« 女子サッカー・女子ソフト | トップページ | お台場冒険王 »

2008年8月24日 (日)

五輪雑感 その2

北京オリンピックが終わった。

ちょっとズレた話題になるが、トラック協議の最後を飾る男子100m×4リレー。

予選からバトンミスなどのアクシデント、番狂わせが相次ぎ、強豪のアメリカ・イギリス不在での決勝戦。

ジャマイカの独走は別次元として、日本の3位は素直に拍手を贈りたい。

アメリカ・イギリスがいなかったからだ、と評する向きもあるが、千載一隅のチャンスをものにした事実は賞賛に価すると思う。

何より、メンバーのコメントが泣かせる。

  • 先人(とは大袈裟だが)が築いてきたものの上に自分たちの結果がある
  • これが最後のオリンピックとなる朝原のために走った

このコメントを聞けば、チームとしてのまとまりを感じずにいられない。

まさに全員で獲得したメダルなのだろう。

いや、ほんとに、ヨカッタ、ヨカッタ

今回好成績を収めた選手たちを見てみると、非常に強いモチベーションがあることに気づく。

それも「記録に自分の名を刻む」と言うような、自分のためではなく、競技をメジャーにしたいとか、支えてきてくれた人たちとか、日本と言う看板とか・・・

是非はともかく、誰かのために戦うと言うことがどれだけ強いモチベーションになるか、そんなことを思わずにいられない。

惨敗した種目の選手たちに、この気持ちがあっただろうか?

いや、はっきり言えば、男子サッカーと野球である。

まぁ、もうどうでもいいが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで今朝、何気なく例のバジルを見てみると・・・

Herb01 「花」である。

バジルの花は初めて見たが、白くて可憐な花だ。

元はと言えば清涼飲料のおまけ。それでもこれだけ立派に育つってことか。

さて、開花はイイが、この後どうしたらよいのかがサッパリ。誰かご存知の方はいないだろうか?

たまごちゃんあたりに聞いてみようか?いくらハーブ嫌いと言っても、要は花の育て方だから、ひょっとするとしっているかも・・・

Gaju04 それから、既に2年が経過したがじゅまる。

こっちはこの夏でまたさらに大きくなった。まさに「スクスク」といった感じで育っている。

根っこの方などはこの通り。

既に古木の風格(笑)

これだけ育てば、もう冬枯れの心配もないだろう。

|

« 女子サッカー・女子ソフト | トップページ | お台場冒険王 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪雑感 その2:

« 女子サッカー・女子ソフト | トップページ | お台場冒険王 »