« シネマ評~父親たちの星条旗~ | トップページ | 終戦記念日と改憲論議 »

2007年8月14日 (火)

シネマ評~守護神~

守護神・・・"guardian"と言うのか・・・

毒のないヒューマンドラマとして観てみた。
完全に「海猿」とダブる。ストーリーの細部に渡って、だ。
かたや沿岸警備隊、かたや海上保安庁。どちらも"Coast Guard"である。

まあ、どちらが先か、なんて詮索するのは止めよう。
加藤あいや伊藤淳史の鼻に付く演技がないだけでも、どちらに軍配が上がるかは自明だ。

さて、沿岸警備隊の伝説の救護士と訓練生が絡み合ってストーリーは進んで行く。
冒頭や終盤の嵐のシーンは、セットだったりCGだったりするのだろうが、なかなか巧く撮られていて迫力満点である。

絶体絶命のピンチから脱出し、ホッとした瞬間に直面する次なる危機。
主人公ケビン・コスナーの選択は、予測できたとはいえ、胸を衝くものがある。

ただ、本当のラストのシーンで、救われた気分になるのだ。
なかなか心憎い演出である。

面白い。
肩の凝らない作品として、オススメ。

|

« シネマ評~父親たちの星条旗~ | トップページ | 終戦記念日と改憲論議 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~守護神~:

« シネマ評~父親たちの星条旗~ | トップページ | 終戦記念日と改憲論議 »