« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

シネマ評~OCEANS

最近はこのブログも週末しかアップできなくなってきた。

仕事が忙しく、、、と言うと聞こえはよいが、思うに任せない進捗にプレッシャーも大きく、平日は気持ちのゆとりがないというのが実状。

そんな状態の時は、仕事のことは書くことすら疎ましいし、書くほどにまとまっていない。

まぁ今はそんな状態と言うこと、いつか打開できるとは考えている。

~~~~~~~~~~~~~

さて、『OCEANS』、いわずと知れた話題の作品である。

観てきた。

それなりに貴重(と思われる)な映像もあり、映画館のスクリーンと音量があれば迫力も満点ではある。

だがしかし、だ。

一体この映画は何を訴えたかったのか?

  • そこに生きる生物たちも含めた『海』の素晴らしさ?
  • 海洋環境の保護?
  • 人間たちの汚染の糾弾?

それとも、単純に海の生物の記録か・・・

非常に違和感があったのは、イルカ漁のシーンだった。

突然切り替わった映像にイルカ漁の様子を映し出し、意図的なアングルで残酷さを強調した嵩のように思えた。

まるで前後の脈絡がなく、ナレーションもない。イルカ漁を非難するならそれは見当違いというものだ。

全編に流れるナレーションもいたって中途半端・言葉足らずで、映像の意味を引き立てる役割は一切担っていない。

大スクリーンに大音量、確かに迫力はあるが、映像自体に感動・驚嘆することはなかった。

BBCのドキュメンタリーやWWFのフィルム、NHKの『生きもの地球紀行』(現在『ダーウィンが来た』)あたりを見慣れている人には、どれもどうってことはない映像ばかりである。

商業ベースに乗せようとしている、この手の「自然環境モノ」映画はやはり観るべき価値はない、と言わざるを得ない。

金を払って観たら損をする作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『野鳥図鑑』

Book

度重なる野鳥観察で・・・

野鳥公園でもらったパンフレットだけじゃ、やっぱり不足だということになり、

とうとう購入(笑)

しかしコレが面白い。

鳴き声のCDまで付いている。収録数は90を超えると言う大作。

一種類ごと、非常に丁寧な解説が付いていて、「ほぉ~」「へぇ~」の連続。

どうせスズメだろう、とこれまで真剣に見ることすらしなかった小型の鳥の中に、実はスズメではない種の鳥が混じっていることがある。

今は鳥が面白い!

愛用のミニベロに乗り、双眼鏡とおにぎりを持って、野鳥の観察に足を伸ばす・・・

昨年までは考えられなかった展開だ(笑)

次の沖縄は、今までとは違う視点で楽しめそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

きょうの野鳥公園

最近は“鳥”づいている。

裏の多摩川を散歩する時も、鴨や鷺を見つけては喜んでいるのだが、東京港野鳥公園はさらに多様な鳥が観察できて非常に面白い。
毎月いろんな参加型イベントがあり、野鳥の観察だけではなく草木の解説もしてくれるから、これまた楽しい。

きょうは「おさんぽガイド」と称して、公園職員が園内で見られる鳥を解説してくれた。

Birdpark_08

Birdpark_09

この時期はやはりカモが多いのだが、きょうはキンクロハジロがやたら多かった。それが大きな池の一画にかたまっていたのだが、ガイドによるとオオタカが近所にいて彼らを狙っていて。それを避けるために距離をとっていたらしい。
(写真はそのオオタカを避けてかたまっているやつらとホシハジロのつがい)

Birdpark_10

Birdpark_11

干潟にすずめよりやや大きい鳥がせわしなく飛び回っていたが、双眼鏡でのぞいて見るとモズ。
まじまじみるのはこれが初めてだ。
見ていたら瞬間芸のようにカニを捕まえていた。
施設に備え付けの望遠鏡にデジカメを密着させて撮影してみたら、意外ときれいに撮れた。

ノスリとカラスの空中戦も見ることができたし、オナガの大群も見れた。

ここまでは軽めのサイクリングで交通費もかからず、弁当持参で食費も0。
実に安上がりの娯楽だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

伊禮俊一 Live in 島唄楽園/新曲『先生』

久々です、いっちゃんのライヴ。
場所はいつもの『島唄楽園』
最近じゃ東京でも人気が出て来たようで、昨年の11月は満員御礼で行くことができなかった。
