« 加納の時間(準備体操)~野毛大道芸 2010~ | トップページ | 自然教育園 »

2010年5月 2日 (日)

大道芸日和~高円寺びっくり大道芸2010~

先日の野毛大道芸に触発されて、加納真実のHPで知った『高円寺びっくり大道芸2010』を目当てに、きょうは高円寺まで足を伸ばした。

Koenji_kano あらかじめチェックしておいた芸人をタイムテーブルとにらめっこしながら見て周ったのだが、本命の加納真実の面白さは当然として、今回は非常に大きな収穫。

その筆頭が「to R mansion」。「とぅー・あーる・まんしょん=とあるマンション」という、男2人、女3人のパントマイム集団。ちょっと前に「あらびき団」に出演していたグループだが、コレが実に面白い。

Koenji_tor01 一人一人の動きが絶妙で、ストーリー性が高く、笑いの中に観衆を唸らせる演出があり、何よりテンポがとても良い。
芸風は加納真実とは対極で、とてもオシャレで小粋。
機会があればまた是非見てみたい。

Koenji_tor02

Koenji_nijuumaru 「to R mansion」とは対照的に、男女コンビでグッと和風の「二重丸」。太神楽というらしいが、「染之助・染太郎でお馴染み」と言えばわかるのではなかろうか?
古典的ではあるが、やはり目の前で生で見ると素晴らしい。それに、合間の話術も巧みでとても楽しい。
「江戸」「古典」「演芸場」・・・こんな言葉が連想される。
巷に多いジャグリングを見るくらいなら、こちらの方が数段面白い。

Koenji_hibi 大道芸と言えるかどうか、極めて真面目でまともなジャズバンドだが、「HIBI★Chazz-K」も楽しくてよかった。
変わっているのは、サックスだけで構成されている点(パーカッションはいるが)。
音質が単調になりがちではと思ったが、どうしてどうして、これがなかなかノリが良く楽しくて、単調な印象は全くない。
路上パフォーマンスとするにはちょっともったいないくらいのクオリティだった。

きょうは天候も良くて、開始の12時から最終の5時まで、みっちり大道芸漬け。
新しい発見もあって非常に満足だった。

一つだけ不満があるとすれば、野毛と比べて歴史も浅いせいか(野毛は36回、高円寺はまだ2回である)、運営にはまだまだ改善すべき点がありそう。
最大のネックは交通規制をしていないことだ。しなかったのか、できなかったのかは不明だが、演技中に車が通る。危険なだけでなく、演技に水を差すものだ。

まだ2回目としては、会場も広範囲だし出演者も多く多彩。非常に頑張っていると思う。だからこそ、出演者が集中して演技できる状況、観客が安心して見物できる環境を整えて欲しいものである。

|

« 加納の時間(準備体操)~野毛大道芸 2010~ | トップページ | 自然教育園 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸日和~高円寺びっくり大道芸2010~:

« 加納の時間(準備体操)~野毛大道芸 2010~ | トップページ | 自然教育園 »