« 出張 | トップページ | 忙殺 »

2007年11月 2日 (金)

ヒンギス、おまえもか・・・

世間的には大きくない扱いだが・・・

元世界ランク1位で、4大大会5勝を誇るM・ヒンギス(スイス)が木曜日、記者会見を行い、今年のウィンブルドン期間中に行われたドーピング検査でコカインの陽性反応が出たことを明かし、同時にツアーからの現役引退を表明した。

詳細はhttp://news.tennis365.net/news/today/200711/4891.html

ヒンギスはハッキリ言って嫌いである。それも「大」が付く位。

理由は簡単。根性が汚いから。

一連のウィリアムス一家との舌戦は本当に不快だったし、勝っても負けても会見での発言は相手への敬意も潔さもなく、ただ生意気なだけのものだった。

それでもあのプレイスタイルは嫌いじゃなかったし、あの引き出しの多さは、やっぱり「すげ~」なのだ。

仮にこの疑惑が本当だったら、引退はそれを認めたことになりはしないか?

彼女自身、会見の中で

「このような結果が出て、罪に問われることは余りにも無茶苦茶で、ぞっとするほどの憤りを感じたので、こうして公にすることにしました。今は不満に満ち、怒りで一杯です。」

「この先何年間もドーピング機関と争うことに時間を費やそうとは思っていません。こんなに怒りがこみ上げてきているのは、ただ100%無実だからです。そして、このような罪を着せられたことで、今後ツアーで戦って行く気持ちを喪失しました。」

と言っているが、ならばなおさらのこと、自身の潔白のために闘うべきじゃないだろうか?

今回の報道で解せないのは、WTAが何も聞いていないとコメントしていることだ。

ま、それはともかく、あのプレイが見れなくなるのは少々残念だ。

|

« 出張 | トップページ | 忙殺 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/16955132

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンギス、おまえもか・・・:

» マルチナ・ヒンギス、コカインに陽性反応 引退表明 [ネット社会、その光と影を追うー ]
女子テニスで元世界ランキング1位マルチナ・ヒンギス [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 01時11分

« 出張 | トップページ | 忙殺 »