« 伊達2冠ならず | トップページ | 4月の新作 2発 »

2008年5月 5日 (月)

シネマ評~紀元前1万年

GWには遠出をしない、これはこの15年ほど変わらない過ごし方だ。

とは言っても何もしないのはつまらないので、映画を観に行くことにした。

カミさんとである。

カミさんと2人で映画を観に行くなんて、ボディガード以来だから、一体何年ぶりだろう・・・?(15~6年ぶり!)

もちろん、罪滅ぼしだ。

今回の映画に限ったことではない。沖縄・八重山旅行にしても、昨年から2人で行くことにしたのも、罪滅ぼし。(当然、先月の本島長期滞在も、である)

で、「大いなる陰謀」と「紀元前1万年」のどちらにするか迷ったのだが、肩の凝らないものと言う彼女のリクエストで「紀元前・・・」にした。

ネタばれになるので多くは語らないが、いやぁ~久々の大失敗である。

予告編に見事にしてやられた。これほどまでに期待はずれだった作品は、レンタルでもそうそうない、、、というくらいヒドイ。
ま、そういう意味では、非常に巧妙な、良くできた予告編だと言えるが・・・(笑)

何を言いたいのかさっぱりわからない。
映像はそれなりに迫力があったりするのだが、時間にすればごくわずかだし、酷な言い方をすれば、この程度の迫力は今や常識の範囲。

勧善懲悪にしては“悪”があまりにあっさりやられ過ぎるし、ラストで主人公の恋人が生き返っちゃうってのも、あまりに安易。

なんだ、こりゃ???

これが正直な感想。

いや~~ 損した!

どうも、彼女と観に行く映画はハズレが多い、、、と言ったら怒られた(苦笑)

|

« 伊達2冠ならず | トップページ | 4月の新作 2発 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~紀元前1万年:

« 伊達2冠ならず | トップページ | 4月の新作 2発 »