« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

カンガルーカップ

きょうは絶好のテニス日和。

カラリと晴れて風もなく、気温も24度、かといって湿度は高くなく、要はテニスに限らず何をするにしても格好の行楽日和だった。

今日はいつものサークルではなく、会社の仲間からの誘いで浦安まで。
普段と違う相手と組んだり対戦したりと言うのは、なかなか新鮮なものだ。

好天の下でよい汗をかいて過ごした。

さてテニスの話題ついでに、伊達。

岐阜で4/27~5/4の日程で行われている「カンガルーカップ国際女子オープン」にシングルス/ダブルスで出場。

シングルスはなんと予選からの出場である。

その予選第1Rでの対戦相手は高校生。1セットを取られると言う、ちょっと驚きの結果だったが、その後は危なげなく本戦入りした。

それにしても初戦の相手、高校生は伊達を知らなかったと言うから、時代は変わったものである。その女子高生の憧れの選手はシャラポワだそうだ。

伊達が現役だった頃、日本は世界の女子テニスでも屈指の強豪国、と言ったら言い過ぎか、でも強豪国の一角に名を連ねていたことは間違いない。

伊達や沢松、杉山らはその頃の中学生や高校生の憧れの(目標の)選手だった。

今、日本にそんな選手がいるだろうか?

伊達が老体に鞭打って(笑)復帰を決断したのは、こんな背景もあるかもしれない・・・などと考えてしまった。

その復帰第1戦のカンガルーカップ、本戦の1Rの相手はなんと藤原里華だ。実績から言えば格が違うとは言え、そう簡単には勝たせてくれないだろう。

QFが最大のヤマ場かもしれない。おそらく相手は中村藍子、強敵である。

決勝に進出できれば、相手は多分タナスガン。往時の勢いは失ったとは言え、世界レベルの中堅どころをキープしていた選手だから、これはなかなかの好カード。

「サーキット」と呼ばれる下位レベルの大会がこれだけ注目されるのも、ひとえに“伊達効果”。

それこそ、これに触発されて日本女子がレベルアップすれば万々歳である。

| | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

沖縄旅行

帰還

長期休暇で初めて離島に行かず沖縄本島で過ごした。

帰ってみると、案の定公私共にやらなきゃいけないことが山積み。

なので、かんたんに一挙に写真公開(笑)

0804_1 0804_2

以上がダイビング。もちろんこのほかにも撮影はしたが、 あんまりここで公開するとHPのネタ切れになるので(笑)

で、あとは陸の写真ばかり。 

0804_3 前からやってみたかった、ガラス工芸。

0804_5 こちらは陶芸。これがなかなか面白い!

 0804_6  

 こんなのも造ってみた。

0804_4

カラハーイでTinkTinkのLIVEを堪能。あずさちゃん、カワイイっ!

0804_7 比謝川の鯉のぼり祭り。これがなかなか壮観。

| | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

体験三昧

体験三昧
沖縄に来ている。今回は細かいことは一切決めないままの滞在。
通い始めて8年目にして初めてダイビングをメインとしない旅行だ。
てなわけで、潜ってない日は"おのぼり観光客"よろしく、各種の体験型メニューを総ナメ(笑)
で、吹きガラス体験で作ったのがコレ。

| | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

一晩寝たら

ようやく今週も終わった。

直行直帰が続いて、案の定きょうは残務処理に追われた。

今週中に片付けようとした用件のいくつかは、結局休み明けに持ち越し。

自分ひとりが残業したところで、関係者がいなけりゃ同じこと。このすれ違いを避けるべく今月頭から注意を払ってやってきたつもりだったが、詰めが甘かった。

仕事上で絡む第三者、必ずしも同じ“温度”とは限らない。わかっていたはずだが、改めて“温度調節”の難しさを思い知る。

業務ルールすら確定しない不確かな組織の中では、これまでの経験値以上の配慮が必要か・・・

自分にも非はあるが、なんとなく割り切れない。

・・・となんだかんだ考えたところで、ダメなものはダメ。

スパッと割り切って帰ることにした。きょうは久しぶりの顔ぶれで飲み会。一人はこの3月に退職した女性。

気心知れた連中と楽しく飲んで食べて、帰宅したのは日付が変わってから。

さて、明日は今年初めての南下だ!