今回も早めに予約を入れたらよかったものの、同じく満員御礼、Sold-out。
いやはや、彼も有名になったものだ。

Irei そして、久しぶりの新曲リリース。
『先生』・・・
タイトルは我々世代だと、思わず森昌子のアノ曲を連想してしまって、「え~っ」というカンジだが、これがなかなか味わいのある詩でいい感じだ。
こういう曲を聴くと、彼の才能を感じるのだが、なぜかなかなかメジャーになれない。これは事務所の力か・・・

さてライヴ。底抜けの明るさをベースにしたステージは変わらず。コレも彼のキャラクターだろう。
バックは、これも久しぶりにサースティロードのなるさん。やはりこのコンビは息がぴったり合っていて、見ていても安心だし、MCの掛け合いも楽しい。

それにしても、初期の頃は持ち歌が少なく、ステージを持たせるためにビギンの曲や沖縄民謡なども歌っていたが、最近じゃ自分の歌だけで通せるようになった。彼も成長したもんだ。

こんな風に、インディーズから一人の歌手の成長を見守るのも悪くないね。

追伸:新曲『先生』のカップリング曲『青春の旅立ち』も相当良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

1年の計(沖縄)

今年の年間計画を少し立てた。
当然遊びの計画であり、当然沖縄方面への旅行の計画だ。

まず恒例の西表は今年も6月。

昨年は台風でご破算になった波照間と与那国だが、波照間だけは今年中にリベンジをというわけで、西表と組み合わせて上陸することにした。
だいぶ先のこととは言え、西表の宿は確保済み。既に馴染みとなったいつもの民宿の“おかあさん”に、今年もよろしくと電話。
往復の足と波照間の宿は4月頃に予約することになるだろう。

あとは夏休みだが、これがまだ決まらない。

再訪=宮古、阿嘉、水納
未踏=渡名喜、粟国、伊是名、南北大東・・・

未上陸の島を狙いたいところだが、アクセスの悪い島ばかりが残っている。
これでまたしばらく悩みそうだ。

それはさておき、来月さっそく今年初の沖縄。昨年に引き続きクジラを観に行く。時期が時期だけに、海は寒いので潜りはナシ。クジラ以外は、日本で一番早い桜を見物する予定。

そして4月か5月にまた本島に渡ることになるだろう。
その時は恩納の馴染みのサービスで、海と山と両方楽しもうかと考えている。

実際、今年の仕事上の大まかなスケジュールを考えると気が重くなるばかりで、こんなことでも考えていないと気が滅入ってしまうし、胃炎を再発しかねない状況だ。

今年こそ、より意識してオンオフのメリハリをつけないと参ってしまうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

ヘロヘロです

きょうもテニス。

しかしいつもと違うのは2ヶ所でやったこと。
9時から12時までは、いつものホームコート。13時からは会社の仲間と。

この1時間の間でコートを移動。距離は12km、それほどへヴィーな道のりではない・・・と甘く見ていたがコレがとんでもない検討ハズレ。

きょうは朝から風が強く、土手は文字通り吹きッさらし。恨めしいほどの向かい風。
で、こいでもこいでも自転車が先に進まない。30km/hどころか20km/hすら出せない。

これが12kmはさすがに応えた。

さらに高をくくっていた会社のメンバーがほぼ全員上級者。
気の緩む隙もなく、そんなゲームを休む暇もなく4つ。

ゲーム中に膝の両側の筋肉が痙攣を起こした。それも両足・・・

テニスが終わって再び12kmの道のりを自転車。

3時間のテニス、12kmの高負荷バイク、2時間のテニス、再度12kmのバイク・・・

いやはや非常に疲れた。上級者に混じってのテニスはかなり面白かったが・・・

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

新調したラケット、シューズのその後

昨年の12月13日に、ラケットとシューズを新調した話を書いたが、その使用感。

まずシューズ。
これは全くの予想外の出来。店で履いた時の新鮮な驚きはそのままコートでも生きた。
フィット感は素晴らしく、プレイ中も足元の不安は全く無い、というか足元を意識することは皆無。
以前の芳しくないイメージは完全に払拭された。
デザインは正直なところ、テニスシューズとしてはごく普通。adidasやNikeのようなスマートさは無いが、まぁそれは履き心地よりも優先される要素ではないから、よしとしよう。
嬉しい発見である。

次にラケット。
BABOLATのラケットを使うのは初めてだが、BABOLATというより厚ラケの特性か、打球感はこれまで使っていたVOLKLとは比べられないくらいに悪い。
“芯を食う”とか“抜ける”感覚がほとんどない。“もっさり”とした感じだ。これはどうもハードヒットすればするほどこの傾向が強まるようだ。
ラケットに詳しい仲間によると、それが厚ラケということらしい。なのでハードヒットしちゃいけないのだそうだ(笑)
そもそもこのラケットを選んだのも楽をしようとしたからで、ラケットが悪いと言うよりも、自分の頭が切替えられていないと言う方が正しいのだろう。
確かに追い込まれた時などは非常に楽に返球できるのだから、ラケットは役割をしっかりこなしているわけだ。
パワーで相手を圧倒するのではなく、コースで追い込んで行くという“大人”のテニスをしなきゃいかんということだ。

こりゃ、当分無理だな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

IE Soda、伊江ソーダ、言えそうだ

語呂合わせでふざけたネーミングの、伊江島特産のソーダ「伊江ソーダ」。
伊江島に上陸した際に、フェリーターミナルで見かけて以来、ずっと気になっていた。
ビン類の機内持ち込みになんとなく躊躇いがあって、これまで沖縄に行っても買わずにいたのだが、なんのことはない、『わしたショップ』で売っている。

そのキャッチコピーがまた悪ふざけ。

伊江島発の告白飲料!「イエソーダ」。
「ありがとう」っていえそーだ。
「ごめんなさい」っていえそーだ。
「がんばれ」っていえそーだ。
人生の節目節目に、そっと背中をおしてくれるイエソーダ。

ま、これでも担当者は必死に考えたんだろうけど(笑)

伊江島には断崖絶壁の波打ち際に「湧出(わじー)」と言う湧水があるが、ここの水と島の名産とを組み合わせて作ったという清涼飲料である。
その種類は4種類。

  • 黒糖で作ったブラックコーラ
  • 村の花テッポウユリをイメージしたホワイトソーダ
  • 体育会系、塩入りグリーンマース
  • 恋愛専用コクリングスペシャルピンクドラゴン

なんとも怪しげで意味不明・・・

それでもパッケージデザインも洒落ているし、おみやげにはなかなか気が利いている。
で、試しに2種類購入。

グリーンマース、ホワイトソーダ

ついでに、ラフテー用に泡盛のミニチュアも購入。

Iesoda

こんなボトルを集めてみるのも面白いかもしれない。

で、このIESODAの味だが、ホワイトソーダはカルピスソーダの炭酸分強化版というカンジ。
グリーンマースは意外や意外、塩の味はほのかになかなかの美味。
残りの2種も近いうちに制覇しなくちゃ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

年賀状

この時期特有の楽しみと言えば、やはり年賀状

最近ではメールでの「新年の挨拶」も増えて、実際自分も目上の人以外でアドレスを知っている相手には、基本的にメールである。

理由は楽だから。

しかしやはり有形のモノ、紙という媒体でもらう嬉しさと言うのは確かにある。

今年、例年よりもメールの年賀状が多かった。その分、ハガキが減った。

自分は随分前からメールで済ませているくせに、やはりハガキが少ないのはなんとなく淋しかったりする。

そのハガキも、ダイビングサービスからのものがやたら多かったりして、新年早々「なんだかなぁ~」という感じだ。

さて、明日から仕事。

またいつもの日々が始まる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2010初日の出

2010年

除夜の鐘ならぬ「除夜の汽笛」を聞こうと、夜中に自転車を走らせて天王洲まで行ったが、見事に不発。
東京湾に停泊中の船が一斉に汽笛を鳴らす光景を想像していたのだが、聞こえてきたのはわずか。

事前の天気予報通り、べらぼうに寒かったが、年末の深夜ともなれば当たり前か?
靴下は二重にしていたにも関わらず指先がカチカチに固まった。

しかし、休日深夜の道路はガラガラで、幹線道路でも安心して走れたのはヨカッタ。

数時間の睡眠のあと、今度は初日の出を拝みに多摩川の河口付近まで行く。

Sunrise_2010

深夜同様、風もなくよく晴れ渡っていて、日の出をしっかり見ることができた。

さてさて、2010年はどんな年になるだろう・・・

そんなことより年明け早々の仕事のことが気がかりではあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »