« 休日出勤 | トップページ | 地震、津波、元町 »

2010年2月27日 (土)

フィギュア狂想曲

やっと終わった・・・

女子フィギュアスケートの大騒ぎはまだ数日続くだろうが、競技が終わった以上、過熱した報道は沈静に向かうだろう

それにしてもうんざりである

ここまで騒がれると、期待が高まるどころか、もうどうでもいいという感じになってくる
なぜ、これほどまでにフィギュア、それも女子フィギュアばかりに大騒ぎするのだろうか?
メダルの確率が高い種目に耳目が集まるのは仕方ないことだが、それにしても過剰だ
まるで他の種目はどうでもよいと言わんばかり

純粋に競技者としての選手を報道するだけで充分だろう

それをプライベートまで踏み込んだりするのはやりすぎだし、本番までの過程をドラマのように特集するのも、偏重と言われても仕方あるまい

どんな選手にもドラマはあるし、トップを張っている選手ならなおさらである

・・・ということは、そんなことをいちいち取り上げていたらキリがないのだ

オリンピックは、普段あまり注目されない、報道量が少ない競技にスポットが当たる場であって欲しいものだ

別の問題として、日本の参加種目にも多いに疑問がある
本戦にも進めないような、最下位に近いような成績しか出せない種目にまで、高い税金を使って選手を派遣する必要があるのかどうか

日本ではマイナーな種目、成績も惨敗、ともなれば当然報道もほとんどされない
それでもしっかり税金を使って選手が送り込まれている
何かおかしくないだろうか?

競技種目への疑問とは別に、今大会で多いに疑問と言うか、腹立たしかったのはジャンプ。

20歳代の選手のだらしなさ、不甲斐なさだ
誰がどう考えても選手としてのピークをとうに過ぎた葛西が、日本人トップと言うのは若手の怠慢以外にない

彼らはもうやめるべきだ
葛西と同じレベルのトレーニングを積んでいたなら、彼以上の成績は残せたはず

あのような輩は見ていて不愉快以外の何物でもない

それにつけても、もうフィギュアはけっこうである

|

« 休日出勤 | トップページ | 地震、津波、元町 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア狂想曲:

« 休日出勤 | トップページ | 地震、津波、元町 »