思いっきり羽根を伸ばしてこよう。

| | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

Wilkinson ジンジャーエール

ここのところ、本当に一週間が早い。

金曜日、品川の成城石井で例のジンジャーエールを買って帰った。

Wilkinson 2種類あるのは知らなかった。当然2本購入。

早速飲んでみたが・・・

“黒ラベル”がまさに追い求めていた味(大袈裟な・・・)
“赤ラベル”は普通の、つまりカナダドライ社のものと同じ味だった。

まぁ、こんなことでもしないと、気が滅入ってやってられないのだ、今は。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

直行、直帰が多いせいか、たまに社内にいると、遅々として進まない業務にフラストレーションが溜まる。

今は本当に外でユーザーと会っていた方が楽しい。ユーザーと向かい合っている時は、自分でも頭がめまぐるしく回っている事がわかる。

もちろん社内で頭を使っていないというわけではない。むしろ社内の方がある意味、頭と気を使っている。しかしこれが疲れるのだ。

組織の枠組みの中で動く以上、気を使うのは当たり前だが、それも程度問題。
今の社内での頭の使いよう、気の使いようは決して普通じゃない。

だから、商談が終わり会社に戻る時の足取りがどうしても重くなるのだ。

やることは山ほどあるから、忙しい。
金曜日になると「やっと休みだ」とホッとする反面、「この一週間の成果はどうだった?」と自問してげっそり・・・

この繰り返しが今年に入ってから延々と続いている。

これまでも考えうる限りの対策や協力依頼は出してきたし、いつかよくなると信じたいが、今のところこれといった前進がない。

同じ境遇の課のメンバーも半ば諦め顔だ。これはこれで組織としてはマイナス。

改善の成果が現れるまで、果たして我々の神経が持つか・・・

| | トラックバック (1)

2008年4月 6日 (日)

全日本選抜体重別選手権、そして伊達

昨日今日と、柔道の全日本選抜体重別選手権、北京代表選考を兼ねた大会。
柔道は男子も女子も、国内も国際大会も面白い。今大会も大波乱あり、復活劇ありで息の詰まるような試合が多かった。

