« シネマ評~マンマ・ミーア~ | トップページ | タンナファクルー »

2009年3月16日 (月)

ホエールウォッチング

昨日、沖縄から帰ってきた。

期間中、最終日だけ晴天と言うのはいつもの通り。

初日は曇天、2日目は強風の荒天という、涙が出そうな天候の中、それでもクジラを見、ダイビングをやり、ライヴハウスにも行き、美ら海水族館、平和祈念公園にもアシを運んだ。

Whale初日のホエールウォッチングは、ブロウという“潮吹き”がわずかに見られるだけで、「こり ゃ、はずれかな・・・」と諦めかけ、周囲のボートも退散、我々の1隻が残るのみとなった時に、クジラが突如活発に動き始め、エンジンを止めたボートの周りを2頭で遊び始めたから、たちまちボート上は異様な興奮状態になった。

Whale02 15mはあろうかという巨体がボートの下を何度もくぐり、ブロウばかりか胸びれは出すわ(ペックスラップ)、尾びれは持ち上げるわ(フルークアップ)、果ては顔を水面から出してこちらの様子をうかがうわ(スパイホップ)の大サービス!!

延々30分間、至近距離で遊び続けた。おかげで彼らがボートをくぐるたびに大きな横揺れ。よくもまぁ、一人も落下せずに済んだもんだ、というくらいの揺れだった。

ガイド曰く、こんなことは滅多にないそうだ。

いやはや大興奮だったのだが、、、肝心の姪っ子はその前に船酔いでダウン。それでも死にそうな顔でクジラを眺めていたが、そのパフォーマンスの半分も見ていない。
バカなヤツだ。

初ホエールウォッチングでいきなりコレ。かなりラッキーだったが、2度目はないだろう・・・

Tinktink その夜は北谷のカラハーイ。目当ては言わずと知れたTinkTink。

もっと厳密に言えば、“あずさ”嬢であるが、こちらもしっかり記念撮影に収まった。

うひゃひゃ~  である(笑)

翌日は体験ダイビングの付き添い。コンディションは最悪なるも、東海岸は大丈夫ってことでレッドビーチ。まさかここを体験ダイビングで潜るとは思わなかった。
さらに行ってみて人の多さにビックリ。すっかりメジャーポイントとなってしまったらしい。

ま、体験なので泥地=ハゼエリアに行けるはずもなく、ただ潜って付き添いをしただけなのだが、体験の当人はいたく満足した様子だった。

午後から美ら海水族館。途中の本部で昼を済ませ、生物に異常なまでの関心を示す娘を連れて3時間ほど。

風は止まないまでも空は晴れてきたのを見て、絶景を眺めるべく花人逢でピザを食らう。この店も、色気のかけらもない姪っ子と来る場所じゃぁない(泣)

最終日は南下。お気楽な沖縄ばかりではなく、重い歴史の一面を見せておこうと、白梅の塔から摩文仁の丘を周る。

さて、ヤツは何を感じてくれただろう?

遅めの昼食は、くんなとうのもずく尽くしの定食。
食うことにかけても執念を持つ姪っ子は、私ですら手ごたえのある量を完食しやがった。

3日間でヤツに与えたエサ・・・

ブルーシールのアイス、ゴーヤチャンプルー、タコライス、もずくそば、沖縄そば、ハンバーガー、ピザ、島らっきょう、アボガドサラダ、じゅーしー・・・

摂取したカロリーの半分も消費していないに違いない。

|

« シネマ評~マンマ・ミーア~ | トップページ | タンナファクルー »

沖縄」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホエールウォッチング:

« シネマ評~マンマ・ミーア~ | トップページ | タンナファクルー »