« シネマ評~守護神~ | トップページ | 白い恋人の不祥事 »

2007年8月15日 (水)

終戦記念日と改憲論議

62回目の終戦記念日。

今年も憲法第9条を巡る議論が熱い。
しかしここの所ちょっと気になるのは、「改憲=好戦派」「護憲=平和主義」のような図式で議論されることである。
憲法9条第2項で問題になるのは、軍事力の維持、つまり自衛隊の捉え方だ。

  #誰が何と言おうと、自衛隊はれっきとした“軍隊”である。

改憲派の中にも意見が様々あり、多くの人が不安視する正に好戦的で国粋主義を匂わせる輩も、もちろんいるわけだ。
しかし一方では、専守防衛を明確にし、自衛隊の実態と条文の理念との乖離を埋めようという主旨の人たちもいる。彼らは必ずしも好戦的ではない。

同様に護憲派の中でも意見は分かれていて、自衛隊の存在も含め全てを容認した上で「改正の必要なし」としている“現状維持派”と、自衛隊そのものも廃止すべきと訴える人たちもいる。

この辺を整理しないで、改憲vs護憲の単純な図式で議論すること自体、あまり意味がないように思える。
先の大戦を見るまでもなく、戦争はどんな事情があろうと、肯定すべきではない。
しかし、ニッポンを脅かす隣人がいることも、これまた紛れもない事実。

憲法を改正するか否か?

そんな一面的で単純な問題ではなく、世界情勢と日米問題、アジア諸国との関係性を踏まえたうえで、まずは外交力の向上を目指す方が先決だろう。

軍事力に頼らない平和を訴える嘘臭さには辟易とするし、諸外国からニッポンがなめられていることは事実だが、軍事力に頼る外交ほど危険極まりないものはない。

やはり“一目置かれる”外交を目指すべきで、国防はその延長線上にあるべきだ。

|

« シネマ評~守護神~ | トップページ | 白い恋人の不祥事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日と改憲論議:

« シネマ評~守護神~ | トップページ | 白い恋人の不祥事 »