さて大会終了後に発表された五輪代表及び代表候補は次の通りだ。

--------------------------------
【北京五輪代表、代表候補】
 階級  選出       優勝
--------------------------------
 60kg 平岡拓晃     平岡拓晃
 66kg 内柴正人     内柴正人
★73kg 金丸雄介    金丸雄介
 81kg 小野卓志     小野卓志
 90kg 泉 浩        泉 浩
100kg 鈴木桂治     鈴木桂治
~~~~~~~~~~~~~~~
★48kg 谷 亮子     山岸絵美
★52kg 中村美里    中村美里
★57kg 佐藤愛子    松本薫
★63kg 谷本歩実    上野順恵
  70kg 上野雅恵     岡 明日香
★78kg 中沢さえ     穴井さやか

★は五輪出場枠を獲得している階級
--------------------------------
階級によってはまだ出場枠が確保されていないため、この時点では「代表候補」ということらしい。

まぁ、それはたいした問題じゃない。
問題は女子の選出の不透明さである。

全く同じ主のことを、丁度一年前にも書いているが、日本柔道連盟はまた同じことをやった。

女子の欄、今大会の優勝者と選出された選手を比較してみて欲しい。

一致しているのは、52kg級の中村だけである。
上野雅恵や中澤にいたっては、決勝にすら進めなかったのに、である。
つまり、女子は「優勝しても代表に選出されない」のだ。

一方、選出された理由はお決まりの“実績”。
しかし、連盟が自らの手で、こうも若手の飛躍のチャンスを公然と潰しているのであれば、今回優勝した選手たちは、いつ“実績”とやらを積めばよいのだろう?

まったく、バカをやるにもほどがある。
以前、マラソン代表選考の不透明さを糾弾されたのは陸連だったが、柔道連盟は陸連以上の伏魔殿だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、伊達、である。

突然、復帰宣言!

彼女ももう37歳。どう頑張っても体力的にはピークを過ぎている。

先日のエキシビジョンが引き金となったらしいが、う~む、この選択はいかがなものか・・・

今の日本女子テニスの惨状を見るに見かねて自ら腰を上げた、という部分もあるらしい。

が! 37歳の伊達に何ができるだろうか?現役選手としてやれることよりも、日本テニス史上最高のプレイヤーとして後進の指導にあたる方が、やれることは多いのではないかと思う。

かなりの伊達ファンだった私にしてみれば、森田あゆみあたりの若手に翻弄される姿を見たくない、という気持ちもある。

いずれにしても、11月の全日本に参戦するらしい。

少なくとも集客には貢献しそうだが・・・

| | トラックバック (2)

2008年4月 5日 (土)

食への冒涜

今日の陽気とも、テニスとも、何の関係もない話だが・・・

最近、やたらと「大食い」自慢が流行っているが、そもそもあんなものをTVの電波に乗せる価値があるのか?

ギャル曾根という薄気味の悪い、実に不潔なタレント(?)がいるが、単に大食いなだけでほかに何の芸があるというのか?

彼女の食べ方は、見ていて本当に不快。実に下品で汚らしい。
あんな輩に高価なものを食べさせる必要などない。

大食い自慢の番組などに出てくる素人も、押しなべて下品。

これらの番組は量だけでなく時間も競わせているからなおさらなのだろうが、私の経験から言っても(私の周囲の人間を見ても)、大食いかつ早食いの連中は、一緒に食卓を囲みたくないくらい、その食べ方が汚い。

またその一方で、とにかく量の多さだけを誇るメニューも頻繁に紹介されるが、これまた何の意味があるのだろう?

普通に考えれば、とても1人で食べきれないような量のメニューを出して、その食べ残しはどうするつもりなのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~

せっかくの料理を、味わうこともせず、ただただかき込む愚かさ

食べきれない、たとえ食べきれても味わうどころじゃない量のメニューを考案する愚かさ

「食」は文化だ。もっと真摯に、謙虚に向かい合うべきじゃないだろうか?

| | トラックバック (0)

花見ラストスパート

きょうも小春日和の好天。

テニスコートの裏は花見客でいっぱい。

Sakura02

  というわけで、今日もカメラ片手にコートへ。

ちょっと変化をつけたかったので、こんな写真。

Sakura03 そして逆光で撮ってみた・・・

そろそろ終わりに近づいた桜の見頃とあって、午後は緩やかな風に見事な桜吹雪が舞った。

まさしく、“桜吹雪の中”の、かなり贅沢なテニスとなった。

Sakura01_2 きょうはこんなイメージの一日。

| | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

エイプリル・フール

きょうはエイプリル・フール。

そんなことで大騒ぎしなくなったのはいつ頃からだったろう?

今の小学生は、今日という日を楽しんでいるんだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてきょうは新人が街に溢れる日。

今朝も駅には明らかにそれとわかる一群が・・・。

桜もなんとか散らずに残っているし、少々風が強いこと以外は、新しい門出を祝う日にはふさわしい陽気。

はるか昔の我が身を思い出した・・・

~~~~~~~~~~~~~~

桜と言えば、昨日は雨で今日は強風。

今度の週末までもたないかもしれない。

会社の前にも数本の桜が、ビルの谷間で頑張って花を咲かせているが、この風景は普通のものとちょっと違う。

ビル間を空中廊下(ペデストリアン・デッキと言うらしい)が走っているのだが、ココを歩いていると、自分の目線と同じ高さ、もしくは眼下に見下ろすような形になるのだ。

花見というと桜の木の下、つまり見上げるスタイルが常。

そして桜というのはよくできたもので、下に向かって開花するから、この伝統的な「花見」のスタイルと言うのは、ある意味非常に理にかなっているわけだ。

それを眼下に見るというのは、正に現代だからできるのだろうし、違った角度から見る桜も、これまた一興である。

さて、会社の前の桜、高層ビルに囲まれたその姿はちょっとした趣がある。毎年、写真を撮ろうと思いながらも実現できずにいる。

今年もどうやら同じ轍を踏みそうだ・・・

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »