« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

葛飾の謎

「怨」「麓」「顎」「摯」「傲」「彙」「鬱」「稽」「聘」 

これらの漢字、全て読めるだろうか?そして書けるだろうか?

何かというと、これ、新しい常用漢字なのだ。(正確には、これら含めて全部で191文字が追加されるらしい)
常用漢字に見直しが入るらしい。と言っても、実際は再来年からのようだが・・・

でも確かに、表意文字である漢字はもっと賢く活用されるべきだし、何より、「画数が多い」とか「難しい」とかの理由で安易に平仮名にしてしまうのは、むしろ意味がわかりにくくなるから反対である。

たとえば、「語い」とか「真し」「ごう慢」なんて、しまりが悪いッたらない。きちんと漢字表記すべきなのだ。
この安易なかな化は、PCの普及、廉価なプリンターの普及とも関係があるだろう。
ディスプレイに表示するには不向きなくらいの画数だし、同じくプリンタに出せば潰れること請け合いである。

それはともかく、この漢字たち、果たして書けるか?はなはだ自信がない。

「怨」「麓」「顎」「摯」「傲」までか・・・

「彙」「鬱」「稽」「聘」なんてのは、到底無理。

ところで「聘」は、どんな時使うのだろうか?知っているのは『聘珍楼』くらいだ(汗)
「聘する」で、礼を厚くして人を迎えるという意味らしい。

さて、新たに採用された漢字がある中で、「保留」とされた漢字もある。

「餅」「餌」「謎」「遜」「遡」

その理由は、「しんにゅう(しんにょう)」の点が1つか2つか意見が分かれたから、「食」編の書き方が2通りあるから、だそうだ(笑)

さて、問題は「葛飾区」の「葛」である。

今、普通に入力すると、下部の囲いの中は「ヒ」だが、実はコレ、略字だそうだ。残念ながら今のFEPでは変換できないのだが、正しくは「草かんむり」に「曷」・・・まぁ詳細は「葛飾区」のホームページを見て欲しい。
そこにはご丁寧に、「葛」の表記について詳しく解説されている。
様々理由はあれど、常用漢字が自治体正式名称の文字と不一致というのは、いかにもマズイ。

「謎」なんてのもありふれた漢字のはずだが、「しんにゅう」の点の数が結論付けられずに保留。

まさに、「葛飾の謎」だ。

| | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

収穫

ベランダで育てていた豆

なんといっても“おまけ”だから名前すらわからないのだが、ここでもたびたび紹介したように、“おまけ”のクセにちゃんと育って実まで作った。

その“実(豆)”は意外に大きく育ったが、蔓や葉の状態を見ていると、そろそろ終わりという感じがしていたので、きょう遂に豆を取り去ることにした。

Bean06 振り返ってみると、いつの間にやら花が咲き、花が終わると豆らしき形の実になって、それが徐々に育って、、、

そんな感じで、水しかあげてないけれど、勝手に育った感じだ。

そして今日の“収穫”

Bean07 意外に大きくなった実は、一蔓に一つで計二つ。

並べてみると、ちょっとした静物画のようだ(笑)

せっかくだから、中を開けてみた。

ちょっとグロい(笑) 思った以上に皮が厚く、豆は小さい。

さやえんどうのような豆を予想していたが、どうも違う。

食べられるのかどうかもわからない。

ただ言えるのは、これを蒔けばまた来年も、、、ということ。

当たり前のことだが、なんだかちょっと面白い。

| | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

伊禮俊一LIVE in 曼荼羅 ~笑って、笑って、泣いちゃった~

またまた性懲りもなく、“いっちゃん”こと伊禮俊一のLIVEに行ってきた。

今夜は例の如く、六本木の『島唄楽園』でLIVEをやっているはずだが、行って来たのは昨夜(11/22)、吉祥寺の『曼荼羅』。

こちらは本当のライヴハウス。ステージも小さいながらあって、照明もPAも整っているし、席も「客席」という感じで、ステージの方に向いて椅子が並べられている。

何より、基本的に「飲み食い」はできない。1ドリンク付きと言ってもテーブルがないから、ステージが始まる前に飲みきってしまう人がほとんど。

そんなこんなで、設備面で島唄楽園とは一線を画している。

さてさて、20年ぶりくらいだろうか?LIVEが始まる前に、久しぶりの吉祥寺の町を散策。

当たり前だが、当時の街並みはほとんどその面影すら残していない。そんな街並みを驚きの目で眺めつつ、開場時刻の7時に店に行ってみると・・・なんと行列!

東京での知名度は高くないだろうと高をくくっていたが、どこでどう知ったのか、想像もしていなかった人数だ。

店内は既に満席に近い状態で、着席できたのはラッキーだった。後方は立ち見!

ライヴハウスとあって、演奏が始まるとほとんどコンサートと同じ。1時間半強、通しのステージだった。

のっけから染み入るバラード、中盤にアップテンポの曲、後半はバラードを織り交ぜて新曲も披露。

アンコールはお約束の夏鮮想歌。

MCもちょっと上達したかな?

今回バックを務めたサースティのなるさん、相変わらず軽妙なツッコミで、トーク面でもいっちゃんを巧くサポートしていた。

それにしても、新曲以外は既に生でも何度も聴いた曲。なのに飽きない。

新曲『りんりん』(だったかな?)もタイトルはいまいちだが(笑)、これもまたイイ!

同伴者も大満足してくれて、言うことなしの夜だった。

| | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

古谷千佳子スライドトークショウ再び

11/20(木) また古谷千佳子に会ってきた

『月刊ダイバー』主催、WWF後援の「たからのうみのスライドトークショー」である

話の中身はこの際どうでもよく(笑)、彼女の顔を拝め、生の声を聞ければ目的は達成

極めてミーハーな動機はいつもながら

実際、彼女のブログで日々の活動は把握していたから、おおよそは既知の内容だった

前々回の那覇、前回のいわきでは会場もそこそこ大きく、スピーカーの彼女は壇上にいて、、、というシチュエーションだったが、今回はごく普通の会議室のような場所

会場のキャパシティの関係か、入場者を抑えていたようで、20人前後の非常にこじんまりしたイベント

そのおかげで終始リラックスした雰囲気の中で行われたのはとてもよかった

まぁ、スライド(PC)の操作が拙いのは毎度のことで、話の腰を折ると言うか、進行にスムースさがないのは、とても残念

今回使用された写真は2009年のカレンダーに使われているもの

当然、このカレンダーも購入したが、待望のサインは、気恥ずかしく止めておいた(笑)

沖縄について、海について、じっくり話をしたいものだ

--------------

心地よい夜を過ごした

| | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

有終の美

この週末は「全日本選手権」TV観戦尽くし(笑)

昨日はテニス、女子シングルス決勝。そして今日はバドミントンの女子ダブルス決勝。

テニスの方は、伊達vs瀬間友里加。

この瀬間、一部で「美人アスリート姉妹」と称されている姉の方だ。

なんでも、姉妹揃ってモデルもやっているそうだが、好みの問題はあれど、私はちっとも美人だとは思わない(ま、そんなことはどうでもよいが)

