« ジンジャーエール | トップページ | 台風11号 »

2007年9月12日 (水)

サッカー(A代表・五輪・女子)

夕べ(きょう早朝)から3試合連続で国際試合だった。

A代表の三大陸トーナメント、FIFA女子ワールドカップ、五輪代表(U-22)の3つである。

昨夜のA代表と女子は見ることができなかったが、A代表はスイス相手に0-2からの逆転劇。それも決勝ゴールはロスタイムだったらしい。
これはこれでヨカッタと思う。たとえそれが4-3という、サッカーらしくない大量得点試合だったとしても。
ここのところ、スカッとする試合がなかっただけに、何より『勝つ』ということが大事だ。

一方、女子。FIFA女子ワールドカップとしての第1戦は、イングランド。こちらは1-0でリードしていながら、結局引き分け。それでも1-2で逆転されてからの引き分けだから、勝ち点が取れたということでよしとしよう。

それにしても、宮間の2ゴールはともにFK。日本の女子でもこんなボールを蹴る選手がいたか、と思わせるような見事なシュートだった。

さて、今夜のU-22は五輪アジア最終予選。相手はカタール。

前半、FKから豪快なヘッドで先制。その1点を守りきっての勝利となった。
もちろん、途中かなり危ないシーンがいくつもあったが、それでも全員が必死の守備でカタールの攻撃をしのぎ、また相手の雑なシュートにも助けられた。

五輪代表の試合は初めて真剣に見たが、A代表と比べ運動量が明らかに多い。
パス回しもワンタッチが多くスピードがある、FKも相手の裏をかく細工を施す等々、なかなか面白かった。

何より、ゴールを狙う気持ちが、A代表に比べて勝っているように思えた。
それから“あの”平山が出ていなかったことも勝利に結びついた大きな要因だろう。

サッカーのスタイルは色々あるけれど、やっぱりシンプルな方が面白い。

シュートを打たなければ点は入らない。

最後はシュートで終わる。

こんな単純なことがA代表はできない。シュートに至るまでのパス回しに懲りすぎ。それも、キープするだけの技量もないのに形に拘りすぎるから、簡単に取られてしまう。観ている方はフラストレーションが溜まる。
が、今回は松井が利いていたように思う。

1対1になったらどんどん仕掛ける、ミドルレンジからでも前が空いたらゴールを狙う・・・

そんな選手を起用していけば、A代表の試合ももっと面白くなると思うのだが・・・

|

« ジンジャーエール | トップページ | 台風11号 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー(A代表・五輪・女子):

« ジンジャーエール | トップページ | 台風11号 »