« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

送別会

早いもので9月も終わり。

最終日の今日、打ち上げを兼ねてというわけでもないが、とある人物の送別会。

志を持って独立を決行した若者である。

当然円満退社なのだが、それにしても思い切ったものだ。

実際、不安でいっぱいであろう彼の胸中を推し量ると、改めてその勇気に拍手を贈りたい。

「ビッグになる」

最近はすっかり死語のように耳にすることもなくなったこんな大口を、彼は最後の挨拶で言ってのけた。

不安を押し殺して、多少の虚勢があるにしても、

こんな大口を叩く若者がいたっていい。

そんなに甘くないぞと言うのはカンタン。

当人だって決してそんなことは思っていないだろう。

覚悟を決めてのこの一言に、

素直に、心から、応援したい。

頑張れ!若造!!

| | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

今日この頃

Bean01 台風の影響か、今日は朝から雨。

しかも相当寒い。まるで秋のようだ。

自分の思惑とは裏腹に、抗えない力で“ゴロリ”と変わりつつある環境。

どうにも抜き差しならぬ状況になりつつある。

吉と出るか、凶と出るか・・・

考えても仕方ない、なるようにしかならない

そう考えてみても やはり・・・

わずか半年ほど前の、今年中に実現しようとしたあの計画は

どうにも怪しくなってきた

これまでにないような やり場のない不安

淡々と粛々と

それしかないか・・・

Bean02 ※写真は、この夏植えた豆

これも何かのおまけだった

つるばかり伸びて・・・と思っていたら花が咲き、そして実がなった

ホントに豆である(笑)

| | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

温泉♨

急に思い立って、この土日、温泉に行ってきた。

場所は鬼怒川。

箱根や伊豆はなんとなく避けたかったし、那須は駅からのアシが問題(クルマがないとどうにもならない)、日光は人が多そうだ・・・てなわけで鬼怒川。

東武特急スペーシアに初めて乗った。特に驚くほどのことはない有料特急だが、個室があるのは面白いかも・・・

さて鬼怒川温泉、駅から徒歩圏で数多くの旅館・ホテルが固まっていて便利は便利なのだが、思ったより鄙びて、と言うより寂れていて、閉館になったままの無残な姿をさらしている旅館もチラホラあったりで、ちょっと心配になってしまった。

Kinu03 それでも休日らしく、ライン下りとやらは盛況。

Kinu01 こんな渓谷を下っていく。特に珍しいものではないし、天竜川のような急流下りの醍醐味はなさそうだが、それでも視点が変わると景色も違ってくるだろうなぁ、などと思いながら見物。

温泉地らしく、ところどころに足湯があって(駅前広場にも)、通りすがりの観光客が休憩している光景は、それなりの風情を醸し出している。

夏休みでもなく、紅葉の季節にはちょっと早いこの時期、観光としては中途半端であることは違いないだろうが、なんとか頑張ってほしいもんだ。

Kinu02 肝心の温泉、これは宿にもよるのだろうが、今回使ったところはなかなか良かった。

ちょっと凝った造りになっていて、大浴場だけでもなかなか良かったし、露天風呂が隣接していてこれもまた良し。

貸切露天も4つあって、ちょっとのぞいた限りではこれまた風情たっぷり。昼間も夜もゆったりできそうな雰囲気だった。

東京ですらそろそろ秋の気配だ。鬼怒川も夕方になると気温がぐんと下がって肌寒い。

Kinu04 紅葉にはまだちょっと早いようだが、公園にはしっかり秋の虫。

紅葉の時期に再訪したいものだ。

| | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ねんきん特別便

話題になっていた「ねんきん特別便」が我が家にもやってきた。

まぁ私の場合は新卒で今の会社に入社以来、一度も転職をしていないわけだから、記載されているのは1行。

勤務先名称と資格取得年月日=入社年月日をチェックするだけなので、間違えようがないのだが、、、

「このお知らせの見方については、リーフレットをご覧ください」

このリーフレットとやら、図解で一見わかりやすそうだが、肝心なことが書かれていない。例示された記載も、突然意味不明な数字が出てくる。

これじゃじいちゃん、ばあちゃんはさっぱりわからんだろうな。

おまけに今回届いた書類のデータ作成日は、なんと6月11日。

3ヶ月も一体何をしていたんだ?

