« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

四半世紀のコインローファー

今や“オールド・ファッション”とも言えるREGALのコインローファー。
形と言い、色と言い、オーソドックスそのものだ。

この「コインローファー」、別名「ペニーローファー」とも言って、かつてのIVY LEAGERたちが甲の部分に硬貨(コイン、1ペニー)を挟みこんで履いたことから、この名前があると言われている。
それこそ30年ほど前は、新品のコインローファーにわざわざ1セント硬貨や1ペニー硬貨を押し込んで履いていたIVY少年がいたものだ。
自分はなんとなくやりそびれたが、甲の部分に硬貨を見つけると、「お!」と思ったものだ。

この「コインローファー」という靴、オーソドックスでポピュラーなのに(であるからこそ、と言うべきか?)、実はその形はメーカーやモデルごとにいろいろあって、コレ!と思うモノは意外に少ない。
昔はREGALかBASSがもっともオーソドックスだったと思う。

Regal01 社会人になって、ちょっと気張って入手したのがこの靴だ。
『Imperial Grade』
その名の通り、当時のREGALのラインナップの中でもちょっとグレードの高いモデルで、しっかりした造りと当然の革底がとても嬉しかったことをよく覚えている。
当時、普通のREGALブランドは、コインローファーもこれまたオーソドックスなウイングチップも、\10,000~\12,000くらいだったと記憶しているが、この『Imperial Grade』は\22,000くらいしていたと思う。
今なら\30,000以上はする勘定だ。

曖昧な記憶だが、当時のREGALはオーソドックスでポピュラーなモデルを、グレードを分けて展開していた。
ローファーだけでなく、ヴァンプ、ウイングチップ、リボンタッセルなどがノーマルの『REGAL』と『Imperial Grade』で展開されていたと思う。

さて、この靴、今は各部にへたりが来て、雨用に“格下げ”されてしまっているが、いよいよ寿命らしい。
Regal02

爪先に近い部分は縫い目のところが裂けてきてしまったし、踵部分も革が角質化して欠けてしまった。

考えてみれば無理もない話。
この靴、かれこれ25年近く履いているのだ。つまり“四半世紀のコインローファー”というわけ。
ただの革靴でこれほど長持ちすると言うのは、当時のREGALの品質を物語っている。
無論、大事な靴だからメンテナンスはそれなりにやってきたが、基本は履いた後のブラッシングとシューキーパー、たま~にクリームで磨くと言う程度だ。
2日連続で履かないとか、雨の日は履かない(以前)とか、気は使ってきたがそれにしても25年はすごい。

そんな靴もいよいよお役御免というわけだ。

残念なのは、後継を探すのに非常に苦労すること。
今やREGALは単に流行を追いかけるだけの陳腐な靴屋に成り下がってしまった。
昔のトラディショナルなモデルは皆無である。
お気に入りのローファーを新調するとなれば、とにかくBASSを探すしかないのだ。

1足の靴を処分するに当たり、そんなことをつらつら考えた。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

『世界のキッチンから~グレープフルーツビネガー&ミルク』

キリンの『世界のキッチンから』
「グレープフルーツビネガー&ミルク」
Kirin

確かにわずかに酢の味はするが、所詮ただのヨーグルトドリンク。
価格ほどの価値はない。

結局この『世界のキッチンから』シリーズでまともだったのは、「ディアボロ・ジンジャー」のみ。
それ以外は、妙に長ったらしいネーミングと薀蓄があるだけで、中身に新味は全くない。

「看板倒れ」とはこのことか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

シャチを作った~ICERC~

、、、と言ってもよくわからない話だが・・・

I.C.E.R.C Japan(アイサーチ・ジャパン)という組織がある。正式名称は「国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター」と言って、イルカやクジラの生活環境である海を守ろうと言う主旨で活動しているボランティア団体。

この団体のワークショップが、今夜行われ、会社帰りに参加してきたというわけだ。

そんな団体が、なぜ「シャチを作ろう」なのか?と言うと、早い話がフィギュアを作ることで関心を持ってもらおう、親しみを持ってもらおうと言うこと。

それはともかく、何十年ぶりかで粘土を使い、我ながら妙に真剣に、集中し、せっせと“シャチ作り”(笑)

Orca01 ① まずは胴体
「ティアドロップ型」と言えば聞こえは良いが、正直、ウ○コみたいだ
② こちらは尻尾。
黒と白をサイズ違いに作り、貼り合わせる
  我ながら秀逸の出来
③ 胴体と尾を接合する。
切れ込みの方向を間違えると、ニザダイになってしまうから要注意だ

Orca02④ ここからいよいよシャチらしさが出てくる(はず)
下あご、腹部の白い模様、アイパッチと呼ばれる、目のような白い斑紋を付ける。最もセンスが試される工程
⑤ 胸ビレを付ける
意外と難しい
⑥ 最後に背ビレ
胸ビレ同様、意外に位置決めが難しい
ちなみにこれはメス(のつもり)なので、背ビレは小さいのだ

Orca03 ちなみに正面から見るとこんな感じ。

わずか1時間だったが、たまにはこんなリフレッシュ方法も良いものだ。

| | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

等々力渓谷

等々力渓谷まで紅葉を目当てに行ってみた。

しかしイチョウは色づいているものの、お目当てのモミジは青々としたまま。

Todoroki_01 しかたがないので茶店で抹茶を飲んでみた。雰囲気に流されそうだが、よく味わえば大したことはない。
六義園の茶室で供出されるものとは、はなから次元が違うようだ。
これでは何のために行ったのかわからない・・・

Todoroki_02

しかし半袖とパーカーだけで過ごせるほど穏やかな天気で、道中の多摩川河川敷の眺めも清々しく、帰路に寄った多摩川台公園から絶景も拝めたし、まぁよしとしよう。

それでも30kmオーバーの距離。
気付けば累積は230km強である。

|

2009年11月22日 (日)

イルミネーション

ここ数日、寒暖の差が激しい。

きのうはテニスをやっていると汗をかくくらいで、テニス中は半袖・短パンでも平気なくらいだった。

ところがきょうは真冬。部屋にいても肌寒く、長袖3枚着てジョギング。ようやく汗ばんだと言う感じだ。

さて寒くなると街はイルミネーションで賑わう。

六本木ヒルズと横浜の写真を撮ってきた。

20091120_01

20091120_02

六本木ヒルズの一帯はビルの照明に負けないように、というわけでもないだろうが、かなり強めのイルミネーション。
毛利庭園は東京タワーが遠景に見えて、喧騒のビル街のちょっとした休息の趣き。
けやき通りは華やかだ。

~~~~~~~~~~~~

横浜のMM21はお馴染みの観覧車周辺はなかなか華やかだが、赤レンガ倉庫一帯はちょっと控えめなイルミネーション、というよりライトアップと言うべきか。

20091121_01

20091121_02

「横浜のキング・クイーン・ジャック」の「クイーン」、横浜税関もライトアップされていてちょっと幻想的。
マリンタワーはいつの間にか青白いネオンになっていた。

20091121_03

ちょっと足を伸ばして元町まで。

20091121_05

20091121_04_2

ここは華美な装飾がなく、センスが良い。やはり“MOTOMOACHI”である。

| | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

JAVA TEA MINT 再び

この夏限定だった『JAVA TEA MINT』の忘れられず、ネットで探して「多分これが最後」と思われるショップで2箱注文。

これで今年いっぱい大丈夫かも。

何度も言うようだが、口当たりの爽やかさは、現在市販されている飲料にないものだ。
だから後味がすこぶる良いので、風呂上りやテニスの最中の飲み物として最適。

この味を覚えると、お茶が飲めなくなる・・・

Tamariver01 写真は、何の脈絡もないが、以前多摩川をひたすら上流に向かって走った時のもの。

もうすぐ下丸子、と言うエリアは開放感のあるお気に入りの風景。

Tamariver02 二子玉川の駅周辺を、川崎側から撮ったもの

Tamariver03 こちらは多摩川のサイクリングロードの終点(いったん途切れてまた続くようだが)

既に調布市である。ここまで来ると、ある種の達成感がある

| | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

森泉~その存在の不思議~

森泉というタレントがいる。

そもそも「タレント」というのは、英語の“talent”であり、その意味は「(特殊な)才能, 手腕」だ。
“a person of talent”と言えば「 才人.」の意である。
日本のタレントと言うのはその大半が本来の意義から大きく逸脱しているように見える。

まぁそれはともかくとして、この森泉は何の才能もなく、存在自体が不快極まりない。
モデルもやっているらしいが、目が異様に大きいだけで、お世辞にも美人とは言えないばかりか、愛嬌のある顔でもない。
目が大きいことは美形の条件ではないという典型だ。

何より我慢ならないのは、その言葉遣いだ。
どんな場合でも、所謂「ため口」で教養・礼節の低さを丸出しにして平然としている。
こんなバカをもてはやし起用し続けるマスコミにも呆れ果てるが、いい年をして自覚できない無教養ぶりには無性に腹が立つ。

親の七光りタレントと言うのは数多いるが、ここまで酷い人物はいない。

一刻も早く公衆の面前から消えていただきたい。

| | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

HP更新(ほんの少し)

HPを更新、、、と言っても宿情報だけだが・・・

今年宿泊した宿までなんとかカバーした

それにしても、このブログもサイクリングの話や都心の公園の話ばかりになっていて、ダイビングの話題がほとんどない(笑)

看板に偽りあり・・・なんてことにならないように、HPの方もたまには見て頂戴というわけで

でもしばらくはチャリの話題に終始しそうだが・・・(笑)

| | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

アクアマリンの快挙

「アクアマリンふくしま」の研究員がシーラカンスの幼魚の撮影に成功した。

世界初の快挙である。

館長の趣味なのか、ここはとことんシーラカンスに拘っている。

ここを訪れたのは昨年の3月。動機は古谷さんだったのだが・・・(笑)

おみやげの数々、タオルやボールペン、クッキーに至るまで全てがシーラカンスという徹底振りが笑えたが、洒落や酔狂ではなかったことを証明した形だ。

いやはや、拘り続けることの大切さを思い知る感じだが、知っている機関の快挙はなんとなく嬉しいものだ。

お見事!

| | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

企業の品格

最近、仕事の関係で某コンピューターメーカーの本社に行くことが多い。
その会社は、TV-CMもちょくちょく見かける、誰でも知っている有名企業だ。

さすが一流企業だけあって優秀な人材も多い。現に今の仕事で付き合っている連中も優秀な人間ばかりだ。

オフィスも先進的で、正に言うことなし。

ところが、である。

この先進オフィスのトイレがとても汚いのだ。
ゴミ箱はペーパータオルがあふれ(この時代に社員用トイレにこんなものを使っていること自体、どうかと思うが)、洗面台はくすんだまま。
社員用だから、、、と思ったら、ロビー脇の明らかに来客用のトイレも同じだった。
悲しいことに、こちらはゴミ箱がペーパータオルで溢れていることはなく、洗面台の汚れが目立った。

ということは、使用者のモラルは社員よりも来訪者の方が高く、そもそもトイレ清掃が圧倒的に行き届いていないと言うことだろう。

大変不名誉なことなので企業名は伏せるが、天下の○○○ともあろうものが・・・という印象は拭えない。
社員が優秀であることは間違いないのだが、企業の「品格」なんてものは、名前だけではわからないものだ。

| | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

庭園巡り~小石川後楽園・旧古河庭園・六義園

今日は昨日の雨が嘘のように、朝からキレイに晴れ上がった。
そこで色づき始めたらしい紅葉を目当てに、ちょっと欲張った「庭園巡り」。

小石川後楽園、旧古河庭園、六義園の3つを一挙に周った。
自宅からは遠いので、さすがに電車。

091115_koishigawa01

小石川後楽園は初めてだったが、起伏に富んでいて、山あり、川あり、渓谷あり、滝まであるという贅沢な“箱庭”。

091115_koishigawa02

塀の向こうは東京ドームと言う、喧騒の中の静寂。・・・と言っても時折後楽園遊園地の歓声は聞こえるが(笑)
池を遠景に撮影すると、近代的な建築物が必ず映り込むと言う、典型的な“都会の庭園”ではあるが、意外に敷地は広く落ち着いた佇まいで、とても心地よい。

