« ハルタ(HARUTA)の靴 | トップページ | 戦友 »

2008年12月21日 (日)

試合と練習の間

2年ぶりくらいに試合に出て来た。
無風快晴の絶好のテニス日和。
我がサークルからは男子W×2組、女子S×1名。

自身の結果は・・・完敗

初めて組んだペアだった
試合でのブランクが長かった
サーフェスが普段と違った
テンションが今ひとつだった

・・・理由は色々あれど、全て言い訳であることは自分自身がよく知っている。

「試合勘」

そんなことが最大の原因であるように思える。

付け入る隙はあった。でもそれを逃した。

ココ!というところの集中力、思い切る力
そんなものが試合には必要だ。

練習でできることは、その時にイメージしたものを実現できるスキルの習得であって、
試合勘ばかりは、練習では培えない。

練習はとても大事
しかし試合と練習の間にあるものは、とてつもなく大きい。

なんだか、またテニスへの想いが湧いてきた。

|

« ハルタ(HARUTA)の靴 | トップページ | 戦友 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/43491119

この記事へのトラックバック一覧です: 試合と練習の間:

« ハルタ(HARUTA)の靴 | トップページ | 戦友 »