« シネマ評~インヴィンシブル Invincible | トップページ | 廃れ行くTRAD »

2007年11月21日 (水)

反町ジャパン

北京五輪出場を賭けた反町ジャパンの今日の試合は、実は居酒屋で観戦。

なのでいつもほど真剣に見ていなかったのだが、、、

何だ、あの試合は?!

非常に危ない場面を切り抜けたDF陣の奮闘は賞賛に価するが、例の如くFW陣の不甲斐なさが目立った。

相手GKの巧さもあったが、それにしても後半30分過ぎの岡崎。どフリーでふかした。

高校選手権じゃあるまいし、フリーでありながら枠にも入れられないFWなど、存在価値はない。

そう言えば前試合のベトナム戦も、4-0ではなく5-0の試合だったはず。

こんなんじゃ世界とは戦えないだろう。(はなからわかっていることとは言え・・・)

それに終了後のあの喜び方には、ドン引きだ。

確かに五輪出場決定は嬉しいだろうが、その決定の仕方、つまり今日の試合の内容は、あれほど手放しで喜べるものなのか?

100歩譲って「引き分け」による決定だったとしても、「1-1」と「0-0」ではその意味が違う。

決定機を作りながら得点できずに無得点。そんな情けない内容で喜べるのか?

きょうは本当にがっかりした。結果よりも選手のプライドの低さに。

|

« シネマ評~インヴィンシブル Invincible | トップページ | 廃れ行くTRAD »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/17148470

この記事へのトラックバック一覧です: 反町ジャパン:

« シネマ評~インヴィンシブル Invincible | トップページ | 廃れ行くTRAD »