« 杉山、残念! | トップページ | 対岸の彼女 »

2009年2月 2日 (月)

TBSドラマ「本日も晴れ 異状なし」

それほど期待しちゃいけないと思いつつも、舞台が沖縄、しかも波照間となれば、どうしても見てしまう・・・

しかしなぁ、こりゃ酷いわ

何よりリアリティがなさ過ぎ。いくら“造りモノ”だからといっても、もう少し現実味を出す努力はすべきだろう。

なにせ出演している連中が須らく垢抜けしすぎ。沖縄独特の“濃い”顔の役者が一人もいないし、セリフもほとんど標準語だ。

「舞台は波照間」とうたいながら、その実、ロケのほとんどは本島で行われているのも気に入らない。

渡るのにあんな小さな漁船のような渡し船を使う島がどこにある?

島のボス的存在の女性(前田美波里)の自宅も、波照間や黒島、竹富などの小さな島では絶対に見られない豪邸だ。

何もかもが嘘臭く、ストーリーも陳腐で、暑苦しいだけ。

これならまだ「コトー」の方が面白い・・・

|

« 杉山、残念! | トップページ | 対岸の彼女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBSドラマ「本日も晴れ 異状なし」:

« 杉山、残念! | トップページ | 対岸の彼女 »