« | トップページ | まぬけなファッション »

2008年10月 6日 (月)

転向

昨夜の「世界柔道国別対抗戦」のこと。

男子は井上も鈴木も引退、泉、内柴も欠場。
エースと呼べる選手がおらず、小野は相変わらず大一番に弱い。
もとより私は、石井などはエースと思っていないし、
唯一の期待、棟田もなぜか精彩を欠いて連敗。

まったく勝てる気がしない試合で無残な5位。

一方、女子は相変わらず元気で、特に軽量級の山岸、福見、中村は小気味の良い柔道を見せてくれた。
この階級もいよいよ世代交代を感じさせる健闘ぶり。

そして見事に優勝。決勝戦も強豪フランスを相手に、まったく危な気がなかったのは見事。

さて、そんな状況の中で、あの石井が格闘技へ転身するという情報が流れ、彼自身がはっきり否定したはずだったが、きょうになって正式に転向表明だと!?

何か勘違いしているあの愚者が、誰かの口車に乗せられたのだろう。

まぁ、好きにすればいい。

面白いことに、柔道連盟も引き止めなかったことだ。
あの斎藤仁も「最後は本人の意志であって、他人がとやかく言うものでもない」といたって冷淡。

監督任期も今期限りだから?

いやいや、それだけじゃなかろう。

連盟も、石井の放言癖には相当手を焼いていたらしいから、厄介払いできたと感じているのかもしれない。

まぁ、どうでもいいことだが、どうでもよくないのが男子柔道だ。

|

« | トップページ | まぬけなファッション »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転向:

« | トップページ | まぬけなファッション »