まったく ふざけた話だ

| | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

鎮魂

きょう、九州から小包が届いた。

福岡支店のH氏からである。中身は・・・「香典返し」

実は8月末、仲の良かったK氏が他界した。
葬儀に参列するH氏に香典を託した。

それで今回の小包となったわけだ。

K氏とは妙にウマが合った。

しかし不思議なもので、同じ職場になったことがなく、東京と福岡という離れた状態での交友だった。

「仕事を通しての夢」のようなものが、どこかしら共通していたように思う。
実際、彼は私の2つ上なのだが先輩と言うより“同志”のような存在。

だからだろう、私が東北に異動してからの2年間も、なにかにつけてお互いに連絡を取り合っていた。というより、励ましてもらっていた、と言う方が正しい。

東京に戻ることが決まった時、誰よりも早く連絡したのが彼だった。

東北から東京へ。その通知を、東北の同僚でもなく、東京の元同僚でもない、遠く福岡のK氏に連絡したのだ。

ここで驚いたのは、偶然にも彼にも辞令が下りていて、赴任地は「東京」。それも私と同じ本部だった。

この偶然を喜ばないはずもなく、不本意だった辞令もどこへやら、新年に本社で会おうと電話を切ったことは今でも良く覚えている。

そして新年、彼の席は私のすぐ後ろ、部は違うが背中合わせに座ることになった。

何事にもポジティブな彼は、全く新しい事業の立ち上げにも果敢に取り組んで、半年でそれを形にした。

しかし、元々体は決して強くなかった上に、単身赴任の不慣れな生活と新しい仕事のプレッシャーや責任感と言う精神面の負荷も相当なものだったのだろう。
この頃から体調不良を訴えるようになり、休みがちになった。

古傷とも言える呼吸器系の疾患を再発し、休職。入院治療が必要となって、家族のいる福岡への異動となった。

入院中も時折メールのやり取りをしていたが、早く復帰したい、そればかりを繰り返し訴えていた。

ある時、こちらも新規のビジネスを立ち上げようとして四苦八苦していた折、ちょっとばかり愚痴っぽいメールを送ったら、彼から「元気に働けるだけでもマシだと思え」と叱咤されたことがある。

     良い友人を持った

しみじみ思ったことが昨日の事のようだ。

最後にメールを交わしたのはいつだっただろうか?

病院から自宅に戻った。徐々にではあるが回復に向かっている。早く仕事をしたい。

そんなことが綴られていた。

結局それも叶わないまま、真夏の盛りに彼は逝ってしまった。

遠く離れているせいもあって、彼の死はいまだに現実味を帯びずにいる。

今日届いた香典返し

紛れもなく彼はもういない事実を改めて突きつけられたように思う。

また涙が出た。

合掌

| | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

冷や汗

少し前の話になるが・・・

8月の終わりに、都市デザインシステムという会社が倒産した。

言葉は悪いが、世間的にはよくある話。

ところが、この記事を見てちょっと青くなった。

----------------

来年4月にオープンする「瀬底ビーチリゾート」というホテルがある。

新規オープンに向けて、この夏までそこそこの規模で採用をかけていた企業だ。

沖縄移住を切望しても、先立つ収入の道=就職口がなかなか見つからない身には、またとない話である。

4月までに準備をすればよいと言う時間的条件も魅力だった。

しかし、まがりなりにも「環境」については一家言持っているつもりだ。そのホテルの人間となることは、自己矛盾を抱えることにならないかという逡巡もあった。

この部分の迷いは相当大きかったが、探せども探せども光明が見えない沖縄での就職事情を考えると、このチャンスを逃せない・・・

悩みぬいた末に、応募だけはしてみようと言う結論に達し、履歴書は出したのである。

結果は、世の中そんなに甘くない、ということだったが、もしこれがパスして面接まで進んでいたら?トントン拍子に進んでいたら?・・・

そう考えると背筋が寒くなる思いだ。

なぜなら、このホテルを運営する「株式会社瀬底ビーチリゾート」は、冒頭の株式会社都市デザインシステムという会社が進める「沖縄プロジェクト」の中で設立された100%子会社だからだ。

別会社である、建設は計画通り進める、とのことだが影響を受けないわけがない。

もし採用通知を受け取っていたら、、、

こんな暢気に構えていられないことだけは確かだ。

| | トラックバック (0)

HP更新

久しぶり・・・なんと半年振りになってしまったが、HPを若干更新した。

「Tシャツコレクション」

「南の島の宿情報」

この2つだけ・・・

本来の写真の方は・・・さていつになることやら。

| | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ダイビングにおけるツール

東京の穏やかな天候とは対照的に、今沖縄地方は暴風域の真っ只中だ。

悪いことに、今回の台風はとても速度が遅いため、風速20~30mに雨、こんな過酷な状況が24時間以上続いている。

知り合いも多いだけにちょっと心配だ。

さて、本来ならば久米から帰京する日、朝から特に予定もなく器材の後片付けをしたりしてブラブラを過ごしている。

器材を片付けながら改めて感じたのだが、ダイビング用品というのは総じて高価だ。「ダイビング用」と名乗った時点で価格が数%~数十%上がるといってもよい。

Dive_tools2 写真は今私が使用しているセームタオルとグローブである。

これはダイビング用品売場では「スイムタオル」「ダイビンググローブ」と称して売られているものだ。
その相場はともに定価で\2,500~\3,000といったところ。

ところが私の使っているものは、タオルが800円くらい、グローブに至っては200円である。
両方とも近所のホームセンターで購入したもので、グローブは日曜大工コーナー、タオルは実は「ペット用」だ(笑)。

機能としては、タオルは素材が同じだから違いようがない。唯一の違いは、それっぽいロゴがないことくらい。

グローブはダイビング用よりもむしろ優れている。薄くてフィット感は抜群、なのに強靭で汚れもつきにくい。手首部分がゴムなので脱着もすこぶる楽チンなのだ。
何よりべらぼうに安いので、失くしても惜しくない。事実、右手は早々に紛失した(笑)

安さで言えば軍手に優るものはないし、現に多くのダイビングサービスで体験ダイビング用に使われているが、速乾性に劣るし、安全面を考えると手のひら側にラバーを張ったものが必要になる。ところがこれは、厚ぼったいからカメラ操作に難があるわけだ。

あと、これら器材を入れる(運ぶ)ケース。

宅配便や飛行機での運搬を考えると、ハードケースと言うことになるが、これがまた高い!
なにせ\40,000~\90,000もするのだ。確かにそれなりの薀蓄はあるわけだが、海外に行くわけでもないのにABS樹脂だ、ポリカーポネート樹脂だ、アルミだ、と言われてもねぇ・・・

かさばる器材に着替えとカメラ用品を収納するとなると、相応の大きさが必要になるが、それでも旅行用品の特大スーツケースならば2万円弱で入手できる。

かように「ダイビング」用品は無意味に高い。

重器材ならば代替がないので仕方ないが、アクセサリーの類はいかようにも代替が利く場合が多い。

そんなものを考えながら探したり自作したりするのも、ダイビングの楽しみの一つと言えなくもない。

| | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

久米島より帰還

今日の昼過ぎ、久米島から帰ってきた。

ここに至るまでのドタバタと言ったら、たとえそれが台風という自然現象が原因とは言え、不測の出費もあって泣くに泣けないものだ。

昨日の午後から風が出始めて、週末は完全に暴風域。

ダイビング・サービスも昨日の夕方に完全退避モード・・・

船も飛行機も危ないと言うので、日程を3日も繰り上げて帰ってきたわけだ。

ツアーだから、実際に「飛ばない」と言う事態にならない限り払い戻しも代替もない。つまり今日の復路は完全に余計な出費だったわけだ。

しかしそれにしても、昨夜はチケット確保にハラハラだった。

--------------------------------

今回は那覇~久米を敢えて航路にした。船旅のあの情緒を味わいたかったから。

那覇の泊港から渡名喜島を経由して久米に渡る。所要時間4時間の船旅である。

泊港には慶良間諸島行きや粟国行き、大東島行きなど様々な船を見ることができる。そKume01 れだけでも「旅」という感じがするが、途中の渡名喜島渡名喜港。

とても港とは思えないほどの青く澄んだ海・・・

こりゃ反則だろう。当初の予定では、帰路途中下車(下船)して上陸する予定だっただけに、余計に恨めしい。

Kume02

そしてこれが久米の名所「畳石」。亀甲型の石畳のビーチである。

晴天のせいもあって、ここの海もすこぶる美しかった。

2003年に訪れた時はさほど感激しなかったのだが、今回は格別。

Kume03

そして海に入れば、大物・小物のオンパレード。

マクロなイソギンチャクエビも、

Kume04

ダイナミックなカマスの大群も、どちらも久米の海である。

そして海中風景に見とれていれば、あっという間に30mオーバー。

今回も39mまで行ってしまった。危ない危ない。

それにしてもこのカマスの大群はなかなか壮観だった。

---------------------------------

久米といえば“はての浜” ・・・ということで行ってきた。

Kume05 やはりここは相変わらず凄い人気だ。とにかく人が多い。ちょっと残念。

台風の影響で風が強く、はたまた折りしも干潮時、かなり残念。

というわけで、水面からの写真。

これなら人が映り込まない(笑)

Kume06 透明度は今ひとつだったが、水面から見ると充分すぎるほどキレイだ。

--------------------------

日程は繰上げざるを得なかったが、まぁ、海は堪能できたし、ダイビングサービスも良いところを見つけたし、良しとするか・・・

| | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

無責任男

今夜10時にTVをつけたら、福田首相の顔がアップで・・・

何かと思ったら、辞任だと!

いやはや、実に無責任な男だ

こんなのが首相だったなんて情けない

阿部も相当な無責任男だが、続く福田もいい勝負

庶民にとって死活問題となる事柄に対して、ここまで徹頭徹尾無関心だった首相もいなかったように思う

後を襲うのは、やっぱり麻生なのか・・・

| | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »