« モンステラの葉 | トップページ | 戦犯 »

2010年6月29日 (火)

西表、そして波照間

先週の西表と波照間

いつもの海の荷物に加えて、今回は鳥を観るために双眼鏡とスコープ、三脚まで持参

浦内川を望む山を登り、鳥や他の生物を観察

Iriomote_01

サガリバナのツアーには若干時期尚早なれど、集落内の木はしっかり開花

Iriomote_02

夜は集落裏の農地を巡って遭遇したのはセレベスコノハズク

サキシマキノボリトカゲはいつものフリーズで被写体としては絶好

そのほか、アカショウビンを目撃できたこと、サンコウチョウの声を聴けたこと、これは大きな収穫だった

海は相変わらずの透明度で、サンゴも元気

特に6月23日の海は、まるで池のよう、正に文字通り“ベタ凪”、驚異の海

Iriomote_03

~~~~~~~~~~~~~~~

Hateruma_2 反面、波照間は想いは募るばかりだが、肝心の海の方は今ひとつ

「のんびり」というのとはまた少し違う、独特の島の雰囲気は堪能できたものの、海は消化不良

まぁこんなこともあるか・・・

|

« モンステラの葉 | トップページ | 戦犯 »

沖縄」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

野鳥・自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。