« 池上本門寺 | トップページ | 土いじりの一日 »

2010年4月 3日 (土)

先週末は花見にはまだ早かった。なんせやたら寒かった。

この週末は天候も気温もいいらしい。ということで、きょうは多摩川の対岸、川崎の土手まで桜を観に行った。

本当は目黒の自然教育園あたりまで遠征するつもりだったが、ここのところの仕事の忙しさで体力下降気味。自転車で遠征するにはやや不安だったからだ。

桜を観に行ったつもりだったが、やっぱり鳥(笑)。、ツバメが飛び始めた。いよいよ春である。

0403tama_river01

カモはめっきり減った。カモメがやたら多い。

(上左)イソシギは多摩川では初めてだったか?
(上右)数羽を見かけ気になっていたが、どうやらオオジュリン。しかしこの鳥、ホオジロに酷似してないだろうか?
(下左)ユリカモメもいよいよ夏羽に衣替え。もう少しすればくっきりと黒い顔が見られるのだろうが、衣替え中の顔は間抜けだ(笑)
(下右)ツグミも普通にいた。

このほか、今日見た鳥:キンクロハジロ、ホシハジロ、カワウ、オオバン、ヒドリガモ、トビ、セグロカモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、コチドリ、シロチドリ、コサギ、ダイサギ、ヒヨドリ、シジュウカラ

さてさて肝心のサクラ。

多摩川の川崎側先端は人も少なめ、意外な穴場かもしれない。

0403tama_river02

0403tama_river03

サクラを見つつ、ヨシ原や干潟の鳥も観察できると言う、なかなか面白いエリアである。そして、遠景にこんな風景を拝めるのも多摩川河口ならでは。

0403tama_river04

|

« 池上本門寺 | トップページ | 土いじりの一日 »

野鳥・自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。