« バレーボールW杯 | トップページ | 反町ジャパン »

2007年11月18日 (日)

シネマ評~インヴィンシブル Invincible

30歳でアメフトNFLの入団テストに挑戦し、その夢を掴んだ実在のプロ・フットボール選手ヴィンス・パパーリのサクセス・ストーリーを描いたスポーツ・ドラマ。

社会人の草野球のようなノリでアメフトを楽しんでいた主人公が、周囲から勧められるままに入団テストを受け、偶然にも監督の目に留まるところから奇跡の物語が始まる。

彼を支える父親や下町の仲間たちとの交流も心温まるし、主演のマーク・ウォールバーグの演技も光る。

何より、とことんハッピーで爽やか。

「夢は必ず叶う」
「努力は必ず報われる」

細かいことを言い出せばキリがないけれど、そう信じて前を向いていこう!・・・と素直に楽しめる作品だ。

|

« バレーボールW杯 | トップページ | 反町ジャパン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~インヴィンシブル Invincible:

« バレーボールW杯 | トップページ | 反町ジャパン »