« シネマ評~キングダム/見えざる敵~ | トップページ | シネマ評~インヴィンシブル Invincible »

2007年11月17日 (土)

バレーボールW杯

女子バレーボールのW杯が終わった。
日本の最終成績は7位。
これはワーストタイの記録なんだそうだ。

まぁ、出場12ヶ国で7位では威張れないのは確かだろう。
ただ、見ている限り(そう、結局ほとんどの試合をTVで観戦した)、これまでのメンバー、チームと大きな遜色はないように思えた。
杉山や庄司をもっと使ってもよかったのでは?とは思うが、それで結果が変わったかというと「?」である。

イタリア、ブラジル、アメリカという上位3ヶ国との試合を観たが、その力の差はもはや絶望的だ。
とにかく連続ポイントが皆無。これではどう逆立ちしても勝てるわけがない。

バレーについては素人だが、言えることは二つ。

スパイクのコースが断然甘い。
体格面で不利ならば、真っ向勝負は無謀と言うもの。強烈なスパイクも正面に飛べば難なくレシーブされてしまう。
欧米の強豪チームはそれでもねじ伏せるだけのパワーがあるが、日本にそれを求めるのは無理。
ならば「コース」でポイントを取るしかない。・・・にも関わらず、日本のスパイクのコースは徹底的に甘い。
テニスで言えば、体育会出身者相手に週末プレイヤーが真っ向から打ち合おうとするようなものだ。

もう一つ。フェイントが泣きたくなるくらい下手。
決められたフェイントは数限りなくあるが、決めたのは10本ないだろう。その位、下手。あれなら私のドロップショットの方がまだましだ(笑)
とにかくそれくらい下手くそである。
さらに悲惨なのは、それでも懲りずにフェイントをかけることである。
チームの中でこの点についての議論はなかったのだろうか?
と同時に、もっともっと練習すべきだ。日本のフェイントの拙さは、技術的な要素がかなりあると思う。これは練習量でカバーできるものだ。

さてさて、北京への切符はお預けとなった。果たして本当に行けるのか?

|

« シネマ評~キングダム/見えざる敵~ | トップページ | シネマ評~インヴィンシブル Invincible »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレーボールW杯:

» バレーボール 日本代表関連 最新トピック [女子バレーボール 高橋みゆき 画像応援ブログ]
ガリレオ先生・5回目感想/絞殺る【バレーボール】w おやしむ(*´∀`*) バレ... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 02時39分

« シネマ評~キングダム/見えざる敵~ | トップページ | シネマ評~インヴィンシブル Invincible »