« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

地震、津波、元町

昨日は明け方に沖縄で地震
震度5は沖縄にとって99年ぶりだという

本島ではそれなりに大騒ぎだったようだが、世界遺産でもある勝連城跡の石垣の一部が崩落してしまったのは残念だ

チリでも大地震があり、その影響で津波が日本にも、となれば、遠い国の話などとのんびり構えてもいられない

実際、きょうはJRでは桜木町~大船間、京浜急行では川崎~金沢八景間が「運転見合わせ」となった
元町に行っていたものだから、帰りは桜木町まで歩くことになった(みなとみらい線は好きじゃないので)

その元町のチャーミングセールは朝から冷たい雨だというのに、最終日ということもあってかなりの人出

さすが“MOTOMACHI”ブランド

POPPY、FUKUZOはもちろんのこと、McGREGORやKentAve.、Brooks Brothersを見て歩いたが、どうやら30年前の流行が戻ってきているようだ
しかしここ元町に来ると、Brooks Brothersも影が薄い

元町に行くと必ず立ち寄るコーヒーショップで、店の人とコーヒー器具の話に花が咲き、その勢いで新しいコーヒーミルとドリップ用のポットを購入

地元に帰ってきてから自家焙煎の豆屋で「クレオパトラ」を購入

だんだんコーヒー屋のようになってきた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

フィギュア狂想曲

やっと終わった・・・

女子フィギュアスケートの大騒ぎはまだ数日続くだろうが、競技が終わった以上、過熱した報道は沈静に向かうだろう

それにしてもうんざりである

ここまで騒がれると、期待が高まるどころか、もうどうでもいいという感じになってくる
なぜ、これほどまでにフィギュア、それも女子フィギュアばかりに大騒ぎするのだろうか?
メダルの確率が高い種目に耳目が集まるのは仕方ないことだが、それにしても過剰だ
まるで他の種目はどうでもよいと言わんばかり

純粋に競技者としての選手を報道するだけで充分だろう

それをプライベートまで踏み込んだりするのはやりすぎだし、本番までの過程をドラマのように特集するのも、偏重と言われても仕方あるまい

どんな選手にもドラマはあるし、トップを張っている選手ならなおさらである

・・・ということは、そんなことをいちいち取り上げていたらキリがないのだ

オリンピックは、普段あまり注目されない、報道量が少ない競技にスポットが当たる場であって欲しいものだ

別の問題として、日本の参加種目にも多いに疑問がある
本戦にも進めないような、最下位に近いような成績しか出せない種目にまで、高い税金を使って選手を派遣する必要があるのかどうか

日本ではマイナーな種目、成績も惨敗、ともなれば当然報道もほとんどされない
それでもしっかり税金を使って選手が送り込まれている
何かおかしくないだろうか?

競技種目への疑問とは別に、今大会で多いに疑問と言うか、腹立たしかったのはジャンプ。

20歳代の選手のだらしなさ、不甲斐なさだ
誰がどう考えても選手としてのピークをとうに過ぎた葛西が、日本人トップと言うのは若手の怠慢以外にない

彼らはもうやめるべきだ
葛西と同じレベルのトレーニングを積んでいたなら、彼以上の成績は残せたはず

あのような輩は見ていて不愉快以外の何物でもない

それにつけても、もうフィギュアはけっこうである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

休日出勤

また、である。
既に今年に入って2回目。

期限を目前に控えた大仕事、ある意味仕方のないことかもしれない。
その証拠に、アライアンスを組む2社も当然の如く土日を潰している。

しかし当方側のなんと段取りの悪いことか。
精度の悪さも相当なもので、これが休日出勤や深夜残業の原因。
しかも社外にまで大迷惑をかけているとなれば、見過ごすことはできない。

