« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

Season's Greetings

きょうから冬休み

ここ数年は年賀状を書くのが年末ぎりぎりになるが、今年もご多聞に漏れずとなってしまった。

同僚や後輩へはメールで送ることにしてから、書かなければならない枚数は減っているのにこのざまだ。

で、今回も今日になってやっと着手。外はすっきり晴れていたが、一歩も外に出ずに一気に書き上げた。

疲れるし、コメントもかなりいい加減・・・

ま、しかたない。

あとは残りの年賀メールを送るだけだ。

さてそれにしても、個人情報云々で、最近は職場の住所録が存在しないから、お義理の年賀状を出さなくて済む気楽さはあるものの、やっぱり少々淋しい感もある。

表も裏もPCでプリントしただけの年賀状(肉筆のコメントも何も無い)ならもらわないほうがマシだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

横浜イルミネーション

「横浜 人形の家」とやらに行って来た。
別に人形を見に行ったわけではない。その小ホールで行われたジャズコンサートを聴きに行ったのだ。
土曜日の夜、アマチュアだかプロだかまるで判別できない、割としっかりとした、ビッグバンドと呼んでよいくらいの編成(16人)のバンド、しかし演奏は一級品という、ちょっと妙な感じのコンサートだった。
それにしてもドラムがやたら巧く、トランペットもサックスも立派。ピアノの女の子はおよそジャズを連想できない風貌だったが、しっかりスウィング。
なかなかお得なコンサートだった。

で、場所が場所、開演前に山下公園をお約束通り散歩し、夜景とイルミネーションを撮影。

Yokohama11

横浜の3塔、“キング”の県庁もこうやって撮ると風情がある。
山下公園からは、大桟橋の向こうにMM地区の観覧車、ホテル。

Yokohama12

ホテルニューグランドは看板倒れだが、正面玄関はさすがに風格。
日本大通のイルミネーションはちょっと控えめだが粋だ。

Yokohama13_2

マリンタワーをニューグランドを入れて街の雰囲気で。
公園の噴水を入れて「静』の雰囲気で。

Yokohama14

マリンタワーはこの時期、ちょっと凝ったイルミネーションを施していて、時間と共に色が変わる。
そのたびに雰囲気が変わり、なかなか頑張っている様子だ。
それにしても、マリンタワーの写真ばかり撮りすぎた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

Lightpia 2009

21日から始まった丸の内の『Lightpia 2009』に行って来た。

Lightpia01

有楽町から大手町に続くビル街の道路、皇居のお堀の石垣などをイルミネーションで飾る。

Lightpia02

国際フォーラムの広場には『マルシェ・ド・ノエル』と称した出店が並び、ホールではパイプオルガンの演奏などなど。

オフィス街にクリスマス気分満載である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

師走

12月も終盤に入り、いよいよ“師走”の雰囲気

気になるのは、最近の人身事故の多さ

今月に入って、記憶にあるものだけでも既に4件

きょうも帰りの電車が人身事故で遅れた

仕事が無い、食えない、年を越せない・・・

そんな事情があるのか?

そればかりではないだろうが、こんなことが風物詩になってしまったら

この国も本当に終わりだ

仕事があるだけ幸せだと思うべきなのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

MISIA新譜~Just Ballade~

久々の新譜(アルバム)である。

Misia

「初回限定」と称し、DVD付きとCDのみでブックレット付き、CDのみの3種類があったが、DVD付きを購入。このDVD、6曲入りでなかなかよい。

さて、中身は全編バラードかと思いきや、そうではない。確かにバラード主体ではあるが。

改めて収録曲を見ると、メジャーにヒットした曲は少ないとは言え、CMやTV番組とタイアップした曲がとても多いことに気付く。

そんな中で、TBSの『JIN-仁-』の主題歌である「逢いたくていま」は、かなりオススメ。

MISIAの本領発揮といったところか? 声量の豊かさや歌唱力の高さがはっきりわかる。

こんな、「MISIAでないと歌えない」という、難しい曲こそ彼女の最大の魅力だと思うのだが・・・

それにしても、なぜバラードばかりなのだろう?
そしてまた、彼女の衣装のセンスはやはり「???」なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完敗

きょうはテニスの試合だった。

集合は8:50、普段の出勤より40分も早く家を出て向かう。

対戦相手は30歳代とおぼしき二人。「いかにも」ってカンジじゃない。しかしそれが逆になんとなく不気味だった。
嫌な予感は的中、1stゲームから相手に主導権を取られ、まったくテニスをさせてもらえなかった。

6-0

これが現実だ。6つのゲームでデュースは一つもなく、ポイント先行も一回きりだった。
まさに完敗である。

理由を色々考えた。

コートが異様に速い、まだカラダが起きていなかった、太陽が正面で目が眩んだ、、、
しかしどれも条件は同じ、要は負けた理由(原因)は単純、力不足だったと言うこと。
近年稀に見る惨敗に、もう笑うしかないくらいだ。
あんなに早起きしたのに、30分足らずで全ての用事が済んでしまったというわけだ(笑)

相手が悪すぎたとも言えるが、しかしあの打ち方に対抗するにはどうしたらいいのだろう?
ボールの捉え方が根本的に違う。

答えの無いまま会場を後にし、MISIAの新譜を買って帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

夜空を見上げて~ふたご座流星群

きょうは今年初の忘年会

例の“クソヤロー”の集まり

いつもの如く、3時間強同じ店で粘りヨタ話で盛り上がった

その帰り道、最寄り駅から自宅へのいつもの道

オリオン座が見えたのでそのまま夜空を見上げていたら、スーッと光の筋

あれっ!と、その時初めて数日前に見た新聞記事を思い出した

ふたご座流星群である

ほぉ~~、と見上げていたら、また一つ

東京の夜空、冬でもネオンや街灯が邪魔をして星が少ない

西表や黒島で見た圧倒的な星空と比べると悲しくなるけれど、

たまに見上げてみるのも良いもんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

新調~シューズ、ラケット~

テニス用品を新調した。

Tennis_001_2

その1、シューズ
実は最近買い換えたばかりだったが、これが大失敗。
試着した時は感じなかったが、ソールが妙に硬く、足の動きについて来てくれないと言う感じだ。
また、グリップが強すぎるのも気になった。

なので止まる時にどうにも足元が不安、遠くのボールは足を滑らせて取ると言うことをよくやるのだが、これが恐くてできない。

テニスを始めて20年以上、その間一体何足のシューズを履いて来たのか。
やや不満、と言うのはあっても、今回ほどの大失敗は一度もなかった。
自分の“見極めの眼力”が落ちたか・・・

そんなわけで、非常にもったいない話だが、怪我をしてからでは遅い。
やっぱりニューバランスしかない、しかし近場のメガスポーツショップでは全く期待薄、やはり専門店でと言うわけで、横浜のウインザーまで出かけた。

ところが、お目当てのNew Balanceはサイズがなかったり、デザインがあんまりだったりで断念せざるを得なかった。

ちなみにNew Balanceの履き心地の良さは信じて疑わないのだが、デザインはもっともっと研究すべきだ。シューズだって見た目は大事。デザインだけなら、どうしたってadidasSやNikeに目が行ってしまう。

Tennis_003 諦めかけたところへ、店員がYONEXを薦めるので試してみたら、これが意外にも“目から鱗”。
New Balanceに負けず劣らずの履き心地なのだ。しかも足裏を刺激するような、波型のインソールが心地良い。コレは初めての感触で、大変気に入った。

YONEXのシューズは昔使ったことがあるが、その時の印象が悪く、以来履こうとも思わなかった。
当たり前だが、メーカーも進歩、技術も進化しているわけで、今回のYONEXのシューズは思わぬ発見となった。

その2、ラケット
今使用中のVOLKLはその打球感が気に入っているのだが、最近は筋力の衰えか、打ち負けることがある。
そろそろ老人テニスに移行すべきなのかも、などと思うことも多々あり、“楽チン”ラケットを探した。
スイートスポットが広く、当てれば何とか返るという、ちょっと前の自分なら絶対にありえない範疇のラケットである。
で、結局2機種を試打して選んだのがコレ。打球感だけなら、もう一つの方が良かったのだが、それもそのはず、今使っている機種と同類・・・
これじゃ買い換える意味がない(笑)という言わば消去法でこちらを選んだ。
BABOLATというのが少々引っかかるが、まぁそこは価格とのバランスで我慢。

次の週末はおにゅーのシューズにラケット、こりゃ楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

君にサヨナラを

桑田佳祐の新譜『君にサヨナラを』を購入

Kuwata02 早くもTV-CMで使われている曲だ

サビの部分はちょっと哀愁を帯びた、お馴染みの“桑田節”

シャレた1曲

彼、もしくはサザンのCD(シングル、アルバム問わず)には、妙な“おまけ”が付いていることが多い

Kuwata01 今回は2010年のカレンダーがプリントされたハンカチ

記念になると言えば、確かにそうかも知れないが、およそ使い道はない代物(笑)

以前にもステッカーとか、ピンバッチとか・・・

・・・しかし、桑田の新譜を購入するたびに思うのだが、カップリングされている曲の不可思議さ

今回も他の2曲は「?????」の連続で、最後まで聴かなかった

これほどまでに曲想が違うものを創れると言うのも才能なのかもしれないが、凡人の私には良さがサッパリわからん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

泣き面に蜂

週末は油断がたたって風邪気味に
微熱が続き、気力も萎える

そんな状態に追い討ち
腰のちょうど骨のあたり、パンツのゴムやズボンのベルトが当たるところに腫れ物ができた
大したことはないだろうと、放置したままテニスをし、風呂に入った
痒みが徐々に痛みに変わり、日曜の朝にはどう見ても尋常でない状態に・・・

そのまま自力で治癒させることを諦め、月曜日に病院へ
診察室で見たら症状はさらに悪化していて完全に化膿

当然ながら切開
溜まっていた膿を搾り出したのだが、コレが痛いの何の!

医者からは体を温めるなと言われ、週末のテニスが最悪だったことを知り、早歩きも風呂も禁止

Ice 帰宅してからはひたすらアイシング
テニスのケガ用に入手した氷嚢が大活躍

当面通院せよとのこと、とのことで
今朝も病院に立ち寄り
診察台でバタバタしてきた

明日も、である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

痛恨のダウン

風邪を引いた

土曜日のテニスの後、ちょっと油断しすぎた

コートにいる時から膝から下がだるかったのだが、不覚にも筋肉疲労だと思っていた

汗をかいたのでシャワーを浴び、15分程度午睡をして散髪へ

このとき既に天候は急速に下り坂、冷たい雨も降り始めていた

散髪後、吹きさらしの駅のホームで電車を待つこと10分

このときが散髪後ということもあってべらぼうに寒かった

風邪の前兆である下肢のだるさを見逃し、シャワー後も充分な暖を取らずに外出し、その外出先で強い寒気にさらされたと言うわけだ

熱は一般的には微熱程度という範囲だが、平熱が低い私はそれなりにこたえる

きょうは夕方から学生時代の友人のライヴが六本木で控えており、昨夜も「絶対来い!」と電話をもらったばかりだったのに・・・

ついていないと言うべきか、しかし自己管理の甘さ

明日以降の仕事に影響が出ないようにしないといけない

今、ちょっと立て込んでいて、休める状況ではないのだ

とにかくきょうはおとなしく早く寝よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

規制

きょうから師走

昨日から表参道のイルミネーションが復活
何も今さら、と思わないでもないが、そんなことより画期的なニュース

飛行機内に持ち込める荷物のサイズが厳密になったのだ

飛行機に乗るたびに苦々しく思っていたのは、数年前から流行りだしたキャリーバッグ

キャリーバッグは、引いている人間は楽をしていい気になっているが、周囲にとっては迷惑千万
持ち主の視野外で地べたをごろごろ転がっているのだから始末が悪い
人の行く手をふさごうが、ぶつかろうが、知らん顔だ

こんな邪魔な代物を得意気に引きずりまわしている輩が、いつの間にか蔓延している
年端も行かない小さな子にまであてがって引っ張らせているバカ親もいる

街中でさえ邪魔なことこの上ないこの代物を、平然と機内に持ち込む愚者のいかに多いことか
機内の狭い通路に引っかかって渋滞を引き起こす、棚に自力で上げられない等々、迷惑以上の何モノでもない

しかしきょうからはそんな不愉快な思いもしなくて済みそうだ
「規制」と名の付くもの、ありがたいものはなかなかお目にかかれないが、久々に拍手喝采である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »