« 激寒 | トップページ | TBS番組に会津若松激怒!!! »

2008年3月23日 (日)

アクアマリンふくしま~古谷千佳子トークショー~

Iwaki01 アクアマリンふくしまに泊りがけで行ってきた。

福島にいる間に実現できなかったアクアマリンの見学が目的、というのは嘘じゃないがホントでもない。

古谷千佳子のスライドトークショーを観るため。これが本当の理由。

13時からの開演に丁度よく間に合い、開演直前に本人と話もできた。
先日の品川のイベントがキャンセルになったのは、親族の不幸だったとのこと。
相変わらずとても可愛い人なのだが、ここのところのハードスケジュールのせいか、やや疲れ気味のようだった。

スライドショー自体は、水族館職員の器材操作が全くなっておらず、ややフラストレーションが溜まる進行だった。それでもここの館長がナイスなフォローで場をしらけさせず、訥々とした語り口調ながら非常によい味を出していた。

ところでこのアクアマリンふくしまだが、噂通りの非常に面白い水族館だ。

展示にもあれこれと工夫がされておりとても楽しい。
バックヤードツアーを始めとする企画ものも、常設を含め非常に豊富で、体験型の楽しみ方だけで一日潰れそうだ。

何より出色なのは、敷地内に水田・川といった淡水系の環境と干潟・磯・砂浜といった海水系の環境が再現されていて、そこで直接遊べることだ。

それくらい敷地もゆったりとしているので、子供づれなら間違いなく一日潰せるだろう。

Iwaki01_3 笑えるのはおみやげ品。ここはとにかくシーラカンスを“売り”にしているらしく、お土産もシーラカンスづくし(笑)。

左の写真は皮細工のシリーズだが、ぬいぐるみもせんべいもクッキーも、ノートやペン、タオル・Tシャツに至るまで、全部シーラカンス(笑)。

Iwaki01_2 もちろん他のものもあるのだが、オリジナリティ豊かなものが多く、来館記念にはもってこいだ。

写真はサカナの箸置きだが、“アジの開きの箸置き”なんてのは、なんともユーモラスだ。


Iwaki01_1 「期間限定」で登場したのが、“シーラカンスのたい焼き”(笑)

はたしてこれがシーラカンスに見えるかどうかはご愛嬌だが、発案は館長らしい。
こんなアイデア、いいよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて、初日はここで終わり。翌日も行くつもりだったが、見るべきものはしっかり見たし、さすがに2日連続でトークショーもストーカーっぽい(笑)と思い、白水阿弥陀堂、いわき市石炭・化石館、三崎公園・マリンタワーを観て回った。

白水阿弥陀堂は国宝、安置されている阿弥陀如来象は重文だそうだが、仏像をしっかりじっくり見学したのは何年ぶりか?とても新鮮で、たまにはこんなのもいいな、と思う。

Iwaki02 『いわき市石炭・化石館』、なかなか侮れない資料館だ。石炭の町と言う事は知っていたが、この近辺でこれほど多くの化石が出土していたのは知らなかった。
恐竜の復元模型も数多く展示されていて、男の子なら喜ぶだろう。炭鉱の擬似坑道も興味深い。




Iwaki03 そして最後は『三崎公園・マリンタワー』。ここはアクアマリンからも見えるのだが、行ってみると広大かつアップダウンのある敷地の中に、多目的広場やデイキャンプサイト、ビーチまで抱え、体を動かして遊ぶには良さそうな場所。
その一画に唯一の有料施設であるマリンタワーがあるのだが、これは正直、いかがなものか?といったカンジで、海抜100mから周囲を眺めるだけって代物だ。

ここよりもむしろ、断崖の先端にある潮見台の方がよっぽど迫力がある。海に向かって突き出て、宙に浮いたような状態で海面を見下ろすわけだ。

Iwaki03_1 ここの展望台にはなぜかこんな鍵がいくつも付いていた。

微笑ましい・・・









今回の最大の収穫はコチラ!!Iwaki01_4

|

« 激寒 | トップページ | TBS番組に会津若松激怒!!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/40617507

この記事へのトラックバック一覧です: アクアマリンふくしま~古谷千佳子トークショー~:

« 激寒 | トップページ | TBS番組に会津若松激怒!!! »