« LUSH | トップページ | 伊禮俊一LIVE in 島唄楽園 »

2007年7月21日 (土)

オーストラリア戦

きょうはアジアカップ準々決勝、対オーストラリア戦。

結果は既に報道されている通り、PK戦にまでもつれ込む大接戦の末、日本が薄氷の勝利、前回W杯での屈辱的な敗北のリベンジを果たした。

結局最初から最後までTVの前で大声を出しながら観てしまったが、途中まではかなり押されていた。

オーストラリアにレッドカードが出て、11人対10人になってから、さすがに日本のキープ率は上がったが、ゴール前までボールを持ち込んでいながら最後をシュートで終われないというパターンは、相も変わらずだった。

ディフェンスの中澤、阿部は文字通り体を張った気合いの守備をしていたが、今日の試合は審判に助けられた部分も多かったように思う。

2つ前(グループリーグ)のUAE戦は審判が本当に酷くて、まさに削られ損。

きょうは相手側にシュミレーションのイエローが2枚出たことでもわかるように、終始厳正な判定で、溜飲を下げることができた。

先制された時はどうなることかと思ったが、その2分後の高原の同点ゴールは実に見事な技ありシュート。

できれば延長戦で決着をつけて欲しかったが、いくつかの好機をモノにできずPK戦突入。

延長戦後半、オーストラリアは明らかにPK戦狙いになっていたようだ。PK戦になれば勝てる、と思っていたのだろうか・・・

PK戦、最初の2本を川口が止めたことが勝因だろう。

特に1本目はエース、キューウェル。これを止めたことで、オーストラリアに焦りが出ただろうし、日本に勢いが付いたことは間違いないだろう。

わけのわからんバックパスやゴール前でなかなかシュートしない(できない)パターンは相変わらずで、観るたびにいらいらするものの、高原や中澤の魂のこもったプレイは久しぶりにスッキリ!

やはり野球よりサッカーだ。

|

« LUSH | トップページ | 伊禮俊一LIVE in 島唄楽園 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/15837894

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦:

« LUSH | トップページ | 伊禮俊一LIVE in 島唄楽園 »