« 激寒 | トップページ | シネマ評~ブレイブ・ワン »

2008年5月22日 (木)

シネマ評~バンテージポイント

いや~ 大分サボってしまった。
特に理由はない、単に気分が乗らなかっただけのことなのだが・・・

巷では様々な話題が溢れているが、今日はとりあえず映画の話。

ちょっと古い話になってしまうが、『バンテージポイント』である。

あの『LOST』の主人公ジャック役のマシュー・フォックスが主役級で出演している。
大統領暗殺事件を目撃した、年齢・性別・境遇が違う8人の記憶がフラッシュバックでリプレイされると言う、ちょっと凝った趣向の作品。

この予告編に見事に乗せられて、わざわざ劇場まで足を運んだ。

で、感想・・・

構成に凝り過ぎて本末転倒・・・

確かに視点は面白いし、映像もなかなか見応えはあるのだが、「大統領暗殺」を軸に8つのストーリーが単独で進行しているような印象を受ける。

これらが微妙に絡み合ってこそ、ストーリーとしての面白さが出てくると思うのだが、単発的なのだ。
おまけに、ストーリーが変わるたびに時間軸が戻るので、どうも落ち着きがない。

また、この事件の政治的・社会的背景の描写が不足しているために、ストーリーにリアリティや説得力がないのだ。

『ボーン・アルティメイテッド』や『キングダム』を観てからだと、決定的に物足りなさが残る。
劇場まで足を運ぶほどではない。レンタルで充分である。

|

« 激寒 | トップページ | シネマ評~ブレイブ・ワン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~バンテージポイント:

« 激寒 | トップページ | シネマ評~ブレイブ・ワン »