧交をあたため、

うまいものを食い

の~んびりしている最中だ

きょうまでの現実とのあまりの乖離に

ちょっと実感が湧かないが、

とにもかくにも、明日は夜明けとともに出発

早く寝るぞ!

| | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

キャッシュレス

大金を持ち歩くのが嫌いだ。
大金と言ったって、2万とか3万程度だが。

そんなわけで、財布に2万以上入っていたためしがない。クレジットカードがあれば大抵はOKだし…。

先日、ふと気付くと、一日中財布をあけなかった。
外出時の電車賃はsuica、昼は社員食堂でこれまたプリペイドカード、コンビニの買い物とお茶代はEdy。
クレジットカード抜きにも関わらず、文字通りキャッシュレスで一日過ごせてしまった。

便利な世の中になったもんだ。
こんなことで感心するのは年をとった証拠か…。

~以上、モブログの練習~

| | トラックバック (0)

HP更新

ここのところ、かなり精力的に一昨年・昨年の写真を整理、アップしている。

今回は昨年の西表をアップ

あともう少しでキャッチアップできる・・・がしかし来週からまた撮影旅行だ。

| | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

杉山愛、全仏決勝進出!

終盤を迎えた全仏オープン。
今年もローランギャロスが熱い!

女子ダブルス準決勝で、杉山/スレボトニク組が、昨年の覇者で第1シードのリサ・レイモンド/サマンサ・ストーサーに1-6、6-4、6-3で逆転勝ち!!
見事、決勝進出を果たした。

杉山の全仏女子ダブルスでの決勝進出は2年連続3度目。4大大会で通算4度目の優勝を目指す。

さてその杉山だが、初めて見たのは東レPPOの予選。確かまだ高校生の年齢。

日本人選手の中で、妙にパワフルなストロークを打つ子がいるなぁ・・・それが杉山だった。当時は体格もパワフルだったが(笑)

伊達の弟子のような存在だったが、伊達引退後は孤軍奮闘、落ち目になった日本女子テニスを一人で引っ張って来たと言っても良いだろう。

しかし、シングルスでは調子が良くても悪くても、変なところで足元をすくわれて不本意な結果に終わると言うことがここ数年続いていたと思う。

シングルスばかりが注目されるテニスだが、杉山に限っては、断然ダブルスの方が良い。

あの伊達ですら成し得なかったグランドスラム・タイトルを、シングルスとダブルスの違いはあれども、彼女は持っているのだ。

日本のスポーツマスコミも、もっとテニスを露出すべきだし、さらに言えば、杉山の功績をもっと評価すべきだ。

「生意気だ」とバッシングし、「英語がしゃべれない」などとテニスに無関係な誹謗までしておきながら、引退すれば手のひらを返したように大騒ぎした伊達のケースのような、非常にみっともない真似だけは繰り返さないで欲しい。

その選手を評価するのだって、引退してからじゃ遅いのだ。

それにしても、杉山、頑張れ!

| | トラックバック (0)

動物以下

新潟県長岡市の県立高校で、女子生徒がこともあろうに学校のトイレで出産、さらに痛ましいのは新生児は死亡。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/teenage_sex/?1181112205

色々な事情があったとは思うけれど、なぜこんな事態になるまで放っておいたのか?

午後3時ごろまでは授業に出ていて、午後4時ごろにおなかが痛くなってトイレに行ったとのことだが、妊娠・出産に関する知識は全くなかったのか?

警察では殺人の疑いもあるという見解らしいが、そこに殺意があったか否か、今の時点ではわからない。

でも、パニックになっていたにせよ、生まれたばかりの子供を放置すればどうなるか、知らない・わからないでは済まない年齢だろう。まして見殺しにしたのなら、これは正真正銘の「殺人」だ。

そんなことすら考えつかなかったのだろうか?

自分が生んだ子を放置するなど、人間のすることではない。

今や、現代ニッポン人は畜生以下に成り下がったのか?

| | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

キリンカップ

日本 vs コロンビア

前半30分過ぎから観たのだが・・・

これまでの代表と比べると、中盤が弱くなったような気がする。

DFも鈴木啓太、阿部はパッとしなかったし、期待していた中村憲剛は見事に期待を裏切った。

その分、と言ったら言いすぎだが、FW高原は明らかに運動量が増えているし、ゴールを狙う気持ちも強くなっていると思う。

しかし、しかしである。

やっぱり見劣りしてしまう。パスのスピードと精度が悪い、シュートの精度はさらに酷い。

ヨーロッパや南米のチームと比べるとその差は歴然だ。

だから日本はダメだとか、日本の選手は程度が低いとかと言うつもりはない。

ただ、ガッカリ・・・

わけのわからないバックパス、ゴールの枠を捉えられないシュート・・・

この2つがなくなるだけでも、かなりスッキリすると思うのだが・・・

| | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

誕生日

きょうは娘の誕生日・・・

こういう日こそ家に居ろよ、と思うのは親の勝手。

交友範囲の広い彼女は、友人たちに招かれて食事に出かけた。

ま、これが正常。

20歳を過ぎてもなお、親が誕生日を祝ってやると言うのも、
ある意味、気色悪いかもしれない。

| | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

横浜開港祭

きょうはテニスを終えてから横浜まで。

横浜開港祭(http://www.kaikosai.com/)の花火を見るため。

それから、来週からの西表、お気に入りのガイドへのおみやげを探しに。

おみやげはともかく、この開港祭は今年で26回目。以前、確か第7回か8回を観に行ったことがある。

その時も花火はあったのだが、通常の花火大会とは大きく趣が異なり、山下公園沖に浮かべられたボートからは花火、岸からは音楽とレーザー光線、クライマックスは消防艇2隻が登場し放水、・・・火・水・音・光の見事なショウだった事が強烈な印象として残っていた。

今回も同様な演出だろうと当たりをつけて出かけたが、いやはやスゴイ人・・・。

Fire02_1 まぁ、それでどうだったかと言えば、演出は若干違ってはいたが、音楽とレーザー光線は従来どおり、花火はむしろ豪華になっていた。

音楽も軽快なもの、荘厳なものと趣向を凝らし、その音楽に合わせて花火が上がる。

後半はそこのレーザー光線が走り、炎が吹き上がったり、と側面から雰Fire04_1 囲気を盛り上げる。

そして、スターマインである。大好きなスターマインは、さすが横浜!という迫力で、テーマ曲の終わりは全て連続打ち上げ。つまりスターマインが何度も繰り返されるわけだ。

何せ、今年初めての花火。この2年間、まともに観ていなかった花火である。

Fire03_1 目の前に木があって、梢越しもまたご愛嬌だ。

やっぱり花火は楽しい。

Fire01_1 今年は再度、花火通いを始めるか!?

| | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

もう6月

・・・になってしまった。

あと1ヵ月で上期も終わり。

この上期の成果物は一体何か?

う~む、ちょっと心許ない。

新しい職場に慣れたことは慣れたが、何ともフラストレーションの溜まる職場である。

光明はあるが、なかなか近づけない。

また一つ大きなハードルが出現した。

逆にこれが良いチャンスになる可能性がある。

今月からまた巻き返しだ。

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »