« 結婚記念日 | トップページ | 好敵手 »

2008年7月 6日 (日)

女子テニス界の憂鬱

ウィンブルドン女子決勝

カードが決まった時点で全く興味を失っていた

どうでもいい

この2人が復活してきたことは、女子テニス界にとって決してプラスではない

エナンの引退が今さらながら痛い

私がなぜあの姉妹をここまで毛嫌いするかと言うと、それはただ一つ

“美しくない”からだ

姉の方は異様なまでに長い手足を、本能のままに動かしているだけ、まるでクモザルが暴れているような印象だし、

妹はとにかく力任せにぶっ叩いているだけで、ゴリラが暴れているようだ

人種差別と思われるのは心外だから言っておくが、彼女たちが黒人か否かは全く無関係である

かつて芝を得意とした、サーブ&ボレーを基本スタイルとする黒人女子プレーヤーがいた

今、名前がどうしても思い出せないが、彼女の美しいバックハンドのスライスとボレーを撮りたくて、有明のコートに張り付いていたこともある

肌の色の問題ではないのだ

強すぎる故の“アンチ”か? ・・・これも違う

全盛期のナブラチロワ、グラフ、ヒンギス

かつての女王たちも、時に傲慢とも取れる態度を見せたし、現に全盛期のグラフやヒンギスを私は嫌いだった(ヒンギスは今でも大嫌いだが)

しかしそれでも彼女たちのプレイの「引き出し」の多さや駆け引きの巧さ、何より美しいフォームは、好みを超えて鑑賞に堪えうるものだった

徹頭徹尾ネットプレイを貫いたナブラチロワ

抜群のコントロールで試合をもコントロールしたグラフ

正確かつ多彩なショットでパワーテニスに対抗したヒンギス

彼女たちのゲームは面白い

テニスの奥の深さを見せてくれるからだろう

あの猿人姉妹には それがないのだ かけらも・・・

とにかく力任せにひっぱたくだけ

類稀なる身体能力は認めるが、駆け引きもクソもない

スピードとパワーで相手をねじ伏せるだけ

そんな2人が対戦したところで、何の興味があるだろう

いやはや、誰か何とかしてくれ

|

« 結婚記念日 | トップページ | 好敵手 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/41757643

この記事へのトラックバック一覧です: 女子テニス界の憂鬱:

« 結婚記念日 | トップページ | 好敵手 »