« シネマ評~CHICAGO | トップページ | 野鳥公園 »

2009年11月 3日 (火)

本日のサイクリング~目黒

今日はきのうに引き続き、油断していたカラダに喝を入れるかのような寒さ。
陽射しがある分、若干助かるとは言うものの、空気は確実に冬に向かっている。

そんな中、目黒と品川の区境にある「林試の森」に行った。
ここは林業試験場だったところ、移転後の跡地を公園として整備したもの。
「林業試験」というだけに、その敷地は広大で、メインは樹木である。

ルートは比較的シンプル。R15→環七→R1→26号線通りという順路で30分強で到着してしまう。
幹線道路も休日の朝であれば交通量も少なく、車道を走れるから楽チン。
しかし国道1号線、天下の東海道の道の悪さ、特に歩道の悪さは群を抜いている。1号であるがゆえに古いのだろうが、それにしてもヒドイ。

さて「林試の森公園」、想像以上に森が深く、巨木が多い。その木立の中を散策するのはなかなか気持ちが良いものだ。

1103_rinshi01

きょうは晴天、適度な広さの広場が点在しているとは言え、大半が木陰だからそれなりに冷える。夏季ならば本当に爽やかだっただろう。逆を言えば、きょうが曇天だったら凍死していた(笑)

1103_rinshi02

それにしても都心にこれだけの森があるというのは驚き。紅葉となったらさぞ綺麗だろう。
都心の紅葉スポットの難点は、視野に人工物が入ってしまうことだが、ここならその心配もなさそうだ。
あと1ヶ月待って再訪したい。

~~~~~~~~~~~~~~~

そこから3~4kmのところに「国立科学博物館付属自然教育園」という公園がある。住所は白金台だが、港区と品川区が隣接する一帯で、最寄のJRは目黒駅(実は所在は品川区)という場所だ。

林試を出て山手通り→目黒通りに入れば難なく到着。

実は「自然教育園」に入るつもりが隣の「庭園美術館」に入ってしまった。
中がつながっているかと思いきや、入口も別で入園料も別に徴収される、、、というのは後でわかった。
というわけで、庭園美術館で一休み。

庭園だけ見学するなら200円。決して広くないが、よく手入れされた庭が広がっており、芝生では読書をする人、子供を遊ばせる人、弁当を広げる人など様々。

1103_garden01

ここの日本庭園は狭いながらもちょっと良い雰囲気を醸し出している。
1103_garden02

1103_garden03

浜離宮や六義園とはその規模において比べ物にならないが、紅葉はさぞや美しいだろうと言う期待を持たせてくれるものだ。

ここの入口の隣に「国立科学博物館付属自然教育園」の入口はあるのだが、今日の陽気ですっかり体が冷えてしまったので断念。
ここは次回に持ち越し。

1103_meguro 帰路は目黒川沿いに下ってみた。沿道はクルマの往来もほとんどないくらい快適。桜並木で春先は相当キレイだろう。
突然五反田駅前に出てビックリ、そこから大崎までは概ね見当がつく道ながら、こうやってチャリで走ると見える景色もちょっと違ってくる。

R15に出て、これまた道が悪いのと交通量がそれなりに多いので、海岸通りへ逃げていつものように戻ってきた。

本日の走行距離、35km。

1103_sunset #おまけ・・・きょうは夕焼けがきれいだった。残念ながら富士山は山頂がすっぽり雲に包まれてしまっていたが、空気が澄んでいて川崎のビル街もクッキリ。

1103_moon 月も満月、月明かりもキレイだった。

|

« シネマ評~CHICAGO | トップページ | 野鳥公園 »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事