« WWF 国際サンゴ礁年 その2 | トップページ | OWS~海のトークセッション »

2008年3月11日 (火)

若死にするのは善人だけ

・・・と歌ったのはあのビリー・ジョエルだが、きょうは後輩のお通夜。

私の2つ下、あまりに早すぎる他界。

生前の彼は底抜けに明るく、誰とでも分け隔てなく接する好漢だった。

そんな彼の人柄を反映してか、今夜の弔問客は優に100人を越えていた。

ほんのひと月前に会ったばかり。

その時既に「実は肺がんなんですよ」と屈託なく語っていた彼。

抗がん剤を投与しながらの勤務だった。

長い付き合いだったにも関わらず、意外に彼のことを知らないことに、逝ってから初めて気づく。

やりきれない思いが募る。

合掌

|

« WWF 国際サンゴ礁年 その2 | トップページ | OWS~海のトークセッション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/40468032

この記事へのトラックバック一覧です: 若死にするのは善人だけ:

» 抗がん剤その2 代謝拮抗剤17 − クラドリビン [抗がん剤を知る]
ペントスタチンと同様、主にヘアリーセル白血病に使用される抗がん剤で、メルカプトプリンと同じプリン代謝拮抗剤に属する薬品ですが、数ヶ月に及ぶペントスタチンの治療期間より短い期間の投与で済むことが、この薬品の特徴です。ヘアリーセル白血病に対してペントスタチンとほぼ同等の効果があり、特に欧米型と呼ばれるタイプの症例に対して高い奏効を発揮することが確認められていますが、反面、それ以外のタイプの症例では、若干効果が落ちることも報告されて�... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 23時44分

« WWF 国際サンゴ礁年 その2 | トップページ | OWS~海のトークセッション »