« 西表より帰還 | トップページ | 皆既日食、天国への階段 »

2009年7月21日 (火)

WWF しらほサンゴ村

正式には『WWFサンゴ礁保護研究センター しらほサンゴ村』というのだが・・・

昨日書き忘れたが、今回石垣に滞在中、このWWFの施設に足を運んだ。

石垣の白保地区には世界最大級といわれるアオサンゴの群落がある。世界的にも非常に貴重なエリアということなのだ、、、、が、サンゴ好きな私でも「?」

なぜなら、このアオサンゴという生物は決して美しくない。無論、人間の価値観で美醜をきめることは横暴以外の何物でもないし、美しくないから保護しなくても良いという理屈でもない。

しかししかし、、、一般に「サンゴ」と言われてイメージするのはエダサンゴと称されるミドリイシの仲間だろう。よくてもテーブルサンゴまでじゃなかろうか?

広く遍く関心のない人まで巻き込むのなら、大衆請けのする、と言ったら聞こえが悪いが、「わかりやすい」「納得感がある」という要素はとても大事じゃないかと思うのだ。

アオサンゴが悪いと言うのじゃないが、慶良間のサンゴ礁や西表のサンゴ礁、石垣と西表の間に横たわる石西礁湖などなど、わかりやすく納得の出来るエリアは他にもいくらでもあるのに・・・

以前、WWFの職員にこのことを尋ねてみたが、どちらも大事です的な優等生の返事が返ってきてがっかりしたことがある。

ま、そんなことを思い出しながら、再訪したのであるが・・・

今回の訪問で新たな発見!

Wwf_ishigaki なんと、ロゴ入りのトイレットペーパー!

何とも気の利いた代物だ。思わず持って帰って来てしまった(笑)

|

« 西表より帰還 | トップページ | 皆既日食、天国への階段 »

沖縄」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WWF しらほサンゴ村:

« 西表より帰還 | トップページ | 皆既日食、天国への階段 »