« 古谷千佳子スライドトークショウ再び | トップページ | 収穫 »

2008年11月23日 (日)

伊禮俊一LIVE in 曼荼羅 ~笑って、笑って、泣いちゃった~

またまた性懲りもなく、“いっちゃん”こと伊禮俊一のLIVEに行ってきた。

今夜は例の如く、六本木の『島唄楽園』でLIVEをやっているはずだが、行って来たのは昨夜(11/22)、吉祥寺の『曼荼羅』。

こちらは本当のライヴハウス。ステージも小さいながらあって、照明もPAも整っているし、席も「客席」という感じで、ステージの方に向いて椅子が並べられている。

何より、基本的に「飲み食い」はできない。1ドリンク付きと言ってもテーブルがないから、ステージが始まる前に飲みきってしまう人がほとんど。

そんなこんなで、設備面で島唄楽園とは一線を画している。

さてさて、20年ぶりくらいだろうか?LIVEが始まる前に、久しぶりの吉祥寺の町を散策。

当たり前だが、当時の街並みはほとんどその面影すら残していない。そんな街並みを驚きの目で眺めつつ、開場時刻の7時に店に行ってみると・・・なんと行列!

東京での知名度は高くないだろうと高をくくっていたが、どこでどう知ったのか、想像もしていなかった人数だ。

店内は既に満席に近い状態で、着席できたのはラッキーだった。後方は立ち見!

ライヴハウスとあって、演奏が始まるとほとんどコンサートと同じ。1時間半強、通しのステージだった。

のっけから染み入るバラード、中盤にアップテンポの曲、後半はバラードを織り交ぜて新曲も披露。

アンコールはお約束の夏鮮想歌。

MCもちょっと上達したかな?

今回バックを務めたサースティのなるさん、相変わらず軽妙なツッコミで、トーク面でもいっちゃんを巧くサポートしていた。

それにしても、新曲以外は既に生でも何度も聴いた曲。なのに飽きない。

新曲『りんりん』(だったかな?)もタイトルはいまいちだが(笑)、これもまたイイ!

同伴者も大満足してくれて、言うことなしの夜だった。

|

« 古谷千佳子スライドトークショウ再び | トップページ | 収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/43205812

この記事へのトラックバック一覧です: 伊禮俊一LIVE in 曼荼羅 ~笑って、笑って、泣いちゃった~:

« 古谷千佳子スライドトークショウ再び | トップページ | 収穫 »