« 忙中閑有 | トップページ | ミミックオクトパス »

2007年10月16日 (火)

お気に入りのCM

何の脈絡もなくCMの話。

学生時代に広告論のゼミを取っていたこともあり、CMはついつい凝視してしまう。

そんな私の最近のお気に入り。

ソフトバンクの一連の家族シリーズ。犬の父親が登場してからのシリーズは、間の抜けたおかしさと、表情豊かな“父親”の可愛さで、強烈なインパクトがある。

現在放映されているものの一つ前、つまり、例の“どら焼き”編は最高だ。

だからと言って、携帯をソフトバンクに替えようとはこれっぽちも思わないが、「認知度を上げる」ということがCMの使命なら、このCMはピカイチだ。

しかし、あの犬の声は本当に北大路欣也なのか?

じわっと来るCM。

今から3年前に放映スタートした作品、日本生命「愛する人のために」 ~改札編~

説明すると長くなるから、下のURLで確認してもらった方が早い。
http://www.nissay.co.jp/okofficial/kojin/present/cm/kaisatu/index.html

子供、特に女の子を持つ父親にとってはたまらないストーリーだ。

とりわけラストの2人の後姿がイイ。娘を持つ父親なら、誰しもが持つ淡い“夢”だ。

単身赴任中は、このCMで泣きそうになった。

“じわっと”第2弾。

サントリーオールドと言えば、昔から味わいのあるCMを輩出してきたことで有名だが、今流れている『父の上京編』も泣かせる。

http://www.suntory.co.jp/whisky/old/ad/index.html

父親役に國村隼、一人上京して働く娘役に伊藤歩というサントリーならではの豪華な布陣。

これまた、巷に溢れているような平凡な設定。が、だからこそ共感できる部分も多いというもの。制作側の意図は「見え見え」だが、それでもやっぱり「じわっ」なのである。

こうやって考えてみると、父と娘の関係と言うのは古今東西、普遍的なのか・・・?などと思ってしまう。

ちなみにバックに流れるのは、お馴染みの(30年近くも)オールドのテーマ曲だ。この作者が、あの小林亜星というのも興味深い。

|

« 忙中閑有 | トップページ | ミミックオクトパス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/16780501

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りのCM:

« 忙中閑有 | トップページ | ミミックオクトパス »