いきなり伊達がブレイクして始まった第1セット、序盤は「こりゃ、相手にならない・・・」という印象だった。

とにかく伊達のテンポが速く、瀬間が全く対応できない。

中盤、伊達がWフォルトでゲームを落とすと言う場面もあったが、このチャンスを瀬間は活かしきれずブレイクバックを許してしまう。

瀬間も3ゲームを獲って粘ったが、第9ゲームも伊達がブレイクして6-3。

結局、ここぞという勝負所の集中力とか、ボールコントロールに決定的な差があった。

伊達のボールはプロの中でも速い方ではないはずだが、その前後と左右のコントロールの精度は、世界を知らない相手とではその差は歴然。

それに、ココ!というポイントでの集中力と言うか気迫も、瀬間は遂に伊達を上回ることができなかったように見えた。

第2セットも同じような展開で、瀬間に付け入るチャンスもいくつかあったのだが、終わってみれば6-3。

伊達は、当初の目標をあっさりと達成してしまった。

来年、この大会に彼女がエントリーするか否かは微妙だ。

38歳vs21歳、復帰半年vs現役・・・

常識的にはやる前から勝負あり、、、のはずだが、今の現役で伊達を止められるのは杉山くらいだろう。

若手がだらしない、と評するのは簡単だが、何か違うような気がする。

伊達がスゴ過ぎるのも事実。ここは若手の奮起を期待したい。

~~~~~~~~~~~~~~~

バドミントンは言わずと知れた“オグシオ”としての最後の全日本。

彼女たちには5連覇がかかった大会。

対する相手は“スエマエ”という、願ってもない好カードとなった。(3年連続で同一カードらしい)

ゲームは正に一進一退。1ポイントを争う熱戦。

第1セットはスエマエがリード、オグシオが追いつく、という展開でDEUCEにもつれ込む。

長いラリー、目が離せない展開、TVから離れられないから用事が片付かない(笑)

ようやく25-23でこのセットの決着が付いた。

次のセットもこのままオグシオが押し切るのかと思ったら、3ポイントのリードをひっくり返され、逆に15-19であわやこのセットを落とすか、というところまで追い詰められた。

しかし、何がどう狂ってしまったのか、中盤からの巻き返しが嘘のように、スエマエがポイントを落とし始め、気が付いてみれば、6連続失点でオグシオに勝利を譲ってしまった・・・

勝利の瞬間、オグシオが流した涙は間違いなく歓喜のものだったが、スエマエ、特に若い前田の涙はそれはそれは激しい悔し涙だった。

ロッカールームで号泣していたと思われる前田は、表彰式に遅れ、表彰台に立ってからもまるで怒っているかのような表情で必死に涙をこらえていたが、嗚咽は止まっていなかった。

3年連続で同じペアに敗れ、優勝を逃し、世界ランクでは既に上回っていながら、「2番手」の印象を払拭できずにいたのだから、彼女たちにとっては、今回の決勝戦は名実ともにオグシオを抜いたことを証明するラストチャンスだった。

有終の美を見事に飾った2人と、掴みかけた名声を目の前で取りこぼした2人・・・

まさに天国と地獄。

~~~~~~~~~~~~~

こんなに内容の濃いスポーツ実況を2日連続で観戦できることも珍しい。

| | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

強弁

航空幕僚長だった田母神氏、国会証人喚問で吼える

自分は一切悪くない
間違ったことは言っていない
自衛官にも言論の自由がある

まぁまぁ、これほどまでに自分を信じきれる輩も珍しい
きょうの喚問の場での発言は、それだけを取り上げれば、それほど間違ったことは言っていないし、持説を持たない、発言がぶれる政治家・役人が多い中で、ある意味「立派」と言えないこともない。

が、しかし、である。

彼はしきりに「言論の自由」を唱えたがったが、自由と言うのは「何でもあり」って意味じゃない。
そこには責任がついてまわるものだし、立場や状況によって、ある程度制限されることは、少しでも常識を持った人間なら自明の理。

6000万円もの退職金も返納する気はさらさらないそうだ。
これまでも充分すぎるほどの給与をもらっていながら、この浅ましさ。
この点だけ見ても、彼が誇り高き言論人ではないことがわかる。

さて、こんな御仁に触発されたか、西の方でも開き直ったバカがいる。
もっともこちらはかなりの小粒だが・・・

兵庫県知事 井戸氏。
近畿ブロック知事会議の席上で、「関東での大震災は関西のチャンス」だと。

本人曰く「東京一極集中の危険性について言及したもの」、しかしそんなものは姑息な言い訳。

「被災者の心情を考えたか?」の記者の質問に対し、「私が被災者に何かいけないことをしたか?」と開き直り、「謝罪するつもりは?」の問いに「ナニを謝罪するのかわからない」ととぼけた。

こんなバカが自治体の長である。まして日本中が忘れていないあの震災の被害地の、である。

若年層をとやかく言っても、イイ年をした、しかも社会的にも高い地位にいる連中がこの有様では、説得力などない。

もうこの国では「品性」とか「品格」は死語になりつつあるのだろうか?

| | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

テニス全日本選手権

テニスの全日本選手権、きょうは2日目。

女子シングルスは2回戦、伊達は初戦。
対戦相手は、なんと伊達自身がプロデビューした時に生まれた(笑)
19歳、体力バリバリの相手を、文字通り“赤子の手をひねる”が如く、6-2、6-0の圧勝。

しかしこの日の伊達のウェアは、何とも奇妙奇天烈

http://www.jiji.com/jc/p?id=20081110211453-7434000&n=1

七分丈のスパッツにスコートだよ・・・

なんじゃ、こりゃぁ???

10/7「まぬけなファッション」で指摘したのが正にこのスタイル。

これって、どう贔屓目に見ても誉められる代物じゃないよね・・・

きょうはこの秋一番の冷え込み。カラダが温まる前に半袖・短パン(スコート)になんかなれないのはわかる。
あのウィンブルドンだって、カラダが温まるまで、長ズボンでプレイすることを認めているくらいだ。

しかしなぁ・・・伊達でしょ?注目度は間違いなく出場選手中 一番。
だからこそ普段は絶対取り上げられない2回戦なんざも、TVニュースで報じられるわけだし。

真似するおばさんたちが絶対続出するよなぁ

伊達も、もう少し自分の立場ってものをわきまえて欲しいよ

ヤダなぁ・・・

| | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

転落

小室が逮捕された。

借金まみれの末の詐欺事件。

なんともお粗末な話。かつての栄光は過去のものどころか、彼の正常であるべき判断力を狂わせる元凶となったようだ。

まぁ、しかし1ヶ月もしないうちにこのニュースも忘れ去られるだろう。

その位、過去の人だ。

   ~~~~~~~~~

もう一人、こちらはその醜い姿に眉をひそめた人も多いと思うが、泰葉。

彼女の名前を初めて知ったのは、1981年に自身で作曲した「フライデー・チャイナタウン」を聴いた時だった。

これは、今聴いてもかなりのデキ。

何と言ってもそのアレンジがとても良い。きっと、三平の娘と言うことで、優秀なスタッフが集まったに違いない。

歌そのものも、きれいで伸びのある高音が印象的で、当時はけっこうお気に入りの曲だった。

彼女の歌は結局この一曲しか聴く機会がなかったが、松本伊代や少女隊にも曲を提供していたそうだから、それなりに才能はあったのだろう。

しかし、今夜彼女の歌を聴いたが、、、ヒドイ。

かつて、あの絶世の歌姫ホイットニー・.ヒューストンが、数年後にボロボロになっていた哀れな姿にも似て、声は出ていないし、音程は微妙に乱れるし、「近所のおばさんのカラオケ」レベルだ。

処置ナシだ・・・

| | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

HP更新

半年ぶりにHPを更新した。

http://homepage2.nifty.com/love_yaeyama/index.html

と言っても、まだ去年の夏ごろのものをちんたらやっている状況。

しかも、今回は「完成」ではない。一部を「工事中」として見切り発車である。

その“一部”とは、戦跡巡りの項で、これは仕上げるのにかなりの手間がかかる。

いずれ「戦跡」だけまとめて、独立したページにしないといけないだろう。

| | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

脱力

この一週間は精神的にかなり疲労した。

多忙、という単純なものではなく、無用な神経を使って疲弊した感がある。もちろん使った神経は無駄と言うわけではないだろうが、返ってくるものがあまり期待できないような予感がある。

月末と言う時期的な要素も、それに拍車をかけた。

週明けは月初。この時しかやれないことがある。この時にやらなければ意味がないことがある。

その準備。間に合わず、連休中にやることで覚悟を決める。

そのせいか、金曜の夜の時点で、今日のテニスの意欲がまったくなくなっていた。

週末のテニスは、最も大きなストレス解消の時間。毎週土曜日の午前中、体を動かすことでバランスを保ってきた部分が確かにある。

それを、前日の夜に時点で諦める、というか意欲が沸かないと言うのは、ここ数年なかったことだ。

考えてみると、今週の疲労だけでなく、先週一週間の葬儀にまつわる影響も少なからずある。

先週は配偶者の実家に、結局丸々一週間滞在し、今週は東京で単身赴任のような生活。

おかげで2週間、ジョギングも筋トレもまったくやっていない。

こんなことも影響しているのだろう。

月も変わることだし、意図的にハンドルを切らないと、このままズルズル行きそうな予感がしている。

明日こそ走ろう。

| | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »