« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

加納の時間(準備体操)~野毛大道芸 2010~

先週の話になってしまうが・・・

4/24、また野毛大道芸を見てきた。 目当ては2人。雪竹太郎と加納真実である。

お目当ての2人のステージが始まる合間を縫って、徒然に見て周ったが・・・

Noge01 昨年も出演していた金粉軍団「ささらほうさら」は相変わらずの集客力、意味不明な舞踊も相変わらずだ。

Noge02 その他、ジャグリングやら不思議なウォーキングアクトやら、超正統派のアクロバットなど、今年も実に多彩な演目。

そして雪竹太郎・・・

実は最初からじっくり観るのは初めて。

Noge03 有名な絵画や彫刻をカラダ一つで再現して見せるという(一部、観衆を巻き込むものもあるが・・・)、そしてそれが見事であるが故の可笑しさ。

ちょっと気の利いた、ウィットに富んだ笑い。

Noge04 トリは加納真実。何度見ても抱腹絶倒。うだうだ説明するより、観ればわかるというものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

探鳥会~明治神宮~

日本野鳥の会 東京が主催する探鳥会に初参加。

8:30に明治神宮集合というのは、普段の通勤よりも早くなかなかハードではあるが、野鳥観察ならば仕方ない。

Meiji_04 明治神宮という場所は意外に縁が遠く、その森の深さに改めて感心した次第。

敷地は当然広大、変化に富んだ風景を楽しめる。桜もまだ見られるレベルだった。

そんな中を鳥だけでなく、樹木や花も観察しながらゆるゆると進んで行く。(これは個人的には少々食傷気味で、もっと鳥にフォーカスしても良かったのじゃないかと思う。思うに、その時のリーダーの好みが強く反映されるのだろう)

それにしても、鳥にかけてはずっと先輩である人たちにとっても、ツバメはある種の感慨を持ってみる鳥だということがわかって、面白かった。

また、一行がカワウやカイツブリに大騒ぎするのは、生活圏の違いだろう。

多摩川を間近にする我々にとっては、カワウもカイツブリもスズメやカルガモと同レベルだったりするのとは実に対照的だ。

今回の収穫はコゲラ、ヤマガラ、アオジ。どれも初見である。

Meiji_01 コゲラは動きが速すぎてカメラに収められず、ヤマガラは見事にピンボケ。それでも肉眼ではしっかり見ることができたから、よしとしよう。

Meiji_03

そんな中、アオジだけはじっくり観察できた。

なぜか妙に人馴れした個体がいて、遊歩道の脇の茂みの中をずっとウロウロしていた。

Meiji_02 この日見た鳥は、アオサギ、カワセミ、ツグミ、シメ、シジュウカラ、エナガ。

都会のど真ん中に、喧騒を離れた一角。そんな中で半日過ごすのも悪くない。

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

観葉植物

今日は朝の雨でテニスは中止

おかげで久しぶりにたっぷり寝坊

昼にはこれまた久しぶりにすっきりと晴れ上がったので、この前鉢替えしたがじゅまるの鉢の土を足すことにした

ホームセンターで園芸コーナーを見ているうちに新しい木が欲しくなり、モンステラとバキラを衝動買い

Hidro

勢いを買って、昨年のバジルの種も植え、何かのフェアでもらった「金のなる木」という怪しげな種も植え、鉢が一気に5つになった

これから成長が楽しみだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

2010初花火~しながわ運河まつり

ちょっと出遅れたが、先日の「しながわ運河まつり」の花火

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

初花火

今日と明日、「しながわ運河まつり」とやらが開催されている。

今日は花火があるというので、テニスが終わってから用事を済ませてチャリで天王洲まで。

会場は天王洲といっても「天王洲アイル」ではなく、天王洲公園と東品川海上公園。花火はこの2つの公園にはさまれた運河で行われた。

何せ小さなイベントだからさほど期待はしていなかったが、8時から始まった花火はわずか7分間で終了(笑)

それでも、これまでのどの花火大会より至近距離で観ることができ、それなりの迫力。

Tennoz

会場となった公園は地元商店やPTAが主体となった模擬店でなかなかの盛況。怪しげな“その道のプロ”みたいな夜店が並ぶより健全だろう。

Tennoz_park

今年初の花火大会。小ぶりながらそこそこ楽しめた。幸先良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

熊本

きょうは熊本に出張、もちろん日帰りである。

東京は朝から肌寒く雨が降っていたが、熊本は快晴、無論コートは不要で、快適な小春日和。

訪問先が熊本城の近くだったおかげで、お堀と城郭を眺めることができたのだが、この一帯の桜が見事。

そもそも熊本城自体がとても美しく、お堀越しに見る桜と、その桜の上から頭をのぞかせる城の配置が絶妙。

久しぶりに良い絵を見た感じだ。

無粋な仕事で半日が潰れ、城内を散策というわけには行かなかったが、熊本城周辺の街並みもどこか落ち着いた雰囲気だし、のどかに路面電車は走っているし、初めての訪問だったが、この街もなかなかいいなぁ、などと・・・

文字通りの駆け足で、土産をゆっくり選ぶ暇もなかったが、空港売店では「これぞ」というものがなかった。熊本で明太子を買う必要もないしなぁ(笑)

Kumamoto で、選んだ土産がコレ。

発想の貧困さに我ながら情けない思い。

それにしても「柚子胡椒○○」ばかりで、もう少し工夫が欲しいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

土いじりの一日

今日は朝からマンションの植栽手伝い。

何年ぶりかでスコップを使い、一輪車を使い、土を掘り返し、木を入れ、土を入れ

おかげで軍手もGパンも文字通り泥だらけ

しかし土をいじるのは意外に楽しい

こんな感覚も年をとったせいか?

午後までかかる見込みだった作業も、手伝った住人がけっこう張り切ったおかげで昼には終わり、その勢いを買って午後はガジュマルの鉢替えに取り組んだ

前回の鉢替えもかなり大きいものを選んだつもりだったが、既にがじゅまるは窮屈そうになっていた

今回は思い切って口径36cm、容量20ℓの特大鉢

土も足りないので10kg弱追加

いよいよ鉢替え

難儀すると予測していたが、がじゅまるは案外すっぽり抜けた

それもそのはず、引き抜いて見てみたら、鉢の容積ほぼいっぱいに根がびっしり

こりゃ窮屈だったろうな、などと思いながら特大に移す

Gajumaru_2 結局土はやや不足気味だったが、これでがじゅまるも手足を伸ばして成長できるだろう

現在、高さ73cm

夏に向けて、特大鉢の中でどれだけ成長するか非常に楽しみである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

先週末は花見にはまだ早かった。なんせやたら寒かった。

この週末は天候も気温もいいらしい。ということで、きょうは多摩川の対岸、川崎の土手まで桜を観に行った。

本当は目黒の自然教育園あたりまで遠征するつもりだったが、ここのところの仕事の忙しさで体力下降気味。自転車で遠征するにはやや不安だったからだ。

桜を観に行ったつもりだったが、やっぱり鳥(笑)。、ツバメが飛び始めた。いよいよ春である。

0403tama_river01

カモはめっきり減った。カモメがやたら多い。

(上左)イソシギは多摩川では初めてだったか?
(上右)数羽を見かけ気になっていたが、どうやらオオジュリン。しかしこの鳥、ホオジロに酷似してないだろうか?
(下左)ユリカモメもいよいよ夏羽に衣替え。もう少しすればくっきりと黒い顔が見られるのだろうが、衣替え中の顔は間抜けだ(笑)
(下右)ツグミも普通にいた。

このほか、今日見た鳥:キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウ、オオバン、ヒドリガモ、トビ、セグロカモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、コチドリ、シロチドリ、コサギ、ダイサギ、ヒヨドリ、シジュウカラ

さてさて肝心のサクラ。

多摩川の川崎側先端は人も少なめ、意外な穴場かもしれない。

0403tama_river02

0403tama_river03

サクラを見つつ、ヨシ原や干潟の鳥も観察できると言う、なかなか面白いエリアである。そして、遠景にこんな風景を拝めるのも多摩川河口ならでは。

0403tama_river04

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »