« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

旅の恥

イタリアのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂が受難だ。

トラブルの元は日本人観光客。

まず2月、岐阜市立女子短期大学の学生が、見晴らし台の大理石の壁に、油性マジックで落書き。ご丁寧に自分の名前や学校名まで書いたらしい。

日本人観光客からの連絡によって発覚。学校側は教会側に謝罪文を送り、学長が学生に口頭で厳重注意したという。

さらに、3月には京都産業大の男子学生3人が、大聖堂最上階の柱3ヶ所に、油性ペンなどで名前や「イタリア旅行記念」「京都産業大学」などと書いた。

こちらも教会に電話で謝罪、モラル向上のためのハンドブックを全学生に配るほか、この学生3人を14日間の停学処分にした。

コレだけでも充分噴飯モノなのに、今度は水戸市の私立常磐大高の硬式野球部監督がやらかした。

旅の恥はかき捨て・・・とは昔から言われることだが、これを「だから何をやっても許される」と曲解するムキが多過ぎる。

他人様の家に上がり込んで「落書き」という“痕跡”を残してしまったら、それは“書き捨て”ることにはなっても、その行為は決して“捨て”られないのだ。

ご丁寧に自分の所属や名前を堂々と書き残すあたりに、罪の意識の希薄さ、文化財への意識のなさ、幼稚さがうかがえる。

日本人のモラル云々の前に、いつから日本人はこんなに愚かになったのだろう?

そして今回の処分だ。

かたや「口頭で厳重注意」、かたや「14日間の停学処分」

はっきり言って、甘すぎやしないか?!

数年後にこの愚者たちが、かつての蛮行を得意気に周囲に話す光景が目に浮かぶ。

マスコミも、明確に器物損壊罪として実名報道すべきだ。

最後の野球部監督にどんな処分が下されるか、見ものである。何せ、この高校は夏の甲子園出場校なのだ。

30歳にもなって事の善悪すら判断が付かない輩を教職においておく必要はない。しかし、だからと言って「出場停止」はお門違いだろう。生徒には何の責任もないし、贖罪にも解決にもならないからだ。

中継の際に、監督を映すたびに「コレがあの事件を起こした本人です」と毎回紹介してやればいい。そうでもしなければ、自分のやったことの重大さはわからないだろう。

| | トラックバック (1)

2008年6月28日 (土)

連日

ようやく週末

今週は見事に毎日飲み会だった。

事業終息と無縁ではない。

以前同じ職場だった連中や取引先の人たちとか

もちろん同じ職場の連中も・・・

ありがたいことだ

“狙撃”の効果が現れるのはいつだろうか?

残る連中にはちょっとばかり知恵をつけた。

みんなの正義感に期待したい。

| | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

決断

がじゅまるが日を追って成長していることは、ここで何回か書いたが、実は今、もう一つの楽しみがあるのだ。

Herb それがコレ。バジルである。

確か清涼飲料のおまけ。せっかくだから、と言うわけで以前がじゅまるが納まっていた鉢に植えてみた。

ところがコレが予想外に元気に発育し、今やこんなカンジだ。

発芽後に株分け(?)したことも良かったのか、既に収穫できるまでになった。

そしてこのバジル、においをかいで見ると、正にバジリコの芳香がするのである(当たり前か)

いやはや、おまけだけど侮るなかれ。

この成長も楽しみなのだ。

さて、ここ1週間の風雲急を告げる状況も終息に向かいそうだ。

きょう、役員自らが説得に来た。1時間強、話し合った結果、今回の決定を受け入れることにした。
以前から知っている役員(私にとっては知己の先輩と言う感じだが)自ら頭を下げられちゃぁ、面と向かって無下に断るわけにも行かない。

交換条件を出した。人事課長も同席していたので、人事として明確な措置を打ち出すこと。
私の意向を受けて、その役員も動いてくれることになった。

何かが起こるだろう。

“狙撃”はある意味、成功したと言ってよい。

そして残る仕事は、止めを刺すこと。

そのために残った課長連中を団結させること。

組織として今取り得る最良の選択をするために、課長同士が協力して一歩を踏み出すことだ。

この根回しを完了させたら、心置きなくこの職場を去ることができる。

| | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

6.23 沖縄慰霊の日

きょう6月23日は「沖縄 慰霊の日」だ

あの辛酸を極めた沖縄戦を

我々は決して忘れてはいけない

沖縄人への差別意識

友軍の蛮行・裏切り

米軍の残虐性、横暴

「戦時下の異常心理」では済まされない

きな臭い昨今だからこそ

この悲惨で忌まわしい歴史を

決して忘れず正視していこう

| | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

サンゴ礁フェスティバル2008

きょうは昼前から雨。気温も下がって肌寒い一日だった。

Iyor_011 そんな雨の中、国際サンゴ礁年にちなんだイベント『サンゴ礁フェスティバル』に行って来た。場所は有明TFTホール。
こじんまりしたイベントだったが、基調講演あり、パネルディスカッションあり、ミニライブあり、参加型イベントありと、なかなか盛りだくさん。


Iyor_012 基調講演は立松和平と高砂淳二。Iyor_014_2

立松氏はともかく、高砂氏の講演は自身で撮った写真を交えての話で、とても聞きやすくわかりやすい内容だった。何よりその写真が素晴らしい。

以前立正大学のイベントで聴いた中村氏とは大きな違いだ。

Iyor_013 講演の後、りんけんバンドの照屋林賢&上原知子のライブ。これまたりんけんバンドとは違った趣で楽しめた。

展示ブースの方は、OWSやWWFと言った“大御所”から、地域に根ざしたNPOなど様々。

中でも興味を引いたのは、与論のグループのサンゴ増殖の活動。移植ではなく、サンゴの卵の着床を促進する小さな容器を設置すると言うもの。参加者はこの土台にメッセージを記し、後日ネット上でその後の様子を確認できると言うもの。

参加の形が「継続」できる、実感できると言う点で、とても面白い試みだと思う。

また、サンゴマップ実行委員会の活動も興味深いものだ。

全国の有志から情報を募り、日本のサンゴマップを作ろうというもの。参加者は自分が見たサンゴの場所や日時、状態を委員会に報告する。委員会ではその情報を日本地図上にプロットしていくのだ。

精密な地図にするには、多くのダイバーやシュノーケラーの協力が必要だ。この活動の認知度を上げることが成否の鍵だろう。
もしうまくいけば、経年変化も追跡できることになるのだから、これは非常に意義の高い活動となるはずだ。

パラオから来たグループは、サンゴの養殖基金を募っていた。

サンゴの苗を育て、実際の海に移植する。その苗や活動費として、1口500円の募金を募っていたわけだが、ちょっと素直に応じられない気持ちだ。
パラオの方ではサンゴの養殖がビジネスになっていると聞く。サンゴの保全とか海洋環境の保護といった純粋な意図だけではないものを感じる。

まぁ、いずれにしても、これだけ「サンゴづくし」のイベントも他にはあるまい。
肌寒い雨だったが、ちょっと知的好奇心を刺激される一日となった。

| | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

一か八か

18日(水)、事業の終息が決定される

19日(木)、事業計画のレポートを書いた輩を呼び出し、叩き潰す
関係する部署の責任者に、裏を取ると同時に意向を確認する

20日(金)、腹を据え、上位組織に直訴

~~~~~~~~~~~

やれるだけのことはやった

仮に自分の意向が受け入れられても、この行動は組織運営上、決して誉められたものではない

無傷じゃいられないだろう

しかし、こちらの無抵抗を疑っていない思いあがった連中に一矢を報いることはできるはずだ

倒れる時は相討ちである

なめてもらっちゃ困るのだ

| | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

過敏症と事なかれ主義

きのう、杉並区の小学校で、6年生の児童が校舎屋上の天窓から転落して死亡した。

今日の報道を見ていると、まず学校側の安全管理体制に問題が云々・・・

さらに販売業者のコメント

まるで、学校側が一方的に悪く、そればかりか販売業者にも責任の一端があるかのような報道の仕方である

さて、果たしてそうか?

近年は何か事故が起こると、「○○の安全管理体制」というのがお決まりのフレーズだが、今回の事故で言えば、あの天窓の上で飛び跳ねることの是非(危険)が、6年生に判断できなかっただろうか?

人間だって動物だ。危機i察知能力は備わっているはずなのだ。

しかし、今回の報道のように、管理者側を一方的に悪者にする風潮の中で、利用者はどんどん過保護に育てられ、結果「牙(危機察知能力)」を抜かれる羽目になっている。

危険に対する免疫を何も持たない人間が増殖しているんじゃなかろうか?

「管理体制」を云々する前に、むしろこっちの方が気になった。

翻って我が身の周辺・・・

ウチの会社は今月末を持って、社内からカッターを一掃する。

そう、どの家庭でも1~2本はある、あの“カッター”である。

危険だから、危険因子は未然に除去するのが妥当だから
安全な職場環境創出のために・・・

思わず失笑だ。

きっかけは何かわからない。
事故があったことは事実だろう。

しかし、である。

ここは幼稚園じゃない。

怪我をしたから使わない・使わせない  じゃないだろう。

怪我をしないように使うことを各自が気をつければよいことだ。

こんな低次元のことをもったいぶって決定し、全社通達とするなんて愚の骨頂である。

| | トラックバック (0)

人格破壊?

人生の岐路に立つような、
かなり重大な事実に直面しているにも関わらず、

EURO2008を観たり、お笑い番組を見たり

我ながら妙な精神状態にいる

とうとう 人格が破壊してしまったか?

それは大袈裟にしても、
最近ウチの会社でも増えているうつ病や睡眠障害は
こうやって発症してくるのかもしれない・・・
などと他人事のように考えている

真剣味がないわけではない

現実逃避か?
もしかすると、そうやって無意識に精神バランスを保とうとしているのかもしれない

こんなところで負けられない・・・これだけは確かである

| | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

一つの事業の終わり

これまで手がけてきた事業が終息を迎えることになった

まだ1年半である

確かに規模はまだ小さく、事業としてのうまみは少ない

しかしようやく現場への浸透も進み、案件もコンスタントに出てくるようになったところだ

ビジネスとして、どのような展開が図れるか、正にこれからが本番と言う時だった

経営の観点から止むを得ない部分もあるかもしれないが

それにしても結論を急ぎすぎてはいまいか?

ここに投資された人的・時間的資本は回収しなくて良いのだろうか?

いや、それ以前に、携わった社員のモチベーションは斟酌する必要なしなのか?

納得できない点が多い

今回の決定はさすがにへこむ

大幅な軌道修正が必要になった

組織も、私の残りの会社人生も

| | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

アキバ 通り魔 その2

事件後の時間の経過とともに、犯人にまつわる様々な情報が流されている。
中でもその生い立ちはちょっと気になった。

中学までは優等生。でも当人は限界を感じ始めていた。
高校は県下の進学校。優秀な生徒ばかりで、中学時代は「過去の栄光」に・・・

全く同じだ、私と(笑)

だからこそ言える
「だから、なんだ?!」

時代が違う、確かに。
でも時代のせいにするなよ。
みんな一度や二度の挫折は経験している。

這い上がるか
違う道を選ぶか
他人のせいにするか
しょぼくれるか

全て自由だ
自分の意志で決められる自由がある

生きるのが嫌になったら自分だけ去ればよい
他人を巻き込むことはない

自分の命を絶つ度胸すらないくせに
他人の人生を破壊するなんて
人間のやることじゃない

しかしこの手の人種はこれから増えることはあっても
減ることはないような気がする。
ということは、理解不能な殺傷事件は増えていくだろうし
犯罪にまで行かなくても、わけのわからん連中が跋扈して行く

自分の思い通りに行かないから、
つまらないから、他人を傷付ける
この短絡的思考こそ
TVゲームの影響だろう

あんなものは文字通り百害あって一利なし

既に一大マーケットになってしまった以上
それを生業としている人たちも多いわけで
簡単ではないことは百も承知しているが
DSだかPSだか知らないが、ゲーム機の類は
全てこの世から抹消されればいい

草も虫も動物も、スポーツすらも
バーチャルで体験してしまうような機器
それに慣らされた人種

彼らが作る社会って
どんな社会だろうか?

話はやや違うが、今流行の『エコ』
これもただのお題目
もしくはわずかな部分の自己満足に終わるような気がしてならない

土の感触を知らない、生物のぬくもりを知らない・・・
こんな連中がはびこる社会に
「エコ」「地球環境」を叫んでみても無駄だ

| | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

遂に優勝! 伊達、有明オープン

6/10~15の会期で開催されていた女子の『有明オープン』
またしてもシングルス・ダブルスのダブルエントリーだった伊達。
ダブルスは準決勝で敗退したものの、シングルスは決勝進出。
そしてきょう、その決勝は、6-3、6-2の完勝。1Rから失セット:0という圧倒的な強さで優勝!
今年4月の現役復帰以来、4大会目で初のシングルス制覇!

ところでこの『有明オープン』って何だ?と思って調べたら、2006年からスタートした新しい大会(知らないはずだ)。年に2回開催され、今回が5回目。
まぁ、国際大会とは言え、格の低い大会ではある。

それでも37歳と言う年齢に加え、4月から4大会、ダブルスもこなしながらということも考えれば、やはり「すげぇ!」と言える。

全日本が楽しみ~

| | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

ナダルV4

アキバの事件と競泳水着の話題で

日本じゃ片隅に追いやられてしまった感のある全仏男子決勝

確かに大声で語れない雰囲気ではある・・・

その決勝は、既にグランドスラム・ファイナルの定番カードとなってしまったフェデラーvsナダル

結果は6-1、6-3、6-0でナダルが完勝

数々の記録を同時に達成しての優勝である

このスコアを見てくれ

フェデラーはここまでクレーに弱かったか?

つまらんなぁ~

仮にナダルが、クレーでは絶対的な存在ではあるが、その他のサーフェスではそれほどでもない、、、なんて存在だったら、もう少し応援意欲も湧いて・・・来ないか、やっぱり

ノースリーブを止めたら考えてやってもいいぞ(笑)

    ~~~~~~~

“クレー・スペシャリスト”なんて言葉があった

その代表格が“鉄人”ムスターである

ナダルは、どう逆立ちしてもムスターにはなれないだろうな

それにしても、つまらん・・・

    ~~~~~~~

あまり知られていないようだが、全仏では引退した選手のいわゆる「シニア・トーナメント」も同時に開催されている

シュティッヒとかイバニセビッチとか、やたら懐かしい名前がドロー表に載っている

彼らの試合、“表”の試合を放棄してでも観戦したいものだ

そしてもう一つ、「ハンディキャップ・テニス」の代表的な種目である「車椅子テニス」も開催されている

こんな大会こそ、本当に魅力的だ

| | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

元ちとせの終焉

『ワダツミの木』で知られる元ちとせ

彼女の歌声を久しぶりに聴いた

デビュー作の衝撃は忘れていない

その後に発表されたシングルもアルバムも(メジャーデビュー前のインディーズ時代のものも含め)、買い漁ったものだ

奄美民謡の歌い手として鍛えられた裏声は、彼女の特長であり武器だったと思う

ところが、である

今夜聴いた『ワダツミの木』(NHK総合での放送)は、全く逆の意味で驚きだった

とにかく酷い

声量は全くない

裏声はぶれる

それ以前に音程そのものが定まらない

声量のなさや音程の不安定さは、倉木麻衣並みだ

音程が狂う時点で、もう歌手じゃない

もともとLIVEのパフォーマンスには、以前から首を傾げていたのだが、今夜の歌(生放送)を聴いて、よくわかった

どんなに恵まれた才能でも、日々の鍛錬を怠ればこうなると言う見本のようなもの

「元ちとせ」は終わったのだ

| | トラックバック (0)

アキバ 通り魔

何ともやりきれない陰惨な事件

既にTVの速報やネットで流れているが、きょう白昼の秋葉原で起こった通り魔事件

クルマではねた挙句の無差別殺人

どうやら警官も巻き込まれたらしいが、取り押さえられた後、調べにも冷静に対応できていると言う。薬物反応も出ていないと言うから、明確な意志の下の凶行だったわけだ

しかしこれで被害に遭った人たちはどうなる?
多分 泣き寝入りだろう

こんな狂人も「人権」とやらで裁判を受けることになる
その間の飲み食いは税金だ

毎度のことながら、被害者の「人権」は蹂躙されたまま・・・

先日の川越で起きた発砲籠城事件も、犯人は強盗殺人の重犯者
過去に2度も強盗殺人で服役し、更生も改心もしなかった

この間のコイツの生活にかかる諸経費、これも税金である

犯罪被害者の権利が、以前よりも社会の耳目を集めるようになったとは言え、こうも蹂躙されるのでは、この国は税金で犯罪者を養っていると言われても仕方あるまい

| | トラックバック (0)

Roland Garros その2

イヴァノビッチが6-4、6-3で勝ったようだ・・・

| | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

Roland Garros

全仏オープンの決勝のカードが決まった。

男子はフェデラーvsナダル、お馴染みのカードである。

新味がないのも確かだが、ナダルにとってはいくつかの記録がかかった決勝戦となる。

まず、4連覇。それと同時に全仏での連勝が28、ストレートで勝てば大会を通じて失セットなしでの優勝。

どれもあのボルグと並ぶ記録となるわけだ。

まぁ、個人的には「フェデラー頑張れ」なのだが(笑)、いかんせん、ナダルのあのノースリーブが気持ち悪い。

あの濃い目の容貌と相まって、“ヴィレッジピープル”に見えてしまうのは私だけか?

女子は イヴァノビッチvsサフィナ。

イヴァノビッチは順当と言えるだろう。準決勝のヤンコヴィッチ戦がやはり最大のヤマ場だったようだ。

対するサフィナ。番狂わせ、と言っていいのではないだろうか?

4Rでシャラポワを破って勢いに乗り、QFでディメンティエワ、SFでクヅネツォワという並み居る強豪を倒しての決勝進出である。

この勢いを決勝戦まで持続できるか、勝てば当然嬉しい初優勝となる。

French Open 2008のオフィシャル・サイトのライヴスコアによると、今この時点で第1セットはイヴァノビッチが6-4で取り、第2セットも先にブレイクしたようだ(3-2)。

女子は「どちらも頑張れ」である(笑)

いずれにしても、エナンが戦線離脱した今大会で、あの猿人姉妹が揃って3Rで敗退したことは喜ばしいことだし、以前ほどの圧倒的パワーは失われてきているかと思うと、嬉しくてたまらない。

シャラポワの試合はなぜか非常につまらないから、ここはイヴァノビッチやヤンコヴィッチ、ディメンティエワ、サフィナらに頑張ってもらって、観ていても面白いテニスを展開して欲しいものだ。

|

2008年6月 5日 (木)

ダウン

やられた

風邪である

前兆を甘く見た

日曜までに完治しないと、来週はだるいとか熱があるなどと言ってられない

あぁ やばい

| | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

川越発砲立てこもり

昨日のことになるが、川越で発生した「現金強奪・発砲・立て籠もり」という事件。

犯人が自殺してあっけない幕切れとなったが、なんとも奇妙な事件と言う印象を受けた。

相方は素性もわからぬネット上で募集した相手

緻密さのかけらもない強奪、逃走、立て籠もり

途中、クルマから出て警官隊を威嚇したり、現金をばら撒いたり・・・

まるで映画の1シーンを真似ているかのようだった

犯人は、生きることなど、もうどうでもよくなっていたんじゃなかろうか?

警官を挑発したのも、無防備に体をさらしたのも、実は射殺して欲しかったんじゃ・・・?

だからあそこまで挑発した、本気で逃げなかった、相棒を解放した・・・

それでも警官が何もしてこないから、自分で自分を撃つしかなかったんじゃないか?

それにしても、8時間もかかって結局逮捕できなかったというのは、どんなに釈明したところで、もたついたという印象は拭えない

周囲に累は及ばぬように最大限の努力を・・・云々

言い訳にしか聞こえない

犯人が車外に出ていた時、故意とも思えるくらいの無防備さだった

本気で逮捕する気があるなら、あのタイミングで腕なり足なりを狙撃すればよかったはず

あそこまで挑発されても、手も足も出さないからなめられるのだ

ダーティー・ハリーなら とうに射殺してるぜ(笑)

| | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »