« 五輪雑感 | トップページ | 女子サッカー・女子ソフト »

2008年8月20日 (水)

サッカー ウルグアイ戦

サッカーA代表「キリン・チャレンジカップ」   vsウルグアイ

いやぁ~ またやってくれた A代表

絶好のチャンスにシュートを打たず、ご自慢のテクニックを披露したかったのか、切り返しをした途端にボールを奪われた玉田

なでしこならば、体ごと突っ込んだであろうゴール前のボールに、お慰み程度に足を伸ばしただけの田中

ゴール正面、前にDF1人という局面で、横にボールをはたいた小野

・・・・

毎度のことながら、フラストレーションがたまるだけの試合だった

結果は1-2

日本は1点も獲れなかった・・・「1」はウルグアイのオウンゴールなのだから

彼らは一体何をしたいのだろうか?

がむしゃらに、ひたむきに、ただただ「勝ちたい」と思わないのか?

五輪女子サッカー、先日の対アメリカ戦

結果は2-4の完敗 まさに“ボコボコに”された

それでも、きょうの試合のような不快感は残らない

なぜなら、一丸となって攻め、守り、とにかく最後の最後まで食らい付いて行こうと言う気迫が、彼女たちのプレイからはひしひしと伝わってくるからだ

事実、後半は運動量が落ちたとは言え、最後まで良く走っていたし、男子のように停まった状態でパスを受ける場面などほとんどなかった

この粘りと気迫が、最後の最後、ロスタイムでの加点につながったことは疑う余地がない

4-1の大量リード、試合時間残り1~2分

アメリカに気の緩みがあったから、と言ってしまえばそれまでだが、最後のホイッスルが吹かれるまで走り続ける気持ちの強さが、今の男子チームにあるか?ギリギリ土壇場で得点したことがあったか?

五輪代表、A代表ともに、リフティングでもしてろ!

|

« 五輪雑感 | トップページ | 女子サッカー・女子ソフト »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー ウルグアイ戦:

« 五輪雑感 | トップページ | 女子サッカー・女子ソフト »