« 古謝美佐子のすごさ | トップページ | きょうの虹 »

2009年7月30日 (木)

クールビズ/異常気象

きょうは殺人的な暑さだった。

正午近くから、まさに最も暑い時間帯に外出をしていたが、歩くのが嫌になるほど。
幸いにもノータイに上着なしだったからまだ救われたが、これが上着・ネクタイ着用だったらと思うと、大袈裟でなくぞっとする。

クールビズのおかげで、夏場の軽装がビジネスにおいてもさほど失礼ではないという意識が定着してきたから良いものの、それでもまだ従来通りかっちりと身づくろいをしなければならない場面がある。

そんな場面に遭遇するたび、早くノータイがスタンダードになればよいのに、と心底思う。
沖縄ではかりゆしウェアが正装になっているが、その沖縄より暑い東京で、ウールの上下を着込み、さらに首を締め付けているのは、どう考えても不条理だ。

そんなことをつらつら考えるのだが、思えば10年以上前はどんなに暑くても上着とネクタイ着用だった。
よくもまぁ我慢していたものだと、我ながら感心する(もっとも周囲も同じだったわけだが)。

それにしても、まだまだ上着+ネクタイ着用の場面が残っている限り、その比率がたとえ少なくてもゼロにならない限り、

[クールビズ→エアコン温度上げる→CO2排出抑制→地球温暖化抑止]

という図式は成立しないだろう。

今年は梅雨が長い。東京は梅雨明けしたが相変わらずのぐずぐず天気。
冷夏になるかもしれないとのことだが、それはそれで困る。

毎年言われている「異常気象]は、既に「通常気象」になりつつあるのでは?

|

« 古謝美佐子のすごさ | トップページ | きょうの虹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/45787296

この記事へのトラックバック一覧です: クールビズ/異常気象:

« 古謝美佐子のすごさ | トップページ | きょうの虹 »