« シネマ評~明日への遺言~ | トップページ | 屋久島が危ない »

2008年10月16日 (木)

コツコツ、黙々

会社からの帰り道によく会うオジサンがいる。

近所の公園を7時半ごろ通ると、ほぼ確実に出会える人だ。

黙々とジョギング。

しかし決して「市民ランナー」ではない。なぜならウエアが私と同類のテニス用アップの上下、フォームもお世辞にもキレイではない、何よりそのスピードがすこぶる遅い。

多摩川の土手などに行くと、その出で立ちから周囲を圧倒するような本格ランナーがわんさといて、それこそ凄いスピードで走っている。

そんな光景から比べると、そのオジサンの姿は好対照である。

でもこれはこれでスゴイ。

同じ時間帯に通ればほぼ100%の確率で会えるということは、ほぼ毎日走っていると言うことだろう。
出で立ちから想像するに、きっとテニスのために走っているのだと思う。
とことんマイペースで、かと言ってダラダラというわけではなく、実にストイックに体力維持に努めているように見える。

走りながらまだまだ周囲の“目”を気にしてしまう自分。
速く、とか、カッコよく、とか・・・

まだまだ修行が足りない。

走るために走っているのではない。
テニスのため、テニスを長く続けるため、楽しむために走るのだ。
だからカッコ悪くても、カメのように遅くても良いのだ。

体力維持、走力維持。

こんな“コツコツ努力”で、70歳までテニスができればしめたもの。

そんなことを思いながら、きょうも走った。

|

« シネマ評~明日への遺言~ | トップページ | 屋久島が危ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/42811611

この記事へのトラックバック一覧です: コツコツ、黙々:

« シネマ評~明日への遺言~ | トップページ | 屋久島が危ない »