旧古河庭園と六義園は2003年に紅葉を撮りに訪問したことがある。

091115_furukawa01

旧古河庭園は洋館がシンボルだが、ここも日本庭園が見事で森が深い。
見事な滝があり、西洋式庭園と日本庭園の両方を楽しめると言う贅沢な場所だ。

091115_furukawa02

これが個人(陸奥宗光)の別邸だったと言うのだから、明治の上流階級の財力がいかにすごかったか、、、

その旧古河庭園から徒歩で20分ほど、地下鉄1駅分歩くと、六義園がある。

いやはや、スゴイ人だ。入園者の多さで食傷気味になったが、この庭園も見事。
091115_rikugi01

肝心の紅葉はまだまだだったが、旧古河庭園同様、ハゼノキがオレンジ色に色づきとてもキレイだった。
091115_rikugi02

091115_rikugi03

園内には非常に多くのモミジが植えられており、これらが一気に紅葉したら圧巻だろう。

しかし・・・一日に3ヶ所周るとさすがに疲れる(笑)

| | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

六郷のねぶた

六郷工科高校の定時制の文化祭

どういう関係があるのかわからんが、「ねぶた」だそうだ(笑)
地元商店街を練り歩くと聞いて、行ってみた。
校門付近は父兄以外の地元の人がかなり見学に来ていて、妙な賑わい。

弘前ねぷたと青森ねぶたを混ぜた上に、スタート前には「よさこい」、行列の先頭は神輿・・・
もう何がなんだかわからん“祭り”(笑)

6go_neputa01

ねぷた特有の扇型の山車に描かれた絵は決して上手じゃないし、ねぶたの張子も本物に比べたらちょっと迫力不足だ。

6go_neputa02

それでも、在校生だけでなく、青森県人会のメンバーと思しき人や都内のねぶた愛好会の人々などなど、様々な人がサポートに来ていて、なかなか微笑ましい光景。
多少の稚拙さはご愛嬌。それより、地域のサポートを得て行われる文化祭ってのも、なかなか素敵じゃないか。

| | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

Deep Purple

STARBUCKS/『Double Shot』=Smoke On The Water 
UCC/『BLACK』=Black Night
TAMA HOME=Burn

高校時代に師と仰いだロックバンド、Deep Purple

ヴォーカルもギターもキーボードもとにかくピカイチで、特にIan Paiceは星の数ほどいるドラマーの中で、文句なしの一番。夢中になって必死になってコピーしたもんだ。

結成から解散まで4つの時代に分類されるが、Deep PurpleのDeep Purpleたる所以は第2期。

Ian Gillanのヴォーカル、Roger Gloverのベース、John Lordのハモンドオルガン、Ritchie Blackmoreのギター、そしてIan Paiceのドラム

私のハードロックは、Deep Purpleで終わっている。彼等以上のハードロックバンドは現れていない、少なくとも私にとっては。

再結成は恥の上塗り。伝説は伝説のままでよい。

そんなパープルの曲が、最近CMに使われているのは、隔世の感というか感慨深いものがある。

70年代のロックの名曲が次々とCMに使われてきたが、パープルの曲だけは「ない」だろうと思っていたのに、である。

いつか、Child In Timeが突如TVから流れる日が来るかもしれない・・・

| | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

野鳥公園

大田市場に隣接する『東京港野鳥公園』は、その名の通り野鳥のオアシス。

敷地内に森や干潟、池を配し、野鳥を自然のまま観察できるようになっている。

Birdpark_02 「観察小屋」と称するあづまやが所々に配置されていて、そこでバードウォッチングを楽しむと言う趣向。

Birdpark_03 「野鳥公園」とは言うものの、樹木・草花もバラエティに富んでいるので、散策だけでもなかなか楽しい。

きょうはその公園のイベント、『潮入りぐるっと観察会』なるものに参加。ガイド付きで普段は立入り禁止のエリアにも入って、植物、昆虫、鳥などなどを観察して楽しむと言うもの。

Birdpark_01 池(と言ってもかなり広大で、“汐入り”)にはカワウ(写真上)、コサギ(写真中)、カイツブリ(写真下)、アオサギ、カルガモ、オオサギ、イソシギ、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロなどが普通に見られる。

これを望遠鏡で飽かずに眺めるわけだ。

写真は撮れなかったが、オオタカやカワセミなども見ることができた。

鳥も観察し始めると、なかなか楽しいもんだ。

園内の植物類も野生の紫蘇があったり、野いちご(今は季節じゃないが)があったり、食べられる植物も多い。

現に、どんぐりマテバシイの実はやや苦いが食べられないほどではなく、スダジイの実は中でもなかなかの美味らしい。そのほか、グミをつまんでみたり、ブルーベリーのような濃い紫の実(名前失念)の苦さに思わず吐き出したりと、まるで“デパ地下”(笑)

Birdpark_04 Birdpark_05 Birdpark_07

“野鳥”公園に行きながら、植物の写真ばかりだが・・・

意外に暖かな日、楽しい一日を過ごした。

| | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

本日のサイクリング~目黒

今日はきのうに引き続き、油断していたカラダに喝を入れるかのような寒さ。
陽射しがある分、若干助かるとは言うものの、空気は確実に冬に向かっている。

そんな中、目黒と品川の区境にある「林試の森」に行った。
ここは林業試験場だったところ、移転後の跡地を公園として整備したもの。
「林業試験」というだけに、その敷地は広大で、メインは樹木である。

ルートは比較的シンプル。R15→環七→R1→26号線通りという順路で30分強で到着してしまう。
幹線道路も休日の朝であれば交通量も少なく、車道を走れるから楽チン。
しかし国道1号線、天下の東海道の道の悪さ、特に歩道の悪さは群を抜いている。1号であるがゆえに古いのだろうが、それにしてもヒドイ。

さて「林試の森公園」、想像以上に森が深く、巨木が多い。その木立の中を散策するのはなかなか気持ちが良いものだ。

1103_rinshi01

きょうは晴天、適度な広さの広場が点在しているとは言え、大半が木陰だからそれなりに冷える。夏季ならば本当に爽やかだっただろう。逆を言えば、きょうが曇天だったら凍死していた(笑)

1103_rinshi02

それにしても都心にこれだけの森があるというのは驚き。紅葉となったらさぞ綺麗だろう。
都心の紅葉スポットの難点は、視野に人工物が入ってしまうことだが、ここならその心配もなさそうだ。
あと1ヶ月待って再訪したい。

~~~~~~~~~~~~~~~

そこから3~4kmのところに「国立科学博物館付属自然教育園」という公園がある。住所は白金台だが、港区と品川区が隣接する一帯で、最寄のJRは目黒駅(実は所在は品川区)という場所だ。

林試を出て山手通り→目黒通りに入れば難なく到着。

実は「自然教育園」に入るつもりが隣の「庭園美術館」に入ってしまった。
中がつながっているかと思いきや、入口も別で入園料も別に徴収される、、、というのは後でわかった。
というわけで、庭園美術館で一休み。

庭園だけ見学するなら200円。決して広くないが、よく手入れされた庭が広がっており、芝生では読書をする人、子供を遊ばせる人、弁当を広げる人など様々。

1103_garden01

ここの日本庭園は狭いながらもちょっと良い雰囲気を醸し出している。
1103_garden02

1103_garden03

浜離宮や六義園とはその規模において比べ物にならないが、紅葉はさぞや美しいだろうと言う期待を持たせてくれるものだ。

ここの入口の隣に「国立科学博物館付属自然教育園」の入口はあるのだが、今日の陽気ですっかり体が冷えてしまったので断念。
ここは次回に持ち越し。

1103_meguro 帰路は目黒川沿いに下ってみた。沿道はクルマの往来もほとんどないくらい快適。桜並木で春先は相当キレイだろう。
突然五反田駅前に出てビックリ、そこから大崎までは概ね見当がつく道ながら、こうやってチャリで走ると見える景色もちょっと違ってくる。

R15に出て、これまた道が悪いのと交通量がそれなりに多いので、海岸通りへ逃げていつものように戻ってきた。

本日の走行距離、35km。

1103_sunset #おまけ・・・きょうは夕焼けがきれいだった。残念ながら富士山は山頂がすっぽり雲に包まれてしまっていたが、空気が澄んでいて川崎のビル街もクッキリ。

1103_moon 月も満月、月明かりもキレイだった。

|

2009年11月 2日 (月)

シネマ評~CHICAGO

以前レンタルで見て、かなり気に入った作品。
先日、10/21の欄でも書いたが、これを生で見てすこぶる感動。
そこで、もう一度映画を観てみようと思い立ち、再度レンタル。

・・・が、結局のところ、いかによくできた映画でも『生の迫力』には到底敵わないと言う、考えてみりゃ至極当たり前の話を再認識したに過ぎなかった。

とは言え、この事実には正直ちょっとビックリ。
それくらい、映画もよかったから・・・

出演している俳優陣もトップクラスだし、目玉のダンスシーンも見事。
それはそれは良くできた作品で、さすがショウビジネスの本場!邦画じゃこうは行くまい・・・などと思ったものだ。

しかし、である。

見事だと思ったダンスも、カメラ・アングルの妙を駆使したに過ぎない、ということを思い知った。
キャサリン・ゼダ・ジョーンズ、レニー・ゼルウィガーも見事なダンスを披露していたが、それは「女優としては」の枕詞あってこそだった。

あの日の、筋肉と弾力の塊のようなダンサーの『生』には到底及ばない。
もはやこの2つは別物と考えた方が良いのだろう。
そんな延長線上で、次は『West-side Story』、『Sophisticated Ladies』を観たいもんだ。

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »