« 餃子 | トップページ | 内田、錦織 »

2008年2月20日 (水)

これも“餃子”の影響か?

きょう、サッカーの東アジア選手権、日本vs中国が行われた。

結果は1-0で日本が逃げ切ったが、なんとも後味の悪い試合だった。

まず、毎度のことながら精度の低いシュート。GKとの1対1で、枠にすら飛ばないシュートには本当に落胆させられる。

そんな中で、先制点(決勝点)をあげた山瀬は貪欲にゴールを狙い、少なくとも弾道の鋭いシュートを打っていたのが印象的だった。コレがせめてもの救いか・・・

そんな日本の不甲斐なさもさることながら、今日の試合の荒さと言ったら、日韓戦を凌ぐくらいの酷さ。

タックルでボールを奪われると、倒れながら相手を蹴ったり、交錯する時に明らかに相手の体に蹴りや肘を入れようとしたり、後ろからのタックル、“カニばさみ”でのタックルを再三に渡り仕掛けたり・・・とまさにやりたい放題。

またコレをしっかりジャッジしない審判。

今日の中国は、韓国でもここまで露骨にやらないだろうと言うくらいの酷さ。

本当にサッカーの試合に勝とうと思っているのか?日本選手を潰したいだけじゃないのか?と思うくらいのラフプレーの連続だった。

記憶にあるだけでも、中村、遠藤、中澤、駒野、加地、田代が削られ、安田にいたってはGKとの交錯で飛び(膝?)蹴りを胸に食らいそのまま担架だ。

昨今の反日感情の高ぶりは既知のこととはいえ、過去にこれほど荒れた試合は見たことがない。

これも“餃子”の影響か!と考えるのは穿ちすぎだろうか・・・

|

« 餃子 | トップページ | 内田、錦織 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これも“餃子”の影響か?:

« 餃子 | トップページ | 内田、錦織 »