手を打つ、と言うことは人を動かすと言うことになる。
月曜から早速動く。意外にも反応が早い。

体制の組み直し、意識の統一、上部への働きかけ
体制が固まるまで、もう少し時間は必要だろうが、まずは第一歩。

おそらくこんなことの繰り返しが春先まで続くだろう・・・

~~~~~~~~~~~~

0221_nosuri

0221_tsugumi

0221_suzu

写真は、既に“毎度お馴染み”の域となった野鳥公園でのスナップ。
ノスリ、ツグミ、そして鈴掛の実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

鳥・桜~沖縄より帰還~

今回の目的は、潜りではなく、クジラにサクラ。

クジラは今が旬、昨年に引き続き幸運に恵まれることを期待していたのだが、予想以上に海況が悪く、前日の時点で既に「全便欠航」・・・(涙)

急遽クルマを借りて島内散策となった。

与儀公園、数年前に緋寒桜を見物した場所。

Yogi01_2

ここの桜は正に今が旬。濃いピンクの花が満開。

Yogi02_2 Yogi03_3

Yogi04_3

Shirogasira_2

鳥も曇天の割には活発に活動していて、メジロは群れでいるし、ウグイスは路肩の茂みでなくし、シロガシラまで見ることができた。(沖縄では極めて普通に見られる・・・とは後で知った)

翌日は八重岳にサクラを見に・・・と思ったら、標高の高いところは既に花はほぼ完璧に散った後。ここでも目論見がはずれた格好だったが、林道でイタチのような、テンのような小動物に出くわし、警戒心の妙に薄いシロハラクイナにも遭遇した。

当初の目的は一つも達成できなかったわけだが、それでものんびり鳥を観察し、お気に入りの「道の駅 いとまん」も時間をかけて見ることができた。

これまであまり関心がなかった「県民の森」が以外にも面白い場所だということも新しい発見だった。

不況、不況という割にはかなり混雑していたが、今回もまずまずの旅行だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

本日は曇天なり

今日は楽しみにしていたホエールウォッチング。
しかし海況悪く、波浪注意報。で、全便欠航…(涙)

で、一転陸遊び。
与儀公園、識名園、道の駅糸満とまわって、桜を見たり鳥を見たり、野菜や魚を見たり(笑)して遊んだ。

いつしか、海がダメならダメなりに楽しむ術を身に付けたというカンジだ。

明日も天気はすっきりしないらしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

今から沖縄

今回は潜りはナシ。目的はクジラに桜。
なので、のんびり午後発。しかし不況という割りには人が多いな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

バードウォッチング

昨日の東京港野鳥公園、カモの観察会

風が強くベストコンディションではなかったが、実に様々な鳥を観察することができた。 そもそも「カモ」を探す観察会だったが、水辺よりも茂みの方を凝視していた気がする。

Kawasemi03 この公園の池によく姿を現すカワセミ。稀ではないらしいが、やはり見つけると嬉しい。
何度観ても実に美しい鳥だ。

そのほかメジロ、トビ、アオサギ、ジョウビタキを目視、アオジとシロハラは鳴き声を聞けた(と言っても、まだまだ鳴き声で判別できるほどの腕前は持ち合わせていない。ボランティアガイドに教わったのだ)

そして、「サンカノゴイ」

この鳥を目当てに何日も通っている人もいるらしい。調べてみると、確かに個体数が少なく、絶滅危惧種だそうだ。

なるほど、ならばマニアなら是非とも見たいところだろう。でもその姿は意外に地味。

そんなレアものを偶然でも観ることができたのだから、超ラッキー。

肝心のカモ、こちらは比較的見慣れた種が多かったが、それでもヒドリガモやミコアイサは初見だった。

この後出勤などと言う無粋なことさえなければ、もっと楽しい観察会になるはずだったのだが、まぁ、これも仕方ないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

本日、休日出勤

きょうは午前中、野鳥公園でカモの観察会に参加。

しかし午後からは出勤。

これまで残業で遅くなることはあっても、休日出勤は極力避けてきた。

何年ぶりだろうか?しかも、なんと8時半まで。

春先までこんな状態(休日出勤の可能性を抱えつつの仕事)が続くのかと思うと、さすがにうんざりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

初雪

Snow01

Snow02

きょうから2月、となった途端、夜半から雪が降り始めた。

それもなかなかの量である。

(写真は我が家のマンションの駐車場、それにベランダから見た道路)

雪だ!雪だ!・・・などと浮かれてばかりもいられない。

明日の足元が非常に心配・・・

ダイヤの乱れも気になるし。

・・・それにしても、久しぶりに見た、東京の雪景色。

土手の方はどんな風に変わっているのだろう?

明日が休みなら、朝一番で観に行きたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »